キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈、不起訴発表後初コメント「過去は変えられない。突き進んでいくしかないと思っています」

2023/03/23 19:03
 2023年4月22日(土)東京・後楽園ホール『MAROOMS presents KNOCK OUT 2023 vol.1』にて、元KNOCK OUT-BLACK女子ミニマム級&アトム級王者ぱんちゃん璃奈(フリー)の本格復帰戦が行われる。  ぱんちゃんはKNOCK OUT-BLACK女子-49.5kg契約3分3R延長1Rで、ワン・チンロン(台湾/TKBA)と対戦。3月23日(木)都内にて行われた記者会見で発表された。  会見後には囲み取材が行われ、3月10日に不起訴処分(起訴猶予)が確定したことについてコメント。宮田充KNOCK OUTプロデューサーは「これ以上の余罪はないですとのことで不起訴になりました。被害者の方があってのものなので、やり取りや内容、事件の捜査の状況は我々が不用意には話せません。プロ活動を再開させていただいていますが、デリケートな部分なので話せないところがあることはご理解ください」と前置きした。  ぱんちゃんは現在の心境について問われると「試合の2日後に警察に行ってお話しをして、今月中には(結論が)分かると思いますと言われました。私もネットニュースを見て知って。あ、もう出たんだとホッとしました」と不起訴になったことはネットニュースで知ったという。  不起訴になっても厳しい声はあるが「それは変わらないと思うし、批判されるのは当然だと思うので、いろいろなコメントは来ますが、こう言っては何ですが気にはしてないです。その意見は当然だと思っています」と、批判は変わらず受け止めるとする。  その中でリングに上がることは「拳で見せていくしかない。過去は変えられないので未来、格闘技を頑張るしかないと思っています。この状況でも夢を追いかけられるし、助けてくれる人がいるのは当たり前ではない。恵まれていると思って突き進んでいくしかないと思っています」と、それでも応援してくれる人たちのために格闘技を頑張っていきたいと語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.326
2023年5月23日発売
MMAフェザー級特集。表紙の斎藤裕からクレベル・コイケ、鈴木千裕、金原正徳、UFCホロウェイらが登場。注目のフライ&バンタム級、6.3 K-1 WGPミドル級T、7.9 ラジャ2階級制覇に挑む吉成名高も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア