MMA
インタビュー

【RIZIN】関西から突如現れたインパクト大の“人獣”中村寛が豪快KO勝ち「この戦い方をしていたら自然と名は売れる」

2019/06/02 19:06
 2019年6月2日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催された『RIZIN.16』。その第3試合で現HOOST CUP日本フェザー級王者・元RISEフェザー級王者の一刀(モンスタージャパン)を2R18秒でKOしたDEEP☆KICK 60kg級王者・中村寛(BKジム)が試合を振り返った。  中村は極真空手と日本拳法をバックボーンに持ち、1Rに右フックでダウンを奪い、2Rに左ハイキックで一刀を仕留めて8戦全勝8KOに記録を伸ばした。関西を主戦場にしており、関東登場が待たれる選手だ。 自分は“人獣”と言われるくらい相手をド突きまわすことしか考えていません ――試合の感想からお願いします。 「いつも通りできました。本当は、1Rは何もせんとこうと思っていたんですよ。一発も出さないでいいやって思っていたんですが我慢できなくて。セコンドがインターバルの間に流れる曲がカッコいいから聞かせろって言うので(笑)。でも、途中でもう倒していいよと言われたから倒しにいきました。 ――一刀選手と戦ってどうでしたか? 「凄く横の動きが多いですね、やってみて分かりました。あまり映像を見ていなかったので。縦の動きが多い人がキックには多いと思いますが、横の動きが多かったです」 ――カウンターを狙っている怖さは? 「怖さは全くなかったです」 ――その両手はどうしたんですか? 「7月にRISEで試合があるので念のため冷やしているだけです」 ――今後についてはどのように考えていますか? 「あまり計画はないけれど、7月にRISEでもKOして今年間に合えば年末のRIZINにも呼ばれて活躍したいですね。条件が合えば」 ――東京でも試合を重ねて名前を売ろうという気持ちは? 「この戦い方をしていたら、自然と名は売れると思っています」 ――連続KO記録(8戦8勝8KO)は意識していますか? 「まだ意識するほどではないですね。倒せる自信はあるのでやればKOできると思います」 ――大会場での試合はどうでしたか? 「会場の大きさは分からないです。自分は“人獣”と言われるくらいで、リングに上がったら相手をド突きまわすことしか考えていません」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事