キックボクシング
ニュース

【RISE】不敵な中村寛「相手の野蛮さが子犬みたいに見えるくらいの試合にする」、フェレイラは「とにかく倒してやる」

2024/06/14 18:06
 2024年6月15日(土)エディオンアリーナ大阪『RISE WORLD SERIES 2024 OSAKA』の前日計量&記者会見が、14日(金)府内にて13:00より行われた。  セミファイナルのSuperFight!ライト級(-63kg)3分3R延長1Rで対戦する、中村寛(BK GYM/RISEライト級王者)は62.93kg、タリソン“Crazy Cyclone”フェレイラ(ブラジル/Champions Factory/SAIKYO GP優勝)は62.8kgで計量をパス。  計量後のフェイスオフでは、両者が顔を近づけてのバチバチのにらみ合いに。スタッフが両者を止めに入ると、フェレイラはその場から離れていったが中村はその場にとどまってフェレイラから目を離さなかった。  続いての会見でフェレイラは「また呼ばれたことに感謝したい。明日はとてもいい日になりそうだ。みんなが驚くようなショーを見せたい」と意気込み。  中村は「このカードはコロナ渦の前、4年前に決まって1回流れた試合でもあるので実現できて嬉しい。お互い強くなってほんまにメイン級のカードに選ばれるようになって今、となっている。その期待以上のものを、俺とタリソンだから出来る盛り上がり方がある。俺が完璧に研ぎ澄まし切ってきたので、それを明日、タリソンにぶつけたい」と舌なめずりでもしそうな表情で話した。  フェレイラが「お互い全力を出し切って、1Rから2R終わりに結果を出したいと思う」と2Rまでの決着を予告すると、中村は「受けて立ちます。3分で終わらせます。フィニッシュは俺の世界を見てくれたら。当日楽しみにしていてください。俺が勝手にやってる途中に倒れるかなと思いますね。タリソン選手もいい目をしていたので、気合いの入った打ち合いがゴングが鳴った瞬間から目の離せない試合になるんじゃないかなと思います」とこちらも1Rで決着を宣言。  中村から“野獣性”を感じたかと問われたフェレイラは「彼については特に気にしていない。とにかく倒してやるという想いなので、どんど来いやっていう感じです」と“かかってこい”と言い放つ。  その言葉を聞いた中村は嬉しそうに笑いながら「明日に100%の人獣になる。明日、ただの人だったらヤバいでしょう。何も成長していないことになってしまう。だから明日見といてもらえればと思いますね。十分コイツも野蛮な感じなので。その野蛮さが子犬みたいに見えるくらい、相手が弱く見える試合をしたいですね。そうなります」と不敵な笑みを浮かべた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント