MMA
レポート

【ONE】ムエタイ王者ハガティーがMMA王者アンドラージをKO!キック王座も獲得。タイ・ルオトロが勝利で兄弟グラップリング王者に!“裏あやかロック”で三浦彩佳がメン・ボーに号泣一本勝ち、モラレスがスーパーガール撃破!

2023/11/04 09:11
 2023年11月4日(土)タイ・バンコクのルンピニー・スタジアムにて『ONE FIGHT NIGHT 16』(ABEMA配信)で開催された(※選手名からインタビュー)。 『ONE FIGHT NIGHT 16』速報 ▼ONEキックボクシング世界バンタム級王座決定戦 3分5R〇ジョナサン・ハガティー(英国)[2R 1分57秒 KO]×ファブリシオ・アンドラージ(ブラジル)※ハガティーがキック&ムエタイ二冠に  ムエタイ王座に加え、キック王座の二冠を狙うハガティーは、7歳からムエタイを学び、12歳からアマチュアで試合を開始。2016年4月にISKAムエタイ世界スーパーフェザー級王座を奪取し、2018年5月にはWBCムエタイ世界スーパーフェザー級インターナショナル王座も奪取。  2019年1月からONEに参戦し、5月の2戦目ではサムエーを破りONEフライ級ムエタイ世界王者に。同王座はロッタンに奪われるも内藤大樹、モンコルペットらに勝利。  2022年11月にフライ級でウラジミール・クズミンに判定勝ちすると、2023年4月の前戦でノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)を1R 2分40秒、右ストレートでKOに下し、ONEバンタム級ムエタイ世界王者についた。  今回は「バンタム級キックボクシング世界王座決定戦」。ONEムエタイのオープンフィンガーグローブから、ボクシンググローブに変えて、現MMA同級王者でキックボクサーとしても活躍したアンドラージと対戦する。ハガティーはかねてからMMAの練習にも取り組んでおり、ムエタイとキック王座、さらにMMAにも挑戦の意向を語っている。  対するアンドラージは、中国のクンルンファイトや武林風でキックやムエタイを戦ったストライカー。2020年7月のONE参戦から5連勝し、2021年2月には佐藤将光に判定勝利し、実力を証明した。2023年2月の前戦でジョン・リネカーに4R TKO勝ちでONEバンタム級王座を獲得している。MMA9勝2敗1無効試合。  アンドラージは試合前インタビューで、ハガティーの受けの弱さを指摘し、3競技を制覇したスタンプ・フェアテックスを例に、自身もMMA、キックに続きムエタイ王座も狙うこと。さらにボクシングへの挑戦も視野に入れていることを語った。  キック王座獲得後は秋元皓貴を防衛戦の相手に指名するなど勝利への自信に満ち溢れたアンドラージは、2024年の日本大会への参戦を熱望している。  1R、サウスポー構えから入るアンドラージ。ハガティーはオーソから。細かいステップで右ロー、左ハイのハガティー。蹴りからワンツーとリズムよく打ち込む。  ブロッキングのアンドラージに、ローで足を削りに。アンドラージも奥足にローキック。ハガティーは下がりながら前手の左フック。アンドラージは左インローも。  ハガティーのワンツー左ハイをかわすアンドラージ。ワンツー左から右ローを打ち込む。そこに右ストレート、ワンツーを当てるハガティー。しかしアンドラージも詰めて左ボディ。  2R、ワンツーから右ローのハガティー。ストレート、ジャブをブロックの間に通す。アンドラージはサウスポー構えで左ミドルも、すぐにハガティーも右ミドルを打ち返し、続けて左ハイを効かすとアンドラージの身体が泳ぎ、ハガティーは一気に前へ!  下がるアンドラージ。ハガティーはさらにラッシュで前に。下がるアンドラージはテンカオを狙うが、詰めたハガティーはなおも左右を当てると、右ストレート! 後方に倒れたアンドラージは立てず。ハガティーがバンタム級キックボクシング王者となった。  試合後、2つのベルトを肩にしたハガティーはリング上でのインタビューに、「ファブリシオ、僕はMMAのベルトも欲しい」と、事前インタビューで宣言した通り、三冠獲得を宣言。特別なダブルボーナスの10万ドルも獲得した。  リングインしてきた2位のアラヴァディ・ラマザノフの対戦要求をいなした。ONEキックバンタム級の1位には秋元皓貴がおり、王座奪還を宣言しているが、2024年の日本大会に向け、キックバンタム級戦線はどうなるか。 [nextpage] ▼ONEサブミッショングラップリング世界ウェルター級(※83.9kg)王座決定戦 10分1R〇タイ・ルオトロ(米国)[判定3-0]×マゴメド・アブドゥルカディロフ(ロシア)※ルオトロがウェルター級サブミッショングラップリング王者に  1R、スタンドレスリングで前に出るアブドゥルカディロフに、組み手争いのルオトロ。頭を下げさせるアブドゥルカディロフ。足を見せてシングルレッグも深追いせず。ダブルレッグから崩すルオトロに、戻すアブドゥルカディロフ。  立ちで崩すのは難しいとしたかルオトロはジャンピングのクローズドガードで引き込み。足をすくってから引いたところにKガード、三角絞め狙い。右足手繰ってうつ伏せでヒールフック、ヒザ十字狙いのルオトロに、ヒザを抜いて逃げるアブドゥルカディロフのバック狙いからマウントを奪うルオトロ。  両脇を開けさせてフロントネルソン、腕十字狙い。さらにアブドゥルカディロフが頭を起こすとダースチョークも狙う。背中を見せたところにバックもうかがいつつアームインギロチンを絞めるルオトロ。  組み直してハーフで足をかけてダースチョークも狙う。両手を組ませないアブドゥルカディロフに、足関節狙いからマウントに移行。両脇にヒザを入れて三角絞めへ。  三角の中で両腕をクラッチして防御するアブドゥルカディロフに、右腕を伸ばして三角十字に極めに行くアブドゥルカディロフだが、腕を抜いてゴング。  判定は3-0でルオトロが勝利。兄弟ONEサブミッショングラップリング王者となった。  リング上でMCのミッチ・チルソンは「このめっちゃ重いベルトを今僕が持ってるんだけど」と言ってタイに渡すと、「きっとこの重たいベルトは、君の弟のケイドなら持っててくれるはずだよ、ケイトさあリングで上がってきてくれ」とケイドを呼び込んだ。  タイ・ルオトロは「タイのみなさん、コップンカ! ムエタイと柔術は最高のマーシャルアーツだ。彼はエラがどうにかなってるんじゃないか、チョークはかなりタイトだったはず。それでもしっかり息を整えていた。そしてアニマルだと思った。見一杯の感謝と敬意を伝えたい。試合を受けてくれて。これは自分にとってはまだまだ序の口。自分の人生をかけて、GOATになるんだ。だから、これはそのための踏み台みたいなもの。ベルが鳴ったんだ。今は(ベルトを手に入れ)ヒット・リストを手に入れたんだ、つまり、これを自分から奪いたいやつは誰でもみんな奪いにくるがいいよ」とコメント。 「じゃあそのヒットリストの話をしよう。今そのリストには誰の名前が載っているんだい」と問われると、タイは「そうだな、アイザック・ミッチェルとか? いい試合したよね。ただマジで誰でもいいんだ実際。気にしてない。自分は185(ポンド)のベストだと思ってるし、自分がそうだって感じてる人は誰だって挑戦してきてくれたらいいと思う。試合を組むのに苦労してるんだよ。さあやろう。マネージメントのほうによろしくと言いたい」と語った。  続けてミッチから「弟さんともども、グラップリングじゃもう試合組むのが大変だろうから、MMAはどう?」と問われ、タイは「柔術のGOATになりたいんだ。まだそうじゃないから。近づいてるところだ。もっといいところを見せられる。弟はやりたくてうずうずしてる感じでその気になってるみたいだし、あいつはやるだろうけど、そこに続く感じかな」と将来的なMMA挑戦を語り、5万ドルボーナスも獲得。