K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】金子晃大vs.玖村将史のタイトルマッチ決定「このカードは国内最高峰のカード」(玖村)「この勝負超えていきたい」(金子)

2023/07/17 18:07
【K-1】金子晃大vs.玖村将史のタイトルマッチ決定「このカードは国内最高峰のカード」(玖村)「この勝負超えていきたい」(金子)

宿命の対決、金子(左)vs玖村が決定

 2023年9月10日(日)神奈川・横浜アリーナ『K-1 WORLD GP 2023』にて、K-1スーパー・バンタム級タイトルマッチとして王者・金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)vs.玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス)の3度目の対決が決定した。


 7月17日(月)東京・両国国技館で開催された『AZABU PRESENTS K-1 WORLD GP 2023』にて発表され、両選手がリングイン。それぞれ次のようにコメントした。


玖村
「皆さん、お待たせしました。やっとこの時が来たなって感じです。去年2月に決勝戦で金子選手と戦って、その後ベルトを持っていたのは金子選手だと思いますが、K-1が国内55kg最強だということは僕が証明してきました。あと僕に必要なのは、金子選手からしっかり差を見せてリベンジして僕がK-1王者になることだけです。9月、僕はK-1王者になるためだけに今年やってきました。9月、今までで一番強い状態に仕上げてリングに上がりたいと思っています。このカードは国内最高峰のカードと思っています。そのカードにふさわしいように盛り上げて、僕がK-1王者になるので9月の横浜アリーナ、ぜひ会場へ見に来てください。僕が王者になります」


金子
「去年、僕はベルトを獲ってその後、THE MATCHで負けてそれでも僕のことをずっと信じて応援してくれたファンのためにも、そして自分自身の志のためにも、この勝負超えていきたいと思います。ぜひ皆さん会場に足を運んで見に来てください」

 両者の過去の戦績は1勝1敗。1度目は2020年3月で玖村が判定勝ち、2度目は2022年2月に金子が判定勝ちしており、今回が3度目の決着戦となる。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント