キックボクシング
ニュース

【THE MATCH】YA-MANが宣言「これからは群雄割拠の三国時代。もっと面白い時代になる」MMAは年内デビュー目指す

2022/06/20 18:06
 2022年6月19日(日)東京ドーム『THE MATCH 2022』の第9試合で芦澤竜誠(DRAGON FISH/K-1)を1R1分49秒、KOしたYA-MAN(TARGET SHIBUYA/RISEライト級10位/RISE)が、20日(月)都内で行われた一夜明け会見に出席。前夜の試合を振り返った。  YA-MANは「まずこのTHE MATCH 2020という舞台を作り上げたのはやっぱり天心選手と武尊選手。この2人がいなかったらこの舞台は成り立たなかったと思うので2人に感謝を申し上げたいですね。あとは関係者の方々、直前になって冠スポンサーをご協賛してくださったYogibo CEOの木村さん、カッコいいなと思って。こういう大人になりたいと思いました。ここで一つの時代は終わったのかなと思いますが、時代の終わりは始まりだと思うので、これまでは中国の歴史で言うと項羽と劉邦の2強が争って昨日で時代が終わったと思う。これからは昨日アンダーカードでたくさんの強い選手がいることをファンの方々に見せられたと思うので、これからは個人個人が目立っていく時代になっていくと思う。  群雄割拠の時代と言うか、三国志と言うか、一人一人の役者がいる時代になると思うので、もっと面白い時代になると思っています。歴史で伝わっていて話になるのは三国志とか、役者がいっぱいいる時代なのでこれからはもっと面白い時代になると思います。RISEにも原口(健飛)選手がいるし、中村(寛)選手もいるし、白鳥選手も直樹選手もいるし、強い選手がいっぱいいるので、これからもっとキックボクシングとRISEに注目してもらいたいですね。これからは自分たち一人一人が団体を背負っていくつもりでみんな昨日の試合をしたと思うので、これからを楽しみにしていてください」と、二強時代は終わり、これからは群雄割拠の三国時代に突入していくと話した。  その中で自分の色をどう出していきたいかと聞かれると「自分はこのままですよ。俺は俺だで自分の色は勝手に出るので、どうしていこうはないですね」と今のままでいくとする。  また、MMAへの挑戦については「練習は今年の3月から長南亮さんの下で指導を受けていて、打撃はある程度出来ているのでグラップリングメインで練習していて。4月に試合があったので間隔はあいたんですが、これからはMMAメインの練習になっていくのかなって思います。デビューは今年中には一戦したいと思っています。(大晦日?)年内だったらどこでも。年内が目標なのでギリギリのところでも、大晦日でもいいかなと思っています。まずはグラップリングをやらないといけないので。何も出来ないので、素人に極められるレベルなので。そこを早くプロレベルに持っていかないといけないので、まずはそこをやっていく感じですね」と、年代デビューを目指していると語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント