AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【UFC】UFC初の中国人世界王者誕生! ジャン・ウェイリがアンドレジを42秒TKOでストロー級新王者に

2019/08/31 22:08
【UFC】UFC初の中国人世界王者誕生! ジャン・ウェイリがアンドレジを42秒TKOでストロー級新王者に

(C)Brandon Magnus/Zuffa LLC/UFC 

8月31日(土)、中国・広東省深セン市のユニバーシアード・スポーツ・センターにて「UFCファイトナイト深セン」が開催され、メインイベントでUFC女子世界ストロー級選手権試合に臨んだ地元・中国のジャン・ウェイリが、王者ジェシカ・アンドレジ(ブラジル)を1R 0分42秒 TKOで破り、UFC世界女子ストロー級新王者となった。ウェイリは26年目を迎えたUFC史上初の中国人世界王者となった。

▼UFC女子世界ストロー級選手権試合 5分5R
×ジェシカ・アンドレジ(ブラジル/114.5ポンド/51.93kg)
[1R 0分42秒 TKO]
○ジャン・ウェイリ(中国/115ポンド/52.16kg)
※ウェイリが新王者に

2013年からUFCで活躍を続ける王者ジェシカ・アンドレジはここまで4連勝中、うち3試合でパフォーマンスボーナスを獲得しており、元チャンピオンのローズ・ナマユナスを撃破してチャンピオンに輝いた5月の試合ではファイト・オブ・ザ・ナイトとパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを同時受賞している。

対する19戦連続負けなしの戦績を誇るウェイリは中国で最も優れた女子ファイターと言われており、UFCではわずか1年で世界トップ10入りを果たした。立ち技のみの試合にも挑戦しており、2013年12月には「Krush.35」にも出場している(※佐々木仁子に判定負け)。今回、中国初のUFC5分5Rのタイトルマッチで、UFC世界王座に挑む最初の中国人ファイターとなる。

大会前にUFCのダナ・ホワイト会長は「ウェイリとは誰も戦いたがらなかった。そこでジェシカに声をかけたところ、彼女は『自分が戦う』と言い、しかも、中国でやると! 2人とも本当に素晴らしいファイターだ」とコメントしている。

ウェイリは試合前に、「このチャンスを与えられたら逃すことなどできません。私のやるべきことはショーを見せることだと思っています」と語れば、アンドレジも「ウェイリは本当にタフなファイターだと思います。良い打撃も当てていますし、速くて力強いです。だからこそ、私は今回の試合に向けてしっかりと準備しなければなりません。彼女はすでに私も戦ったことのあるテシア・トーレスと対戦し、試合中に彼女が(トーレスに対して)何をしたのかも見ました(※ウェイリが判定勝ち)。ダナとUFCは今回の5分5Rのマッチアップに関して最高のチョイスをしたと思っています」と話している。


1R、ともにオーソドックス構え。ジャブ&左ローから入るウェイリ。左右を振り前進するアンドレジに下がりながら右ヒジを巧みに当てるウェイリ。それでも前進するアンドレジにウェイリは右ストレート! これで動きが止まったアンドレジにさらにウェイリは首相撲からヒジ&ヒザ蹴り連打! 下がるアンドレジにさらにヒザ蹴り。左右ラッシュから金網に詰まったアンドレジに右ストレートを当てるとアンドレジはダウン! ウェイリのパウンドに防御も出来ず、レフェリーが間に入った。

中央アジア・キルギスのヴァレンチーナ・シェフチェンコに続き、アジアから2人目、東アジアでは初のUFC世界王者となったウェイリは試合後、「最初の中国人UFC世界王者になれて嬉しいです。この日のためにやってきました。結果が出せて嬉しく、中国人として誇りに思います」と快挙の喜びを語ると、最後に「マイネーム・イズ・ジャン・ウェイリ、フローム・チャイナ、リメンバー・ミー」と英語で語った。

一方、王座陥落したアンドレジは、「防衛する気満々だったけど、負けたのは残念。でもまた中国で試合をしたい」と完敗に納得した表情。続けて、再戦について問われると「(今回は)王者なのでやはりアグレッシブにいきたかったけど、じっくり相手を見る必要があるかもしれません」とサバサバとした表情で語った。

◆ジャン・ウェイリー「勝利のカギは冷静なマインドセットとコーチたちが決めてくれた戦略」(試合後コメント)

「タイトルマッチに勝てて本当にうれしい。最高の夢がかなったみたい。勝利のカギは冷静なマインドセットとコーチたちが決めてくれた戦略。すべての戦略が実用的だったし、重要なポイントの一つひとつを予想したものだったから、あらゆるチャンスで私を支えてくれた。それに、自分の考え方も調整できたし、うまくやれたと思う。海外で戦うときは、ビザの問題でチームと一緒にいられない。でも、昨年に北京で活躍できたのも、今年の深センでベルトを勝ち取れたのも、コーチたちが全員、私を支えてくれたから。今は次の対戦相手を決めていない。UFCが与えてくれる人なら誰とでもやるわ。ただ、個人的にはとりあえず今夜ぐっすり眠って休みたい」 

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事