K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】大久保琉唯の返上を受けて第2代フライ級王座決定トーナメント開催、シルバーウルフの長野翔が魔裟斗の名言を引用

2023/04/20 18:04
 2023年5月20日(土)東京・後楽園ホール『Krush.149』の記者会見が4月20日(木)都内にて行われ「第2代Krushフライ級王座決定トーナメント」の開催が発表された。  初代王者・大久保琉唯(K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)の階級変更による返上を受けて、4選手によるワンデートーナメントで第2代王座を争う。準決勝の組み合わせは山脇飛翼(K-1ジム心斎橋チームレパード)vs.大鹿統毅(K-1ジム総本部チームペガサス)、大夢(WIZARDキックボクシングジム)vs.長野翔(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)となった。  山脇はK-1甲子園2019 -55kg王者。2020年4月4日のKHAOSでプロデビューし、3勝(2KO)2敗の戦績。初代王座決定トーナメントにもエントリーされ、準決勝で大久保と対戦することが決まっていたが、怪我による欠場で今回は仕切り直しのトーナメント出場となった。  大鹿はK-1甲子園2022 -55kg王者で、山脇とはK-1甲子園王者対決となる。デビュー当初は他団体でプロ活動を行っていたが、2022年12月にKrush初参戦で勝利を収めて今回のトーナメント出場となった。戦績は6勝無敗。  大夢は8勝(4KO)2敗の戦績を持ち、2021年6月からKrushに参戦。山脇、萩原秀斗らを破って4連勝(3KO)を飾ったが、2022年の「初代Krushフライ級王座決定トーナメント」の決勝戦で大久保に延長戦の末に惜敗。12月には石郷慶人を破り再起を飾っている。  長野は第40回・第42回・第44回K-1アマチュアチャレンジAクラス-55kg優勝の成績を持ち、2022年8月にプロデビュー。現在まで3戦全勝で今回のトーナメントに抜擢された。  最年長の山脇でも21歳、平均年齢19.25歳という若い選手たちによるトーナメントとなった。  会見に出席した大鹿は「このようなトーナメントに参加できて光栄です。僕は無敗なので無敗のまま王者になりたい」と、無敗で王座に就きたいとの意欲。  山脇は「前回のトーナメントは怪我で出場できなくて。でも、出ていたら絶対に僕が優勝していたので注目お願いします」と、真の王者は自分だと言わんばかり。  長野は「ベルトどうこうよりも、ライオンがウサギを狩るように誰が相手でも全力で潰してやります」と、シルバーウルフの先輩にあたる魔裟斗が2003年のK-1 WORLD MAX日本トーナメントに出場する際に言い放ったセリフを引用。  大夢は「思っていた形と違うんですが、こうしてベルトを巻くチャンスをいただけて嬉しく思っています。自分のためのトーナメントとだと思っています。過去の忘れ物をしっかり回収します」と、今度こそベルトを巻くと宣言した。  なお、リザーブファイトは2勝2敗4分の橋本裕也(K-1ジム五反田チームキングス)vs.初代KPKB(九州プロキックボクシング)フライ級王者で2勝2敗2分の石郷慶人(K-1ジム福岡チームbeginning)で行われることも決定した。 [nextpage] 記者会見での質疑応答 ――相手の印象は? 大鹿「2019年のK-1甲子園王者であり、K^1甲子園の王者対決だと思うのでしっかり勝ちたい」 山脇「(大鹿は)緊張しているのかなと思いますが、写真で髪の分け目が一緒だったのでそれだけ変えて欲しいです」 長野「一番強い相手かなと思っています」 大夢「1回戦も決勝もこのトーナメントは次のステージへ行くための戦いだと思っています。相手が誰でも力づくでねじ伏せます」 ――決勝の相手はどっちと戦いたい? 大鹿「戦いたいのは大夢選手。初代フライ級王座決定トーナメントの決勝で大久保選手と戦っているのを見てやりたいと思っています」 山脇「この前の会見の時も言わせてもらったんですが、大夢に1度負けているので決勝でやり返さなと思っています。でも、ベルトを獲ることが目標ではなく、獲ってからが大事だと思っています」 長野「大鹿選手とやりたい。ジムの後輩2人が負けているので借りを返します」 大夢「どっちが上がってこようが力づくでねじ伏せます」 ――ベルトにはどんな想いを持っている? 大鹿「他のものより大事だと思うのでしっかり獲りたいです」 山脇「ベルトを獲りたいよりも、勝ったらベルトが付いてくると思っています」 長野「ベルトには興味がなくて、誰が相手でも倒そうと思っています」 大夢「あの悔しさを忘れたことがありません。(大久保とも)いずれはっきりさせます」 ――若さ以外に自分が誇れるものは? 大鹿「フライ級といういうことでスピード感のある試合で楽しませます」 山脇「ここに並んだら僕は若くないので分かりません」 長野「全試合でダウンを獲っているので、フライ級の中ではパワーがあると思うのでパワーを見せたいですね」 大夢「覚悟の差です。死んでも勝ちます」 ――山脇選手は初代王座決定トーナメントに出場できなかった悔しさをどう思っている? 山脇「当日は直接会場で見させてもらいました。リザーブファイトも含めて6人ともめっちゃいい試合をしていたし、4選手の誰が勝ってもおかしくなかったと思うので、その中に僕がいなかったことが一番悔しかったです」 ――大夢選手は決勝で敗れた時はどんな気持ちだった? 大夢「あの悔しさは忘れない。(大久保に)いずれはやり返したい」 ――大夢選手はもしタイトルを獲ることが出来たら、フライ級をどうしていきたい? 大夢「このベルトを獲ってからがスタートだと思っているので、まずはスタートを切らないと意味がない。このベルトをまず獲ることがスタートですね」  ここで山脇がマイクを持ち、長野に「長野選手がさっきライオンがウサギを狩るようにって言っていましたが、僕らはウサギってことてすか?」と質問。長野が「そうですね。当日はそう思って狩りに行きます」と返答すると、「ウサギよりは強いと思うので、それより強いのでお願いします」とウサギと言われたのが不満そう。  では、何の動物だったら納得するのかと聞かれた山脇は「翼が名前に入っているから、空を飛ぶ系がいいですね」と言って笑った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント