AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【DEEP】スーパー女子高生・森さくらが1日2連勝、高崎栞に一本勝ちで決着。男子4試合も熱戦相次ぐ

2019/09/01 17:09
【DEEP】スーパー女子高生・森さくらが1日2連勝、高崎栞に一本勝ちで決着。男子4試合も熱戦相次ぐ

スーパー女子高生・森さくらが今回も2試合で勝利を収めた

DEEP TOKYO IMPACT 2019
2019年9月1日(日)東京・新宿FACE


 今大会はDEEP男子プロ3試合、DEEP JEWELS女子アマチュア7試合、男子アマチュアキックボクシング1試合という形式で行われた。注目は女子柔術家の“スーパー女子高生”森さくら。


 森は2018年12月の「GRACHAN37×GLADIATOR 008」で、QUINTETで3人抜き(池本美憂、杉本恵、長野美香に一本勝ち)の実力者・杉内由紀を相手にケージ・ノーギ(道衣無し)で時間切れドロー。2019年5月の柔術大会「WHITE RIOT 2019」スーパーファイトでは、DEEP JEWELSプロファイターの青野ひかるに道衣ありながらベースボールチョークで一本勝ち。


 続く6月の「第2回DEEP JEWELSアマチュア大会」では、“天才少女”モモに腕十字で一本勝ち、同日2試合目の高崎栞戦でも反則勝ちで1日2勝を挙げている。今大会でも森はグラップリングルールで第2試合で吉成悠と対戦。さらに第5試合で高崎栞との再戦と1日2試合に臨む。今回はグラップリング「Aルール」となり、前回は反則だったアメリカーナや、ヒールフック以外の足関節も認められるため、柔道の実力者・高崎と柔術家・森の再戦は、女子注目のカードといえる。

▼第5試合 DEEP JEWELSストロー級 グラップリングルール 5分1R
〇森さくら(AXIS横浜)
一本 1R2分40秒 ※腕十字固め
×高崎 栞(X-TREME EBINA)


 1R開始と同時に森が両足タックル。スクランブルから上をとったのは森。しかし、足を利かせて動き回る高崎が下からの足関節を仕掛ける。そのまま上を奪った高崎だったが、森は糸通しで右腕を背中ごしに固めると、右腕を内側に流して下からの三角絞め。


 高崎もディフェンスするが、森がじっくりと体勢を整えて最後は腕を極めて(腕ひしぎ三角固め)一本勝ち。試合終了と同時に、森は喜びの涙を流した。

▼第2試合 DEEP JEWELSストロー級 グラップリングルール 5分1R
〇森さくら(AXIS横浜)
判定3-0
×吉成 悠(ねわざワールド品川)


 最初から果敢にタックルを仕掛けていく森。両足タックルで2度のテイクダウンに成功し、一度目は逃げられるも二度目はしっかりと抑え込み肩固めの体勢に。吉成が起き上がろうとすると背中に乗ってのリアネイキドチョーク。吉成は森をおぶさったまま立ち上がり、最後まで耐えたが、常に攻めた森の判定勝ちに。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事