AbemaTVAbemaTV
MMA
インタビュー

【RIZIN】山本アーセンが約2年ぶりの勝利に「めっちゃ気持ちいい!トンネルが長すぎて俺は才能ないかもって思った時期もあった」

2019/06/02 17:06
【RIZIN】山本アーセンが約2年ぶりの勝利に「めっちゃ気持ちいい!トンネルが長すぎて俺は才能ないかもって思った時期もあった」

約2年ぶりの勝利にご機嫌のアーセン

 2019年6月2日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催された『RIZIN.16』。その第6試合でティム・エスクトゥルース(米国)を1R2分4秒、KOで仕留めた山本アーセン(KRAZY BEE)が試合を振り返った。

「めっちゃ気持ちいい!」と2017年6月以来の勝利をアーセンは喜んだ。

毎分のように娘のことを考えていたので一言目に出たのが娘の名前でしたね

――試合の感想は?

「気持ちいいっすね。けっこう狙い通りでした。トレーナーのジョン・タックさんと2人で話し合ったことそのままでした。全て想定内と言ったら生意気かもしれませんが、予想通りでしたね」

――どのような狙いだったのですか?

「相手はブンブン丸でオーバーフックで距離を潰してテイクダウンしてくるので、構えを低くしてオーバーストレートで踏みこんだストレートをやるか、組んでのダーティーボクシングをするか。とりあえずテイクダウンされないようにしていました。向こうは柔道・柔術家なので。相手は大振りなので穴がたくさん見えていました、今回」

――冷静だったということですか?

「凄い冷静でした、不思議と。今回はずっと自分の力を信じろと言い聞かせて、一発一発全力を込めて殴ってやろうと決めていました。腹をくくっていたというか、一発も弱いパンチは出さないぞと思っていました」


――勝利した瞬間は。

「気持ち良すぎて覚えてない。トンネルが長すぎて、俺は才能ないかもって思った時期もありました。でもチームのみんなに一から勉強させてもらって再確認しました」

――次はどうしたいですか?

「KOで勝っていきたい。一本も取れるなら取りたい。臨機応変にいきます。全てにおいて準備しているので大丈夫です」

――試合感覚が開くことが多かったですが、次すぐにやりたいですか?

「GOって言われたら出ます。今日は美味しいお酒を母ちゃんと飲もうとしているので、今は自分のことは考えていない。母ちゃんのことで頭がいっぱいなので。とりあえず母ちゃんが勝ってからそれから喜びたいです」※母の山本美憂は第12試合に出場

――勝った後にマイクで「パパ勝ったよ」と言われていましたね。

「自分の娘の名前を叫ばせてもらいました」

――それは勝ったら言おうと決めていたんですか?

「いや、決めていなかったです。木曜日から大阪に入っているんですが、毎分のように娘のことを考えていて、自分の娘のことを考えると緊張がなくなるし、よしって気合いが入るし。勝ってトロフィーで遊んでやろうと考えていたので、本当に一言目に出たのが娘の名前でしたね」

――今日の自分のパフォーマンスについては?

「チームとしてヘッドコーチのにジョン・タックを中心としてみんながサポートしてくれたということで、。これまでやってきた全ての努力が実りました。自分のやってきたことが実ることはわかっていました。だからこの勝利をつかむことができました」


――力のある試合運びでしたね。

「自分のパワーを込めて、自分のパンチを信頼する中で試合を進めていき、KO出来るという強い気持ちを持って、欲をもって距離をとって戦うことを心掛けました」

――次の目標はどのようなことを描いていますか?

「自分はいつもファイトの時は相手を倒すことしか頭にありません。目の前の試合をひとつひとつ相手を倒すことに集中して、それが続いていくことでチャンピオンシップを狙っていくことになると思います。だから今は目の前の相手を倒していくだけです」

――娘さんのお名前は空さん?

「空ちゃんです。生まれたばかりなのでさんじゃなくてちゃんです。2月14日に生まれました。似てないんですよ。超ヨーロピアンで。女の子だから似てなくてよかったです(笑)。でも、筋肉や身体の柔らかさがお医者さんいわく、今まで見てきた中で一番きれいだって言っていたので、DNAは山本家を継いでいると思います。よかった」

――では、将来は総合格闘家に?

「総合は絶対にやらせません。自分を守るために柔術はやらせるかもしれません。自分がやりたいことをやらせますが、総合は絶対にやらせません」

――空という名前の由来は?

「男の子だったら自分が付ける、女の子だったら奥さんが付けるってルールを作って。ヨーロッパの伝統で奥さんのお母さんの名前を引き継がせるって言われて、それでいいよって言ったんですが、その翌々日に『空って名前がいい』っていきなり日本の名前を出してきて、さすが俺の嫁さんだって思いました。日本人じゃないのに日本のカルチャーを娘に与えたってことで凄くリスペクトしています」

VHTC ONLINE STOREVHTC ONLINE STORE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年7月号
2019年5月23日発売
復刊第2号! 6.14 NY MSGでBellator王者コールドウェルに挑戦する堀口恭司と、無敗のグスタボを下した朝倉未来がスパーリング対談。さらに武尊×不可思の盟友対談、那須川天心秘話、平成格闘技プレーバックも掲載!

関連するイベント

関連する記事