AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【DEEP】しなしさとこが42歳の強靭な肉体で計量クリアー「まだまだ女王の座からどく気はない」

2019/06/29 11:06
【DEEP】しなしさとこが42歳の強靭な肉体で計量クリアー「まだまだ女王の座からどく気はない」

元々筋肉質だったが、ウェイトトレーニングを取り入れてさらにパワーアップしたしなし

2019年6月29日(土)東京・後楽園ホール『DEEP 90 IMPACT』の前日計量が、28日(金)都内にて13:00より行われた。

 第7試合のミクロ級5分2Rで対戦する、DEEP女子フライ級王者しなしさとこ(フリー)は43.50kg、マドレーヌ(メルヘン王国#FIGHTTEAMミチバ)は43.95kgでそれぞれ計量をクリアー。


 これが1年2カ月ぶりの復帰戦となるしなしだが、逆三角形の見事な筋肉美を見せつけた。

 計量を終え、「心境は凄く落ち着いています。練習はリバーサルジム横浜で午前のプロ練習に参加させていただき、しっかりやってきました。それと若林次郎さん(サンボ全日本選手権2階級制覇)、瀧本美咲さん(元プロMMAファイター)が別々に稽古をつけてくれました。いい練習ができましたね。横浜には以前から行っていたんですがグラップリングしかやっていなくて、今回はMMAにチェンジして練習でも殴り合いをしました」と、しっかり練習を詰めたことが自信になっているという。

「やっぱり私、グラップリングの方が得意なんですよね。MMAになると半分も力が出ない」と、打撃はやはり苦手という本音も。


 しかし、ミクロ級(-44.0kg)が新設されたことは「素直に嬉しい」という。

「プロになって18年目にしてやっとです。今までは無差別でやっていたようなもの。60kgでやったこともありましたから、今までが異常でした。だから今日、相手の身体を見たら凄く細く見えました。それでも私は減量ではなく増量してきたんです。試合が決まってからの練習は緊張感があるので勝手に身体が絞られてきます。食事も毎日摂ってきましたし、昨日もおにぎりを4個食べました」と、実はミクロ級でも増量していると打ち明けた。

「筋肉量は増えましたね。フィジカルトレーニングを今までやっていなくて。元々筋肉が付きやすい体質なんですが、教えてもらったら身体が以前より強くなりました。転ぶところで転ばないようになったり。今までが独学すぎたので、今回は周りの力を借りようと思って」と、初めてウェイトトレーニングを本格的に始めた。その成果は「パウンドが重くなっています。お褒めのお言葉をいただいたくらいです。連打になると止まりません」と、パウンドが強化されたと語る。


 マドレーヌの印象については「ビックリしました。面白い方だと思いました」と、そのパフォーマンスに驚かされたが「細くてお腹がぺちゃんこ、手足が長くて身長も高いですね。あと腕が太いのでしっかり練習していると分かりました」と分析。

 新世代の挑戦を受ける図式となったが「まだまだ44kgの座ではどく気がないので、まだまだどかないよ、と言いたいです」と、世代交代をさせるつもりはないと断言。「ミクロ級のベルトができたらそれを獲りに行きます」と、ミクロ級でも女王の座に君臨するという。

 試合については「今回は楽しくやってきたことを出せたらいいな、と思っています。1年2カ月ぶりなので焦らないように行きたい。いつも焦って攻めあぐねててしまうので、落ち着いて5分2R、10分あるし、取り急がずにしっかり一本またはKOで勝ちたいと思います。パウンドでKOできたらいいですね」と、パウンドでのKOを予告した。

 さらに、「山本美憂選手とやれるならやりたい。機会があればやりたいです。同じ母親だし同年代だし、女子選手の人数が少ない時代を生き抜いてきた者同士で共通点が多いと思うんです。15kg差くらいになってしまいますが、チャンスがあればチャレンジできたらと思います」と、RIZINで活躍する山本美憂との対戦も希望した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事