最後に「チャトリ、俺をリッチにしてくれてありがとう」と語った。 [nextpage] ▼ムエタイ140ポンド契約/3分3R〇セクサン・オークワンムアン(タイ)[判定3-0]×カリム・ベノーイ(アルジェリア)  1R、ともにオーソドックス構え。じっくり詰めて右ミドルを当てて行くセクサン。右ヒジも。ベノーイもワンツーの左を合わせに行く。詰めて右バックヒジのセクサン。さらに右ヒジで前に。ガード固めるベノーイは左ボディも、常に詰めるセクサンは右ミドル。ベノーイの左右をかわして前に出る。  2R、詰めて強烈な右ミドルを当てるセクサン。さらに右ミドル、ハイ。ベノーイのターンで打ち返すが、ミドルを返すセクサン、さらにロープに詰めて右ヒザ! テンカオを効かされたベノーイはロープに釘づけに。右ヒザから左のヒザでコーナーに突き刺すセクサン。ベノーイは右アッパーを返すが、セクサンは押し込んでから右ヒザを腹に突き刺す。  3R、手を前に出さずガードを固めて詰めてヒジ・ヒザのセクサン。ベノーイはそのガードの隙間にアッパーを狙うが単発。右ヒジ、右ヒザで前に出るセクサンは右ヒジ! ついに後ろを向き出したベノーイに右ヒザ! クリンミーするベノーイに右ヒザ、ミドルにベノーイは後退するのみ。最後は右ミドルの蹴り合いで打って終わったのはセクサン。  判定3-0でセクサンが圧勝した。 [nextpage] ▼ライト級(※77.1kg)5分3R〇ハリル・アミール(トルコ)[1R終了時 TKO]×アフメド・ムジタバ(パキスタン)  アミールはMMA9戦無敗・ONE2連勝中。2022年9月のONEデビュー戦でティモフィ・ナシューヒンに2RKO勝ち。2023年4月の2戦目はONEデビュー戦のモーリス・アベビに判定勝ち。  ムジタバはMMA10勝3敗・ONE4勝3敗。2021年に3年ぶりにONE復帰でライト級2連勝。2023年5月の前戦でセイジ・ノースカットのヒールフックに一本負け。  1R、左右を振ってコーナーに詰めてシングルレッグのムジタバ。右で小手に巻き、四つからテイクダウンを奪うアミール。下のムジタバはキムラクラッチ。クローズドにしたいが、アミールはその前に前転して外すと上に。インサイドからヒジを打つ。  中腰になりパウンドするアミールにムジタバは下から三角絞めもかわしたアミールが足をさばきパウンド! ムジタバは頭を抱えて防戦一方で足もさほど効いていないが、ハーブ・ディーンレフェリーは頭の防御を見たか止めず。  しかし、ムジタバは2Rに進めず。1R終了時、アミールのTKO勝ちとなった。トルコのアミールはONE3連勝、MMA10連勝となった。 [nextpage] ▼ムエタイ・ライト級→140ポンド(79.15kg契約) 3分3R〇シンサムット・クリンミー(タイ)[判定3-0]×ムーシネ・チャフィ(スペイン)  シンサムットはムエタイジムを営む家庭に生まれ、4歳から練習を開始。兄は海外で活躍し来日経験もあるスッドサコーン。ジムにはヨックタイ、ランバーなど有名なムエタイ選手のほかWBCとWBAの世界王者もいたという。  7歳で初めての試合を行い、21歳で徴兵されるとボクシングでナショナル王者にも輝き、2019年の国際ミリタリースポーツカウンシルでのトーナメントではオリンピックボクサー2人から勝利を収めた。  兵役を終えてムエタイに復帰すると2022年3月にONE初参戦を果たし、ニキー・ホルツケンをカウンターの右でKOした。2022年10月にはONEムエタイ世界ライト級王座決定戦をレギン・アーセルと争い、判定2-1の僅差で敗れ。2023年3月の再戦でのタイトルマッチではKOで返り討ちにされた。6月にビクトル・テイシェイラを2RでTKOし、再起を飾っている。  チャフィは2023年7月、バルセロナでWBCムエタイ世界ライトヘビー級王座に就いたばかり。WBCインターナショナル・ムエタイ・スーパーミドル級王座、WBCムエタイ欧州ミドル級王座も獲得している。近年はリトアニアのKOKなどに出場し、今回がONE初参戦。  1R、ともにオーソドックス構え長身からヒジを狙うチャフイ。クリンミーはチャフイの左に右ストレートでチャフイのバランスを崩す。脇潜り、首相撲を狙うチャフイ。大きな左右を振るクリンミー。チャフイも左右からバックフィスト。右を当てて前に出る。  2R、前蹴りのチャフイ。首相撲からヒザ、ヒジを狙うと、クリンミーもヒジで応戦。左ミドルも。しかし詰めるチャフイは右・左縦ヒジで前に。クリンミーも前手の左フックで迎撃。  3R、前に出るチャフイ。右ハイを当てるクリンミー。チャフイは前に出て首相撲ヒザ。剥がして左フックを返すクリンミー。チャフイはワンツー首相撲ヒザからヒジとラッシュ! 応戦するクリンミー。ゴングに両者は手を挙げる。  判定は3-0ながら、地元のクリンミーが辛勝した。 [nextpage] ▼キックボクシング・ストロー級/5分3R×ジェン・ペイメン(中国)[判定1-2]〇ルイ・ボテーリョ(ポルトガル) “中国の天心”の異名を持つ19歳のペイメンは、中国「EMLegend」等で活躍し、23勝18KOをマークするなど“最強中学生”として話題となり、2022年3月にONEデビュー。サムエーが持つONEストロー級(56.7kg)ムエタイ世界タイトルマッチにも挑戦経験があるジョシュ・トナーと対戦し、2RでKO。7月大会ではアスランベック・ジクレーブを判定で破り、10月にはジョナサン・ディベラとのONE世界ストロー級キックボクシング王座決定戦を迎えたが判定で敗れた。2023年3月、ロシアのトレプチ・ドガクに判定勝ちして再起を飾っている。  ボテーリョは2015年4月のK-1に来日し、寺戸伸近に判定負け。2018年6月にONEで小笠原裕典に逆転KO負け。同年12月にはパンパヤックに判定負けも、2019年3月には渡辺優太に判定勝ちでONE初白星。しかし、その後はスーパーレック、内藤大樹、品川朝陽、アスランベック・ジクレーブに泥沼の4連敗を喫している。  1R、前に出るのはペイメンで左ボディからの左フック。これにボテーリョはジャブで対抗する。  2R、ペイメンはさらに圧を強めて前に出ると左フックでボテーリョをダウン気味に倒す。右ハイキック、左ミドル2連打。ボテーリョもワンツーを返して応戦する。ペイメンの前進を前蹴りで止めようとするボテーリョだが、ペイメンはその蹴りに右を合わせに来る。  3Rも右ストレートを中心に前へ出るペイメンだが、ボテーリョも蹴りからの右ストレートで迎え撃つ。打ち合うボテーリョにペイメンの右フックがヒット。ボテーリョも左右フックからヒザを突き刺す。  退かずに打ち合うボテーリョにペイメンの右フックがヒットし、ボテーリョが片膝をついたが試合は続行。すかさず両者打ち合い、ボテーリョも対抗したが、ペイメンの左ボディが決まるとボテーリョの動きが止まる。そこへペイメンが左ミドルの連打を見舞い、はっきりと差をつけた。  かと思われたが、判定2-1で勝利したのはボテーリョ。2度のフラッシュダウンを奪い、ボディを効かせ、アグレッシブさでも優っていたペイメンだが、打ち合いでボテーリョが細かく当てていたのをとったのか。ペイメンにとっては厳しい判定となった。 [nextpage] ▼女子ストロー級(※56.7kg)5分3R〇三浦彩佳(日本)[1R 2分09秒 あやかロック] ※スカーフホールド・アメリカーナ×メン・ボー(中国)  三浦は、柔道ベースで首投げからのVクロスを得意技とし、2019年2月からONE Championshipに参戦。3連勝後にティファニー・テオに敗れるもハヤネ・バストスに一本勝ち。しかし王者ション・ジンナンに判定負けし、2022年4月のダヤン・カルドーゾ戦でも2R 負傷TKO負けでMMA2連敗中。  2023年2月にグラップリング戦で復帰し、バックを取らせての首投げを見せるなどダニエル・ケリーに判定3-0で敗れるも、新たなアプローチでケリーを苦しめている。  しかし、その後はなかなか試合が決まらず「現実的な話をすると競技者として、1番大事な時期だと感じている」と試合を熱望する投稿をし、「身体だけは仕上がってるんだよな」といつでも試合が出来る状態にあるとアピールしていた。MMA11勝5敗。  対するメン・ボーはMMA21勝6敗。13歳でテコンドーを始め、散打も学び、2013年にMMAデビュー。2018年から7連勝も、リトゥ・フォガットに判定負けし、ティファニー・テオに2R 一本負け。しかし、その後、ジェネリン・オルシムを1R KOに下すと、2023年4月には三浦が敗れているダヤン・カルドーゾを相手に長い打撃を当てて、スクランブルでも渡り合い判定勝ち。2連勝で王者ション・ジンナンとのタイトル戦をアピールしていた。  スタンドでオーソから長い左右に加え、カルドーゾ戦で見せたヒジ打ちも脅威のメン・ボーは、カルドーゾのテイクダウンにもリング中央でレッスルアップ、あるいは相手のチョーク狙いにも正対してコーナーを使って立ち上がっている。  三浦は、リングで行われる今大会でメン・ボー相手にいかに得意の投げに繋げるか。分かっていてもかかる強力な首投げを警戒されるなか、それをダミーに新たなアプローチも見せたい、大一番だ。  1R、ともにオーソドックス構え。先に左ローの三浦は遠間から前足を取りに行くと、潰したメン・ボーがバックから鉄槌。しかし下から首を抱えたまま三浦はうつ伏せ・亀を狙い、引き手を引いて、首を巻いて袈裟固めに!  左手で首を巻き、右でパウンド。メン・ボーの左腕を右で掴んで両足に挟んでVクロス=あやかロックを極めた!  リング上で三浦は号泣して長南亮代表とがっちりハグ、歓喜のガッポーズを見せた。  試合後、三浦はONEのインタビューに「ありがとうございました。それしかないです。これを今日1日やると思います。みんなにお礼を言って行ったら毎回泣いてしまうと覆います。5分3R、ぐちゃぐちゃでも勝つと思っていたので、勝ててよかったです。鼻血が出ていたので打撃が強いなと。レフェリーが止めるまで絞ろうと。 (試合後の長南代表との熱いハグは)あんなに飛びついたのは初めて、ONEのデビュー戦のときも飛びつきましたが(笑)。(今後は)ここに集中していたので、(王者のシヨン)ジンナンとできたら。目標はONEでベルトを獲ることなので、組んでいただけるなら。ダメージもないのですぐに練習します。レスリングも強化して、いろんなテイクダウンの仕方とか、パニックにならないように学んできたので、次はテイクダウンして一本勝ちしたいと思います」と語った。 [nextpage] ▼ヘビー級(※102.01kg)5分3R×カン・ジウォン(韓国)[3R 1分22秒 肩固め]〇ベン・タイナン(カナダ)  韓国のジウォンはMMA6勝1敗(ONE3勝1敗)。ONE2戦目でアミール・アリアックバリと対戦。序盤の猛攻を凌ぎ、アッパーで1R KO勝ち。続く2021年12月のブシェシャ戦でリアネイキドチョークで一本負けも、それ以外はすべて1RKO勝ち。28歳。  カナダのタイナンはONE初参戦。アマチュアで8連勝後、2022年3月にプロデビュー。その後、LFAで3戦するなど4試合をすべてフィニッシュ勝利している。強豪グラップリング集団B-TEAMに出稽古も。29歳。  1R、カン・ジウォンの左右にタイナンはカウンターのダブルレッグへ。差し上げようとするカン・ジウォンの脇を潜り、スタンドバックから後方に投げてバックからマウントに移行。カン・ジウォンのブリッジを潰して脇を開けさせる。上体を立てようとするカン・ジウォンを剥がしてヒジ! さらに肩固め狙い。ヒジでゴング。  2R、タイナンはワンツーの左を潜りシングルレッグ。切ろうとするカン・ジウォンをなおも追い尻を着かせるが、立とうとするカン・ジウォンをネルソンにとらえる。正対するカン・ジウォンをすぐに追ってスクランブルで上を取るとヒジ打ち、ハーフから肩固めを狙う。  3R、左右を振ってコーナーに詰めてシングルレッグテイクダウンのタイナン。すぐに背中を着かせて難なく足を越え、マウントから肩固めを極めた。   勝利コールに、袖無しタキシード柄のTシャツをハルク・ホーガンばりに破って客席に投げ入れたタイナンはONE初参戦勝利、MMA5連勝をマークした。 [nextpage] ▼ムエタイ女子アトム級/3分3R×スーパーガール・ジャルーンサック(タイ)[1R 2分54秒 TKO]〇クリスティーナ・モラレス(スペイン)  今回が3度目のキックボクシングルールマッチとなるスーパーガールは、まだ19歳ながらONEで喫した敗北はスタンプ・フェアテックス(タイ)にスプリット判定で敗れた試合のみで、エカテリーナ・ヴァンダリーバ(ベラルーシ)やララ・フェルナンデス(スペイン)ら世界の強豪たちから勝利を収めているONEアトム級(-53.1kg)世界トップファイターの一人だ。最近では女性用水着ブランド『LA MICHAUX』でモデルを務めたことも話題となった。  対するモラレスはISKA世界K-1ルールアトム級王座、Enfusion -52kg世界選手権を獲得。2019年12月にはK-1に来日し、「初代女子フライ級王座決定トーナメント」に出場。1回戦でKANAに判定負けを喫した。2011年6月に神村エリカとRISEで対戦した、シルビア・ラノッテにも2019年5月に黒星を付けられている。前戦は2021年9月に“世界最強女子”と目されるアニッサ・メクセンにKO負け。今回はそれ以来の試合となる。戦績は49勝(9KO)8敗。  1R、ともにオーソドックス構え。ワンツーから左ハイに繋ぐモラレス。ブロックするスーパーガールだが、さらにワンツー左フックのモラレスが積極的。動きの重いスーパーガールに、ボディから右、さらに左ミドルと攻勢に。  さらに右ストレートにスーパーガールのアゴが上がる! 右ストレートから左ボディを返したスーパーガールだが、すぐにモラレスはワンツーから左ストレートを効かせ前に! 左右ラッシュに背中を見せるスーパーガール。ダウン宣告に、試合続行の意志を見せず。モラレスのTKO勝ちとなった。モラレスは5万ドルボーナスを獲得。 [nextpage] ▼ストロー級(※56.7kg)5分3R〇リト・アディワン(フィリピン)[判定3-0]×ジャレミー・ミアド(フィリピン)  2022年3月以来の再戦。初戦はテイクダウンで優位に立ったミアドに、2R、アディワンが右足を負傷してミアドがTKO勝ちしている。  1R、ミアドは飛びヒザ。アディワンは飛び込んで左フック。効かされたミアド。立つとシングルレッグで持ち上げるもテイクダウンできず。なおも左ミドル、左フック、右カーフのアディワンは右ストレートで飛び込む。ミアドの入りに右のバックエルボーも。一拍置いたアディワンにミアドも大きな右を見せる。  2R、ワンツーを突くミアドに、前蹴りを見せるアディワン。バックフィストも。かわすミアドは、ペースを落としてきたアディワンを詰めるが、アディワンは右カーフ! さらにカーフにスイッチしたミアド。パンチが手打ちになる。  3R、右カーフから入るアディワン。さらにカーフの連打。スイッチするミアドに右ボディストレートも。左ローも打つアディワン。オーソに戻すミアドにすぐに右カーフ。サウスポー構えにするミアドに右ストレート。ワンツーから左で詰めつミアドだが、アディワンは距離を取っての蹴りで徹底。ミアドの右は単発。アディワンはダブルレッグも見せるが深追いせず。詰めるミアドはサウスポー構えから右・左も、サークリングでかわすアディワン。ゴングに手を挙げる。  判定はアディワンが勝利。9月の前戦エイドリアン・マシューズ戦のTKO勝ちに続く2連勝となった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント