キックボクシング
ニュース

【THE MATCH】志朗に勝利した玖村将史「那須川選手にいずれ戻ってきてほしい。その時は僕がK-1の代表として武尊選手のかたきを取りたい」=一夜明け会見

2022/06/20 21:06
 2022年6月19日(日)東京ドームで開催された『THE MATCH 2022』の一夜明け会見が、20日(月)都内にて行われた。  会見にはタイガーコーナー(K-1)で勝利した選手たちが出席。前夜の試合を振り返った。 大久保琉唯(K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER/K-1甲子園2021 -55kg優勝)※那須川龍心(TEAM TEPPEN)に判定勝ち 「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。東京ドームという大きな舞台に出場できたことを大変嬉しく思い、その舞台で勝てたことに大変ホッとしています。(K-1の先輩たちの試合を見て)みんな団体の看板を背負ってしっかり戦って。気持ちっていうのもそうですし、技術もまだ全然自分よりレベルもそうですけど上だと思ってるんで。そういうところをK-1の先輩を見習って、これから練習に励んで頑張っていきたいです」 玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス/第6代Krushスーパー・バンタム級王者/K-1)※志朗(BeWELLキックボクシングジム/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg優勝/RISE)に判定勝ち 「昨日、応援ありがとうございました。第一試合で金子選手が負けて、K-1の55kgのトップ2と言われてる金子選手が負けたんで、僕が負けたらK-1が舐められると思いました。絶対に負けられなかったんで、勝ててよかったです。この試合が実質55kgトップの試合と言ってたんですけど、その試合に勝ったんでK-1で金子選手に今年中にやり返そうと思ってます。  そこよりも昨日、メインイベントを見て思ったことがあるんですけど。今、那須川選手がボクシングに行ってしまうと思うんですけど、いい結果を出して、いずれ戻ってきてほしいと思ってます。その時は僕がK-1の代表として武尊選手のかたきを取りたいなと思いました」 マハムード・サッタリ(イラン/TEAM OTA/K-1無差別級トーナメント優勝)※内田雄大(TeamPeterAerts/HOOST CUP日本ヘビー級王者)に初回KO勝ち 「皆さんこんにちは。まずはこの場をお借りしてチームのみんな、ファンの皆さん、そして会場、PPVを通して応援してくださったみなさんにまずは感謝を申し上げたいと思います。今回の大会は自分にとっていい経験になったと思います。内田選手もすごく強い選手で、とてもいい経験になりました。これからは自分の次の試合にフォーカスして、昨日も言ったように世界のトップランカーとどんどん試合をしていきたいと思います。 (KOしたときの会場の様子を見て)やはりあれだけ大勢のファンの前でKO勝ちしたことは本当にいい気分ですし、次の試合に向けて、今後の自分のキャリアに向けてもすごくいいモチベーションになりました。アンディ・フグと同じように大勢の観客の前で試合が出来たことは本当にいい経験になったと思います」 シナ・カリミアン(イラン/POWER OF DREAM/K-1 WORLD GPクルーザー級王者)※山下力也(道真会館/MA日本ヘビー級王者)に判定勝ち 「まずK-1、RISE、ビッグイベントを開催してくださって本当にありがとうございます。そして会場に来てくださった皆さん、PPVを通して応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。自分にとって久々の試合になって、タフでしたけどもいい試合が出来たと思います。改めてこれからも応援よろしくお願いします。これからは次に向けて集中していきたいと思います」 和島大海(月心会チーム侍/K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者/K-1)※“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者/RISE)に判定勝ち 「押忍。昨日は応援ありがとうございました。試合内容的にも久しぶりにパンチでダウンを取れて勝てたんでよかったと思います。昨日はKO出来なかったんですけど、またKOを狙って試合出来るように頑張っていきます。(海人の試合を見て)そうですね。強いな、と思いましたし。日本人で70kgってなったら本当にトップだと思うので。機会があれば一回、試合をしたいと思います」 ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム/第4代K-1 WORLD GPライト級王者/K-1)※白鳥大珠(TEAM TEPPEN/第5代RISEライト級王者/RISE)に初回KO勝ち 「昨日は大きな大会で勝ちを収めることが出来て大変うれしく思っていますし、名誉に思っています。昨日、出場した全員、負けた選手、勝った選手、皆さんに本当にお疲れ様と言いたいです。スポーツには必ず勝ち負けが付きものですので、昨日の結果を受けてもまたみんなで頑張っていければと思います。 (KOしたときの会場の様子を見て)昨日の試合でKO勝ち出来た瞬間に、周りの景色が急に見えるようになって、知っている人の顔が一杯現れてきました」 安保瑠輝也(CLUB es/team ALL-WIN/第4代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者)※山田洸誓(正道会館KCIEL/RISEスーパーライト級王者)に判定勝ち 「昨日はたくさんの応援と、今までの格闘技人生で感じたことのないぐらいの歓声をいただいてありがとうございました。試合内容としてはやっぱり最初から言っていたようにKOで倒したかった気持ちもありますけど、まあひとまず勝てたことにはホッとした気持ちですね、今は。こうして東京ドームで僕自身が試合出来たのも、武尊選手、那須川天心選手、K-1そしてRISE、他の団体もそうですけど、たくさんの人のおかげであの場に立てたので、すべてのみなさんに感謝したいと思います。本当に昨日はありがとうございました。 (K-1勢が終盤3試合が負けてしまって)今こうしてK-1選手の中で代表として、僕が真ん中で座らして貰ってるんですけど。正直、まだ自分はその器じゃないと思ってるんですよ。だから、後半の3選手が負けてしまったことに関してはすごく悔しい気持ちですね。自分のことのように悔しいですし。自分は今、とりあえずこうして勝ち星を挙げて座れているんで、こっから先、K-1の代表と言えるような選手になっていきたいと強く思いますね」 (メインイベントを見て)人の試合で初めて、煽りVの映像を見て涙ぐんでしまう部分がありまして。二人の選手が築き上げてきたものというか。長い間、年月を掛けて。それこそ僕も『なんでこの対戦が実現しないんだろう?』とブログを書かせて貰ったり、SNSで那須川選手を攻撃するようなこともあったんですけど。そういうのもすべて、その1戦で6年、7年掛けて決するという。手に汗握るじゃないですけど、そういう感覚で。ちょっと言葉にあらわしようがないですね。感慨深かったです。  先ほど榊原さんもおっしゃってましたけど、キックで今回「THE MATCH」があって、二人にとって代わるような選手がすぐにいるわけじゃないですけど。数年後、またこういった舞台に『じゃあ、誰がメインカードでやれるんだ?』となった時に、安保瑠輝也の名前が挙がるように。人としても、選手としても成長してきたいと強く思った1日でしたね。(武尊に掛ける言葉があれば?)僕が掛ける言葉はないんですけど、本当に、胸を張って、笑顔でいてほしいな、って。それだけです」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント