MMA
インタビュー

【UFC】17戦無敗・全試合フィニッシュ勝利のシャフカト・ラフモノフ「ワンダーボーイに勝利し、アジア人男子初のUFC王者になる」=12.16『UFC 296』

2023/12/15 23:12
 2023年12月16日(日本時間17日朝8時)米国ラスベガスのT-モバイル・アリーナにて『UFC 296: Edwards vs. Covington』(U-NEXT配信)が開催される。  メインイベントは、『UFC世界ウェルター級選手権試合』(5分5R)として、王者レオン・エドワーズ(英国)に、コルビー・コビントン(米国)が挑戦する。  そのコビントンを、MMA17連勝・全試合をフィニッシュ勝利を極めた直後に指名していたのが、ウズベキスタン出身のシャフカト・ラフモノフ(カザフスタン)だ。 ▼ウェルター級 5分3Rシャフカト・ラフモノフ(カザフスタン)17勝0敗(UFC5勝0敗)5位 ※UFC5連勝中スティーブン・トンプソン(米国)17勝6敗(UFC12勝6敗)6位  今回、2階級の王座戦前の第10試合で“ワンダーボーイ”スティーブン・トンプソンと対戦する無敗のラフモノフは、本誌の取材に、米国キルクリフFCで木下憂朔をスパーリングパートナーに調整をしてきたこと、アジア人男子初のUFCチャンピオンになる思いを語った。 トンプソンを見くびる事は一切、ない ──いよいよ週末の試合に向け、米国フロリダのキルクリフの練習では、同じウェルター級の佐藤天選手や木下憂朔選手と練習することもあったのでしょうか。 「あぁ、一緒に練習をするよ。彼らの事はとても気に入っている。いい選手だし、とても頑張っているよ。憂朔は空手出身だし、今や僕のベストスパーリングパートナーでもある」 ──ヴィセンテ・ルーケ選手も同じ大会に出場することで練習をともにするのか、2チームに分けてそれぞれトレーニングするのでしょうか。 「彼とも一緒にトレーニングをしているよ。お互いヘルプし合えている関係で、キルクリフFCはすごく仲の良いチームで、それぞれの試合のために協力して向かうんだ(※ルーケの対戦相手のイアン・ギャリーがインフルエンザにより試合は中止に。同じくウェルター級のランディ・ブラウンvs.ムスリム・サリコフもブラウンの体調不良により中止)」 ──今回のスティーブン・トンプソンとの試合に向け、長身でスイッチヒッター、長い間合いで戦う対戦相手への対策も? 「憂朔もそうだけど、左右で戦える選手はここにたくさんいる。準備、対策はしっかりできているよ。あとは最後の減量を調整するだけだ。打撃の勝負になっても自分の打撃スキルはトンプソンに劣っていないと思うから、打撃戦でも問題なく勝てる」 ──スタンドでも自信がありそうですね。前戦では、ジェフ・ニールを3Rに一本勝ち。決まり手はリアネイキドチョークでしたが、ブルドッグチョークのような形でした。背中を向ける形はリスクもありますが、見事に極めた。練習でもよく使うのでしょうか。 「あの時はニールをしっかりとキャッチできるタイミングがあったからね。残り時間も考えて作りが速いパームトゥパームで、斜め横についていたから片足を相手の前に出して絞めたんだ。金網際や相手との身長差など、シチュエーションに寄って使い分けるようにしているよ」 ──29歳のラフモノフ選手に対して、トンプソン選手は40歳のベテランです。かつての“ワンダーボーイ”をファイターとしてどうとらえていますか。 「僕はワンダーボーイをずっとフォローしてきた。僕がUFCを見始めたのは若者だったから、彼が長い間このUFCでトップレベルに居続けていることは、彼がいかに優れたファイターであるかを示しており、僕は彼をとても尊敬している。トンプソンはいまもなおトップファイターだ。ベテランの選手だけど、まだとてもいい状態の選手で、見くびる事は一切、ない。しっかりと戦わなければと、対策を取っているよ。試合で何が期待できるか分からないけど、戦いは戦いであり、オクタゴンですべてを見せる準備ができている」 [nextpage] MMAを見た時、このスポーツに、恋に落ちた (C)shavkatrakhmonov94 「子供の頃から競争と戦いが大好きだった。ファイターになる前の仕事はローダーをしていた。倉庫でトラックに荷物を積み込みながら薄給の仕事をしていたとき、自分がこのレベルに到達できるとは信じられなかったけど、MMAを見た時、このスポーツに、恋に落ちたんだ」というラフモノフは、コンバットサンボとMMAのスポーツマスターの称号を持ち、アマチュアMMA時代にはWMMAの世界王者となっている。 ──ここまで17戦無敗、そして全試合をフィニッシュ決着しています。なぜそれが可能なのでしょうか。 「戦うときはプレッシャーを感じるけど、ほとんどは結果を出し、すべてを正しくすることへのプレッシャーだ。僕は17勝無敗、17フィニッシュしている。MMAのすべての局面に置いてバランスが取れており、スタンドでもグラウンドでも問題なく、試合の行方を気にしていないから、この結果になっているのだと思う」 ──前回の試合後、コルビー・コビントンをコールアウトしていましたが、今大会では彼が王者レオン・エドワーズを相手にメインイベントを戦うことになりました。トンプソン戦の勝利を持って、次はタイトルマッチを狙いますか? 「今回のトンプソンを相手に勝つかどうか次第だけど、タイトルショットにはもちろん興味があるよ。そして僕はすでにタイトルに近づいていると思うけど、今はワンダーボーイとの戦いに集中するだけだ。メインの2人とも晴らしいファイターだけど、ここではチャンピオンが有利だと思う。まあメインのどちらが勝つにせよ、僕にはその準備ができている」 ──最後に日本のファンへメッセージを。 「アジア男性で初のUFCチャンピオンになって、アジアを代表できるように頑張ります。アリガトー!」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント