MMA
ニュース

【ONE】若松佑弥が再起戦、ハードパンチャーのシェ・ウェイとリングで対戦「どっちが強いのか? 俺は強いのか? 強さだけがすべて」=7月15日(土)タイ

2023/05/18 19:05
【ONE】若松佑弥が再起戦、ハードパンチャーのシェ・ウェイとリングで対戦「どっちが強いのか? 俺は強いのか? 強さだけがすべて」=7月15日(土)タイ

(C)ONE Championship

 2023年7月15日(土)タイ・バンコクで開催される『ONE Fight Night 12』のフライ級戦で、若松佑弥(TRIBE TOKYO MMA)vs.シェ・ウェイ(中国)が決定した。

 両者はもともと2022年8月に対戦が予定されていたが、ウェイの負傷により試合は流れていた。

▼ONEフライ級(※61.2kg)5分3R
若松佑弥(TRIBE TOKYO MMA)15勝6敗
シェ・ウェイ(中国)17勝5敗

 若松は2022年3月に当時の王者アドリアーノ・モラエス(ブラジル)に挑戦し、3R ギロチンチョークで一本負けで戴冠ならず。同年11月の『ONE163』ではハイドレーションに失敗してキャッチウェイト戦でウ・ソンフン(韓国)に1R KO負けし2連敗中。

 対するウェイは、MMA17勝(12KO)5敗のハードパンチャー。2018年11月のWLFでTSUNEに判定負け後、ONEの中国登竜門大会「ONE Hero Series」で4連勝。ONE Warrior Seriesを経て、2020年1月から本戦に出場。ダニー・キンガッドに判定負け後、チャン・ロタナ、カンテラー・シャンカー・アガサ、キム・デファンにいずれもKO・TKO勝ちで3連勝をマーク。

 しかし、2022年6月の前戦では、かつて若松が判定勝ちしているリース・マクラーレンにリアネイキドチョークを極められており、過去5敗のうち連敗は一度もないキャリアをキープして再起を図りたいところだろう。

 基本はオードドックス構えで、回転の速い強打と右カーフキックを得意とするシェ・ウェイは、相手のテイクダウンにはがぶって潰して削るが、マクラーレンには大振りをかわされ、テイクダウン&バックテイクを許してチョークを極められている。

 打撃でも立ち会える若松は、近年、武器となっているテイクダウンを混ぜてシェ・ウェイに完勝し、再び王座戦線に名乗りをあげるか。

 8カ月ぶりの復帰戦に向け、若松は「ごちゃごちゃ戯言は言わない どっちが強いのか? 俺は強いのか? それだけ 強さだけが全て 楽しみにしていてください」と意気込みを記している。

 なお同大会はタイ・バンコクで行われるため、リングでの試合となることが分かっている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア