MMA
レポート

【UFC】ペレイラがプロハースカをTKOに下し、GLORYに続きUFCでも二階級制覇! アスピナルがヘビー級暫定王者に。アンドラージがダーンをKO、フライ級エルセグがMMA10連勝、タバサは惜敗

2023/11/12 12:11
 2023年11月12日(日)、米国ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにて『UFC 295: Prochazka vs. Pereira』(UFC Fight Pass/U-NEXT配信)が開催された。 ▼ライトヘビー級王座決定戦 5分5R〇アレックス・ペレイラ(ブラジル)9勝2敗(UFC6勝1敗)[2R 4分08秒 TKO] ※左フック→右ヒジ連打×イリー・プロハースカ(チェコ)29勝4敗(UFC3勝1敗)※プロハースカ インタビュー  メインイベントは「UFC世界ライトヘビー級王座決定戦」。  同級は2022年6月にプロハースカがグローバー・テイシェイラを破り王座についたが、12月のダイレクトリマッチをプロハースカが右肩の負傷欠場で王座を返上。 「王座決定戦」がヤン・ブラホビッチとマゴメド・アンカラエフの間で行われたがドローで王者は決まらず。2023年1月にテイシェイラとジャマール・ヒルが王座決定戦を戦い、ヒルが判定勝ちで新王者となった。  しかしヒルが2023年7月にアキレス腱を断裂。またも王座返上となり、元王者プロハースカと、7月にライトヘビー級転向初戦で元王者ブラホビッチにスプリット判定で勝利したペレイラとの間で、3度目の「王座決定戦」が行われる。  元RIZIN王者プロハースカは、2016年の『RIZIN.1』から13連勝中。肩の負傷からの復帰戦となる。  元GLORY王者のペレイラは、MMA3勝1敗でUFC入り。3戦目でいきなり上位ランカーのショーン・ストリックランドに1R KO勝ちし、イズラエル・アデサニヤのミドル王座に挑戦。5Rに逆転勝ちしてタイトルを獲得した。しかし、2023年4月のダイレクトリマッチでアデサニヤにKO負けし、試合後にライトヘビー級転向を宣言。2023年7月に元王者ブラホビッチのテイクダウンに苦しみながら、打撃で上回りスプリット判定勝ちしている。 “石の拳”を持つポアタンを相手にプロハースカは、復帰戦にして王座戦でベルトを腰に取り戻すことが出来るか。  先に入場したペレイラ、プロハースカの入場を見つめる。コールを待つプロハースカはかすかに笑みを浮かべる。グローブタッチ。  1R、ともにオーソドックス構え。先に軽く右ローはプロハースカ。スイッチを見せるプロハースカ。ペレイラも軽く右ロー。一転速い左ミドル。ペレイラは右カーフを効かせてプロハースカに尻もちを着かせる!  広いスタンスのプロハースカの前足に右カーフを当てるペレイラ。プロハースカはスイッチしてサウスポー構えに。  シングルレッグのプロハースカにペレイラは金網背にギロチンチョーク。肩を入れて頭を上げたプロハースカは持ち上げてテイクダウン! ハーフガードのペレイラに上から背中を着かせたプロハースカ。右で脇差し、腕を掴むペレイラに右ヒジ! 金網使い立つペレイラ! プロハースカは右アッパーを見せる。  2R、上体を立てて左ジャブを突くペレイラ。かわすプロハースカは低いガードで頭を上下させて圧力をかける。右カーフをかわしてプロハースカ。左ハイをガード上に当てる。  前に出てきたペレイラは右カーフを2発! プロハースカは右フックから左をヒット! 金網背にするペレイラに右ヒジも狙う。仕切り直したプロハースカにペレイラは右カーフを2発ヒット! 右で差すプロハースカに崩して体を入れ替え離れるペレイラは右カーフに足を下げるプロハース。右を当てるプロハースカが前に出ると、下がりながらペレイラは右から左のショートフック!  腰が落ちながらダブルレッグに入るプロハースカだが、それを潰したペレイラはしがみつくプロハースカの頭に右ヒジを連打! 後方に倒れたプロハースカのダウンにレフェリーが間に入った。  潜る形で倒れたプロハースカはすぐに立ち上がったが、ジョー・ローガンのケージのなかのインタビューで「止めるのが早かったか?」と問われたポアタンは「(試合ストップに)驚きはなかったよ。最初の左フックが効いて、2回目の攻撃でダウンした。テイクダウンを取りに来たわけじゃないし、足元に崩れたから正しいストップだと思う」と語り、プロハースカも「最終的には正しい判断だと思う。私は落ちていたからね。でも、知っている通り、死なない限り、俺の身体は動き続けるから……クソッ、こういうこともある。多くを学ぶことができた。色々と直して、さらに強くなって戻ってくる。“マタ・アオウ”。でもいまは、アレックス、試合をしてくれて本当にありがとう。多くを学べた。戻ってくるよ」と語った。  また、ペレイラは、「MSGでまた戦えて本当に光栄だ。誰かの名前をコールしたりする人間ではないけど、個人的に興味深い試合があって、それはみんなにとっても興味深いんじゃないかな。以前、インタビューでバーで飲んでいた人が動画で俺のことを“バーにいるべきだ”と言っていて(※ペレイラはかつてアルコール依存症だった)、その言葉が俺をモチベートして、いま俺はバーからここにいる。彼は『2027年まで試合をしない』と言った。俺を救ってくれたように彼を救ってあげたい。そんなに休んだら彼の才能がもったいない。ここに来て戦おう“Come to Daddy”(かかってこいよ)、(イズラエル)アデサニヤ」と、アデサニヤにライトヘビー級での再戦を呼び掛けた。 「ミドル級では彼に挑戦できるまで3試合をしたけど、今回はいきなりこのベルトを賭けて戦おう。チャンピオンが呼び出すのはおかしいかもしれないけど、これは完結させたいストーリーなんだ」と語り、ケージサイドで観戦したジャマール・ヒルについては、「俺はアクティブなチャンピオン、ファイターだ。でも彼は怪我をしているし、最初のチャレンジャーとしてはすぐにはできないんじゃないかな」と語った。 [nextpage] ▼ヘビー級暫定王座決定戦 5分5Rセルゲイ・パブロビッチ(ロシア)18勝1敗(UFC6勝1敗)259.8lbs/117.84kgトム・アスピナル(英国)13勝3敗(UFC6勝1敗)261.6lbs/118.66kg  正規王者ジョン・ジョーンズの負傷で8カ月の離脱により、同級2位のセルゲイ・パブロビッチ(ロシア)と4位のトム・アスピナル(英国)が「暫定ヘビー級王座戦」を戦う。  ジョーンズは、2023年3月に約3年1カ月ぶりに復帰し、元暫定王者のシリル・ガーヌと対戦し、1R ギロチンチョークで一本勝ち。ライトヘビー級に続いてヘビー級王座獲得でUFC史上8人目となる二階級制覇を達成していた。今回、公開された試合前練習の動画では、ダブルレッグテイクダウンから左で脇を差し上げた際に左胸に異常をきたしている。  MMA18勝1敗のパブロビッチは、UFCヘビー級史上最多となる6試合連続1R KO勝利記録を持つハードヒッター。グレコローマンレスリング、コンバットサンボをベースに、2018年11月にMMA12連勝でUFC入り。オクタゴンデビュー戦こそアリスター・オーフレイムに初回TKOで敗れたものの、その後、マルセロ・ゴルム、モーリス・グリーン、シャミル・アブドゥラヒモフ、デリック・ルイス、タイ・トゥイバサ、カーティス・ブレイズをいずれも1R KO・TKOで下し、2位にランキングされていた。  対するアスピナルもUFC6勝1敗。MMA13勝3敗で、2020年7月にUFCデビューし、ジェイク・コリアー、アラン・ボドウ、アンドレイ・アルロフスキー、セルゲイ・スピバック、アレキサンダー・ヴォルコフ、マルチン・ティブラをこちらも全試合フィニッシュ勝利。アルロフスキー戦のみ、2Rでのリアネイキドチョークでの一本勝ちで、ほか5試合はすべて1Rで試合を決めている。  黒星は2022年7月の前々戦。カーティス・ブレイズに1R 右ローキックを放った際に右ヒザを負傷し開始15秒のTKO負け。右膝内側側副靭帯と半月板の断裂に加えて前十字靭帯損傷の重症も、2023年7月の前戦でティブラを1R 右ストレートからのパウンドでTKOに下して復活を遂げている。ジョーンズの欠場により、今回、このパブロビッチvs.アスピナルの暫定ヘビー級王座戦がコメインとなった。  試合前にともに片手で肩を抱いた両者。  1R、ともにオーソドックス構え。先に右カーフはアスピナル。左前蹴りはパブロビッチがかわす。アスピナルの右ローにパブロビッチは左右!  さばくアスピナルは右カーフ! さらにワンツーの右をテンプルに当てると効かされたパブロビッチの身体が泳ぎ、さらにワンツーの右を同じテンプルに当ててダウン奪取! 鉄槌連打でレフェリーが間に入った。  ケージサイドで観戦するマイケル・ビスピンが歓喜するなか、アスピナルはヘビー級の暫定王座のベルトを腰に巻いた。 「みんな挑戦できないことはない。怖いけど報われる。自分を信じてハードに練習してきた。このベルトを父に渡したい」と語り、父親の肩にベルトをかけた。 [nextpage] ▼女子ストロー級 5分3R〇ジェシカ・アンドラージ(ブラジル)25勝12敗(UFC16勝10敗)[2R 3分15秒 TKO] ※右ストレート×マッケンジー・ダーン(ブラジル)13勝4敗(UFC8勝4敗)  女子ストロー級&フライ級5位のアンドラージと、ストロー級7位のダーンの対戦。  アンドラージは3連敗中。フライ級でエリン・ブランチフィールドにリアネイキドチョークを極められ、ストロー級でヤン・シャオナンに1R TKO負け。2023年8月の前戦でタティアナ・スアレスに2R ギロチンチョークを極められている。  対する柔術世界王者のダーンは、UFC4連勝から、マリナ・ロドリゲスとン・シャオナンに判定負けも、テーシャ・トーレスとアンジェラ・ヒルに判定勝ち。  1R、ともにオーソドックス構え。中央を取るアンドラージに、ダーンは左右にステップして右ロー。アンドラージの組みに首投げ! すぐに立つアンドラージにノーアームギロチンを狙うが、すぐに抜くアンドラージ。  スタンドで右ローを突くアンドラージ。ダーンもジャブ&ロー。圧力をかけるアンドラージに、ダーンも左右を振って前に。アンドラージの返しは空を斬る。詰めるアンドラージに左右で詰めるダーン。アンドラージの左をもらい尻もちを着くが、すぐに立つ。  右ロー、左インローのアンドラージ。左右を突いて組むダーンだが突き放す。ダーンの右前蹴りを掴むアンドラージ。ダーンはワンツーからシングルレッグも足をンくと、すぐに詰めて左から右! ダウンしたダーンだが、組んでホーン。  2R、左ジャブを上下に突くダーン。右はかわすアンドラージが右ローを当て、圧力をかける。ダーンのダブルレッグを切って、右を当てる。ダーンの4連打をかわすアンドラージは左から右カーフ。ダーンのワンツーをかわして右カーフ、さらに左を当てるとダーンがダウン! しかしグラウンドにはいかず立たせるアンドラージ。  ダーンは連打で右を当てるが、アンドラージは続く連打を下がってさばきながら右を当てて再びダウンを奪う。ここも立たせるアンドラージは、ダーンの打ち返しを冷静にさばいて金網に詰めて右! ダウンしたダーンにレフェリーが間に入った。  試合後、アンドラージは「戦略通り、勝利を手にした。マッケンジーのグランウンドはタフなのでそこににいかないようにした」と語った。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇ブノワ・サン・デニ(フランス)12勝1敗(UFC4勝1敗)※UFC5連勝[1R 1分31秒 TKO]×マット・フレボラ(米国)11勝3敗(UFC5勝3敗)  ライト級14位のフレボラは、3連続1RKO勝ち中。サン・デニはウェルター級からライト級転向2戦目からは4連続フィニッシュ勝利中。  1R、右のスーパーマンパンチを見せるフレボラ。サン・デニの踏み込んでの左ミドルに尻もちをつくと、その立ち際にギロチン狙い。しかし首を抜き下になるサン・デニがスイープ。フレボラはレッスルアップからダブルレッグで尻下でクラッチするとテイクダウン! すぐに立つサン・デニ。その前進に左ヒザを突いて離れて右に回るフレボラだが、サン・デニは踏み込んでの左ハイ! 下がり際にテンプルにもらったフレボラがダウン! パウンド1発で試合を決めた。  試合後、サン・デニは「MSGで試合が出来て幸せだ。激しい試合だったけど、ビッグチャンスが来たから一気に攻めた。次は彼と戦いたい。ビッグファンだけど、ジャスティン・ゲイジー。フランスでもアメリカでも」と語った。 [nextpage] ▼フェザー級 5分3R〇ディエゴ・ロペス(ブラジル)23勝6敗(UFC2勝1敗)[1R 1分30秒 KO]×パット・サバティーニ(米国)18勝5敗(UFC5勝2敗)  1R、右を当てたロペス。サバティーニは二段蹴りから組みも、クリンチボクシングはロペス。右クリンチアッパーを連打すると、右で小手巻き投げ、その立ち際にすぐに右を当てて詰めたロペスは左右連打でサバティーニをダウンさせて、パウンドアウトした。 [nextpage] 【プレリム】 ▼フライ級 5分3R〇スティーブ・エルセグ(豪州)125.6lbs/56.97kg[判定3-0] ※29-28×3×アレッサンドロ・コスタ(ブラジル)125.4lbs/56.88kg 1R、左ローのエルセグ。ガード高く構えるコスタはワンツーを見せると左右フックも。かわすエルセグに右ロー。エルセグは前足を上げて近づき、左ジャブを当てる。大きな左フックを見せるコスタ。バックステップでかわすエルセグは、左から右ストレート。コスタの右カーフをチェックする。  コスタの入りに首相撲ヒジを見せるエルセグは左ジャブ、右とマ懐深く戦う。圧力をかけて右ストレートを当てるエルセグに、コスタはダウン! もらったコスタは崩れながらダブルレッグに入るコも、切ってリアネイキドチョーク狙いエルセグ。コスタは尻を引いて亀から立ち上がりホーン。 2R、先に圧力をかけるエルセグ。ワンツーに腰を落としたコスタだが、ここで前に大きな左右wぽ振って跳びヒザ蹴りで追う。  さばいて右前蹴りを腹に突くエルセグ。コスタのシングルレッグに小手に巻いて片足立ちでスイッチを狙うエルセグだが、金網までドライブしたコスタがテイクダウン! パスの際でバックに乗るが。両足はかけさせずに横に落としたエルセグが逆にバックに。シングルレッグから左差しに変えて、右ヒザ、右を差し返すコスタは跳びつき腕十字! ここはエルセグがしっかりかわすとすぐに立つコスタは、金網背に放し際に左右で押し込みエルセグに尻を着かせると、腕十字へ! それをかわして上体を上げるエルセグが上になるもホーン。 3R、ワンツーから左で差してケージに押し込み、シングルレッグも狙うエルセグだが、コスタは右で小手巻き、崩されず。  離れたエルセグは左ジャブダブルからシングルレッグテイクダウン。すぐに立つコスタはディフェンス。なおも右で差して組んでボディロックテイクダウン狙い。いったん残したコスタに、再びボディロックから後方にテイクダウン。しかしすぐに立つコスタは正対。体を入れ替え、シングルレッグで倒すと、ここもすぐにエルセグは脇を差して立ち上がり。  タフなケージレスリングを両者展開する。押し込み首相撲ヒザを突くエルセグはシングルレッグも狙い、スペースを無くして組み続け、押し込みヒザでホーン。判定は3-0でエルセグが勝利。MMA10連勝とした。 [nextpage] ▼女子ストロー級マッチ 5分3R〇ルーピー・ゴディネス(メキシコ)11勝3敗(UFC6勝3敗)※UFC4連勝 115lbs/52.16kg[判定2-1] ※29-28×2, 27-30×タバサ・リッチ(ブラジル)9勝1敗(UFC4勝1敗)115.4lbs/52.34kg  元SEI☆ZAで日本に住み込みで格闘技のトレーニングを積んでいたタバサ・リッチ(ブラジル)。UFCデビュー戦は階級上のフライ級で現ランキング3位のマノン・フィオロに敗れ、MMA初黒星を喫したが、ストロー級に戻すと負けなし。元タイトル挑戦者のジェシカ・ペネから腕十字でタップを奪って勝利し、ランキング入りを果たすと、2023年6月の前戦では、ジリアン・ロバートソンにも判定勝ちし、オクタゴンで4連勝をマークしている。  今回の対戦相手のルーピー・ゴディネスは、注目のメキシカンファイター。元LFA王者でUFC3連勝中。シンシア・カルビーロ、村田夏南子と激闘を繰り広げたエミリー・デュコーテを判定で下し、2023年9月にはエリス・リードを2R、リアネイキドチョークで極めている。  1R、ともにオーソドックス構え。細かいステップのリッチは右ローから。ゴディネスもガード固めてどっしり構えて右フック。そのガード上にワンツーの右を当てるリッチ。その入りにゴディネスも右を合わせる。  続くゴディネスの右にカウンターのダブルレッグからドライブして押し込むリッチ。ボディロックも差し上げるゴディネスが突き放す。  頭を振ってジャブ・ローのリッチに左フックから右ストレートで押し返すゴディネス。その右に腰を落としたリッチ! すぐに戻して右で差して組むリッチ。しかし、ヒザ蹴りから突き放すゴディネス。  リッチは左右から右ハイを見せると、追うゴディネスにリッチが左を当てて、ゴディネスの腰を落とさせる。  2R、左アッパーを突くゴディネス。右ストレートで飛び込むリッチに右ヒザを突く。手数多いリッチは、ガード上に右。ゴディネスは左ジャブを胸元に突き、リッチのバランスを崩させる。リッチは右から左アッパーは遠い。しかし右ローを当てると、左は相打ち。右スーパーマンパンチを当てるゴディネス。しかしリッチも右を返すと、左ミドルハイをガード上に。押し返すゴディネス。回るリッチは金網に詰まらず、ダブルレッグも深追いせず。左ハイ!  ガード上に受けたゴディネス。左ジャブから右の打ち合いはゴディネス。スイッチも入れるリッチはワンツーから組み。跳ね返すゴディネスにリッチはスイッチして左ストレート! ゴディネスも前に出るが、リッチが右前手でダウンを奪い、パウンドでゴング。  3R、声を上げながら先にワンツーはリッチ。しかしゴディネスもワンツーの強打を振る。コンビネーション・手数はリッチ。右ローを突き、ワンツーの右で右差し、金網に押し込み、左ヒザ。放し際に右ヒジを突く。  押し返すゴディネス。ワンツーの右はリッチ。さらにシングルレッグからダブルレッグに入るが、スプロールするゴディネス。力を使ったリッチだが、左ジャブ。ゴディネスの詰めに回ってかわして右ストレート。さらに右ハイをガード上に。  ジャブ、右ストレートのゴディネスだが単発。リッチはワンツー。左ミドルで角度を変える。追うゴディネスはシングルレッグも、切るリッチはワンツー。さらにワンツーで前に。ゴディネスは左を突いてホーン。鼻から出血。  判定は、1者が30-27でリッチを支持も、2者が29-28でゴディネスを支持。UFC初の1年間で4勝した女子ファイターとなった勝者は「どのラウンドも僅差なのは分かっていた。タフファイトでクロスファイトだった」と語り、ケージの中でダンスを見せた。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇マテウシュ・レベツキ(ポーランド)155.8lbs/70.67kg[1R 3分08秒 腕十字]×ルーズベルト・ロバーツ(米国)158lbs/71.67kg)※体重超過※ロバーツは規定体重をオーバー。試合は予定通り行われるものの、対戦相手のレベツキに報奨金の20%を支払う [nextpage] ▼ライト級 5分3R△ナジム・サディコフ(アゼルバイジャン)155.6lbs/70.58kg[判定1-0] ※29-28, 28-28, 28-28△ヴィチェスラフ・ボルシェフ(ロシア)154.8lbs/70.22kg [nextpage] 【アーリープレリム】 ▼ライト級 5分3R〇ジャレッド・ゴードン(155.6lbs/70.58kg)[1R 4分42秒 TKO]×マルク・マドセン(154.6lbs/70.13kg) [nextpage] ▼キャッチウェイト(138lbs) 5分3R〇ジョン・カスタネーダ(137.6lbs/62.41kg)[判定3-0] ※30-27×3×カン・ギョンホ(138lbs/62.60kg) [nextpage] ▼フライ級 5分3R〇ジョシュア・ヴァン(ミャンマー)125.8lbs/57.06kg)[判定3-0] ※29-28×3×ケビン・ボルハス(ペルー)125.8lbs/57.06kg) [nextpage] ▼フェザー級 5分3R〇ジャマル・エマース(米国)147lbs/66.68kg ※体重超過[1R 0分49秒 TKO]×デニス・ブズカ(米国)145.6lbs/66.04kg※エマースは規定体重をオーバー。試合は予定通り行われるものの、対戦相手のブズカに報奨金の20%を支払う
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア