MMA
ニュース

【修斗】王者・澤田千優に挑むのは? アトム級で古賀愛蘭vsジェニー・ファン、中村未来vs川西茉夕が決定。20年の時を経て渡辺久江と玉田育子が初対決。初代ストロー級女王を決めるインフィニティリーグ選手も発表=5月21日(日)「Colors」

2023/05/02 15:05
 2023年5月21日(日)東京・ニューピアホールで開催されるプロフェッショナル修斗公式戦 「Colors(カラーズ) Produce by SHOOTO」の対戦カードが発表された(ABEMA配信)。  同日の夜大会「PROFESSIONAL SHOOTO 2023 Vol.3」の前の昼13時から開催される、修斗で約17年ぶりとなる女子のみの公式戦「COLORS Produce by SHOOTO」。メインイベントでは「世界スーパーアトム級(50kg)チャンピオンシップ」として、王者・SARAMI(パンクラスイズム横浜)と、挑戦者・渡辺彩華(AACC)の5分5R戦が決定済み。追加主要5カードが発表された。  さらに、新王者・澤田千優(AACC)が誕生し、今後の展開が期待されるアトム級(47.6kg)のタイトル戦を見据えた2カードが決定。 ▼女子アトム級 5分3R古賀愛蘭(BURST)ジェニー・ファン(AACC) (C)TORAO NATION STATE  まずは女子格闘技の“レジェンド”藤井惠の元で鎬を削る古賀愛蘭(BURST)と川西茉夕(BURST)が出場。古賀は5歳から始めた日本拳法で培った鋭い打撃に加え、さらにMMAの基礎を学ぶため、BURSTの門を叩いた21歳。鋭いステップワークと抜群の距離感で戦い、RIZINの大舞台でも物怖じしない舞台度胸を持つZ世代期待の女子ファイターの一人だ。  2021年11月のRIZINでにっせーにスプリット判定負け後、2022年4月にパク・シウにフィニッシュさせずに判定負け。2022年12月に宝珠山桃花とドロー判定後、2023年3月の前戦「Shooto BORDER 2023: The 1st」では、檜山美樹子を1R TKOで下している。  対するジェニー・ファン(AACC)は、テコンドーと柔道をベースにプレッシャーをかけて距離を詰めるスタイルでONE Championshipで活躍。2015年のプロデビュー後、ONEで4連勝も、その後、山口芽生との2戦の判定負けを含む5連敗を喫した。しかし、2022年12月にはPANCRASE横浜大会に参戦し、沙弥子を打撃で上回り、2Rにリアネイキドチョークで極めて再起を果たしている。  日本拳法の古賀とテコンドーのファン、ベースが異なる打撃をルーツに持つ二人だが、MMAの立ち技でイニシアチブを取るのは古賀愛蘭か? ジェニー・ファンか? ▼女子アトム級 5分3R中村未来(マルスジム)川西茉夕(BURST) (C)TORAO NATION STATE  その古賀と同門の川西茉夕(BURST)は、プロデビューから2試合連続でアームロックで一本勝ちをおさめ、早くもフィニッシャーとしての片鱗が垣間見える。  柔道出身のBURSTの川西は、2019年8月のアマチュアDEEPで山田凛音を判定で下し、12月の大阪大会ではHIMEに47秒、リアネイキドチョークで一本勝ち。コロナ禍のなか、病院での仕事の関係で試合から離れていたが、2022年9月の修斗「FORCE16」高松大会で復帰し、檜山美樹子にキムラロックで一本勝ち。そして2022年12月の前戦「TORAO 28」で毛利道場の和田千聖にもキムラロックで一本勝ちしている。  師匠の藤井惠からも、「身体能力が高くバランスが良い」と高評価を得ており、柔道ベースながら打撃からのテイクダウンも駆使し、“打倒極”にもバランスの良さを見せるコンプリートファイターだ。  対するは、2022年のインフィニティリーグ準優勝の中村未来(マルスジム)。Road to ONEで平田樹に、シュートボクシングではMISAKIに敗戦も、修斗では2022年に3戦し、小生由紀、加藤春菜に判定勝ち後、渡辺久江にKO勝ちするなど3勝をあげる健闘を見せている。  古賀愛蘭vs.ジェニー・ファン、中村未来vs.川西茉夕の2試合は3R戦で組まれており、タイトル戦に向けたセレクションの意味が含まれていることは明白。ビッグインパクトを残すのは果たして誰になるのか? その先にはOne Friday Fights 5でも勝利した世界王者・澤田千優が待っている。 ▼epsomsalt seacrystals Presents インフィニティリーグ2023 女子ストロー級 5分2R杉本 恵(AACC)吉成はるか(シューティング宇留野道場) ▼epsomsalt seacrystals Presents インフィニティリーグ2023 女子ストロー級 5分2R宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)エンゼル☆志穂(GSB多治見)  そして女子新階級となるストロー級(52.2kg)が大きく始動することになった。  今回は「epsomsalt seacrystals Presents インフィニティリーグ2023 女子ストロー級」と銘打たれ、5月21日のニューピア大会を皮切りに、2024年1月大会までかけて、5名による総当たりリーグ戦が行われる。最終戦を終えた時点で1位と2位の選手が「初代女子ストロー級王座決定戦」を戦い、初代女王を決定する。  このリーグ戦には世界ランカー・杉本恵(AACC)、そして経験豊富な宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)に加え、プロ顔負けのパフォーマンスで2022年の全日本アマチュア修斗同級優勝の吉成はるか(シューティング宇留野道場)、準優勝のエンゼル☆志穂(GSB多治見)がエントリー。  ここにX(後日発表)を加えた5名の参加が決定している。最終戦までどうなるか目が離せないインフィニティリーグ。男子フェザー級と併せて、王座戦まで注目の女子ストロー級だ。  その他にも以前のリングネームに戻し再起を図る渡辺久江(ZERO)と玉田育子(AACC)のオーバー40のマッチアップも決定。約20年に及ぶ女子MMA戦線の歩みを知る二人が、COLORS開幕戦で初対決を迎える。 [nextpage] プロフェッショナル修斗公式戦 Colors 決定カード 2023年5月21日(日)東京・ニューピアホール[開場]12:30[開始]13:00 ※開場中にOPファイト実施予定 ▼世界女子スーパーアトム級チャンピオンシップ 5分5RSARAMI(王者・初防衛戦/パンクラスイズム横浜)渡辺彩華(挑戦者・同級2位/AACC) ▼女子アトム級 5分3R古賀愛蘭(BURST)ジェニー・ファン(AACC) ▼女子アトム級 5分3R中村未来(マルスジム)川西茉夕(BURST) ◆epsomsalt seacrystals Presents インフィニティリーグ2023 女子ストロー級出場選手杉本 恵(AACC)宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)吉成はるか(シューティング宇留野道場)エンゼル☆志穂(GSB多治見)X ※後日発表 ※2023年5月21日から2024年1月28日のニューピアホール大会まで全10試合を行い、最終戦を終えた段階で、1位、2位の選手で2024年に「初代女子世界ストロー級王座決定戦」を行い、初代ストロー級女王を決定。 ※エンゼル、吉成は2022年全日本での昇格組、経験豊富な宝珠山、世界ランカー・杉本。そしてXで構成。Xは既に決定済みで、近日中に発表。Xは7月からリーグ戦参加となる。 ▼epsomsalt seacrystals Presents インフィニティリーグ2023 女子ストロー級 5分2R杉本 恵(AACC)吉成はるか(シューティング宇留野道場) ▼epsomsalt seacrystals Presents インフィニティリーグ2023 女子ストロー級5分2R宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)エンゼル☆志穂(GSB多治見) ▼女子アトム級 5分2R渡辺久江(ZERO) ※リングネーム変更玉田育子(AACC)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント