MMA
ニュース

【PANCRASE】井村塁が初の国際戦でキルギスの強豪と激突! ONE FF帰りの野田遼介が船田侃志と対戦=9月29日(日)立川

2024/07/08 17:07
 2024年9月29日(日)東京・立川ステージガーデンで開催される『PANCRASE 347』の3カードが発表された。 「31周年目のパンクラス。この日も一歩、新しい」──と題された同大会で、バンタム級の極め技師・井村塁初の国際戦が決定した。  7月21日の立川大会に出場するタジキスタンのムハンマド・サロハイディノフ(vs.伊藤盛一郎)、オタベク・ラジャボフ(vs.高城光弘)に続く中央アジアから、キルギスのカリベク・アルジクル ウルルと対戦する。 ▼バンタム級 5分3R井村 塁(ALMA FIGHT GYM PUGNUS)#1位/2020年NBT同級優勝 11勝3敗カリベク・アルジクル ウルル(キルギス/Olymp Gym Bishkek)10勝1敗  井村塁は、2023年9月の河村泰博戦でダースチョークに敗れたものの、2023年11月に矢澤諒を1R リアネイキドチョークで極めると、2024年3月の前戦で田嶋椋に判定勝ちで2連勝中。次期挑戦者の位置にいるが、王者・透暉鷹が『ROAD TO UFC』参戦中のため、海外選手との対戦となった。11勝3敗。25歳。  キルギスのカリベクは、PANCRASEやRIZINを席巻する中央アジアからの参戦で、10勝の内訳は4KO・4SUB・2JUDとバランスよく、立って良し、寝て良しの22歳だ。  175cmで井村より3cm低いが、バンタム級としては長身のスイッチヒッター。左右の蹴りや後ろ廻し蹴りからアグレッシブな連打で詰める好戦的なファイターで、組んでも右小手巻きの払い腰を得意とし、4つの一本勝ちはすべてバックを奪ってのリアネイキドチョークとなっている。  ともに長い手足を活かした戦いのなかで、最終局面で組むことも多いカリベクは井村と手が合うバンタム級ファイターとも言える。井村はデビュー15戦目にして初の国際試合を極め切ることができるか。 [nextpage] ▼ストロー級 5分3R野田遼介(ALLIANCE)#6位・6勝4敗 船田侃志(和術慧舟會HEARTS)#7位/2024年NBT同級優勝・2勝0敗  グラップラー対決! 育休を終え戦線復帰の野田と、ネオブラ優勝の船田が対戦。  野田は、山北渓人、八田亮に判定負け後、植松洋貴に1R TKO勝ちで再起。2024年5月の前戦では『ONE Friday Fights 65』に参戦し、本田良介に判定負けも、後半の打撃に攻勢に立つ場面も見せた。 (C)ONE Championship  対する船田は、2連勝中。日向優希を初回TKOに下すと、2024年5月の前戦では織部修也に判定勝ちしている。 [nextpage] 【プレリミナリーファイト】 ▼第30回ネオブラッドトーナメント フライ級 決勝戦 5分3R岸田宙大(パンクラス大阪稲垣組)2勝0敗山﨑蒼空(マッハ道場)4勝0敗  岸田は、今井健斗を三角絞めに極めると、5月の準決勝で金澤臣人に判定勝ちで決勝進出。  山﨑は、伊藤勇輝に判定勝ち後、ネオブラで佐々木瞬真をRNC、AXEL RYOTAを2R TKO、準決勝で饒平名知靖に判定勝ちで決勝進出。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア