K-1K-1
SirikaSirika
K-1
ニュース

【K-1】一撃KOの木村“フィリップ”ミノル、改めてウェルター級トーナメントに意欲

2019/07/01 21:07
2019年6月30日(日)東京・両国国技館で開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』の一夜明け会見が、7月1日(月)都内にて行われた。  ウェルター級スーパーファイトで、IWKBFムエタイルールオーストラリア王者クルーズ・ブリッグス(オーストラリア)を1R1分37秒、右フックでKOしたK-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者・木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)が会見に出席。昨夜の試合を振り返った。 「僕自身、気持ちよく両国を楽しめた気がします。サポートのおかげなので感謝の気持ちでいっぱいです。手応えはめちゃあって、フィニッシュも拳に衝撃が凄い来て。でも特に痛くもなくて無事です。相手の方が心配ですね」と笑う木村。 「キックもステップワークも要所要所でいいタイミングで使えた。パンチ一辺倒だと相手はムエタイスタイルなので、やりやすいと思ったので効果的に出せたと思います。最後は和島(大海)戦と一緒。スイッチタイプと聞いていて、僕の前にサウスポーできたのは大誤算です。僕、得意なので。構えを見た瞬間に“もらった”と思いました」と、サウスポーに構えたのがブリッグスの敗因だと指摘した。  試合後には「少し休んでまた戻ってきます」と早くも次の試合に意欲を見せ、「全大会出場はヤバいけれど、それくらいの気持ちがある。(オファーがあれば)ファイターとして受けます。連戦だったのでリフレッシュ入れて、ファンがここで見たいってところで活躍出来れば幸せ」と、ファンが臨む場面に登場したいという。  また、開催を要望しているウェルター級トーナメントについては「ワンマッチではたくさん結果が出ているけれど、自分はまだトーナメントでは勝てていないのでやりたい。トーナメントで勝てる姿を見せたいのはあります。タイミングだと思うので、それをしっかり獲れるような準備をして。ウェルター級だからきついけれど、トーナメントは絶対にやりたいですね」と、万全の準備をしてその日を待ちたいとした。<関連記事>武居由樹が全試合KOでトーナメント完全制覇、ゲーオ陥落で安保瑠輝也が新王者に、不可思が無念のTKO負け、木村ミノル豪快一撃KO
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事