MMA
インタビュー

【RIZIN】朝倉未来戦に向け、斎藤裕が松嶋こよみとスパーリング「朝倉選手に近いところがある。収穫がありました」

2021/12/29 23:12
 2021年12月31日(金)さいたまスーパーアリーナ『Yogibo presents RIZIN.33』に出場する全選手のリモートインタビューが29日(水)に行われた。  第14試合のフェザー級(66.0kg)5分3Rで、朝倉未来(トライフォース赤坂)と1年1カ月ぶりの再戦に臨む斎藤裕(パラエストラ小岩)がリモートの囲み取材に応じた。 前回勝ったことをアドバンテージとしては見ていない ──試合を2日後に控えた心境をお聞かせください。 「心境は、あともう直前なので、あんまりこう変に昂ることもなく、いまは落ち着いていますね。 ──大晦日大会の印象は? 「印象……えーと『祭』。はい(笑)」 ──初の大晦日出場となります。 「今年はそうですね、巡り合わせがよくて、出るとなったのですが、あんまりこう、自分自身はお祭り気分にはなっていないというか。勝負なので、勝敗が決まってしまう。そういう意味ではいつもの試合と変わらないという感覚は持っています」 ──生中継があります。普段、格闘技見てない人に伝えたいことはありますか。 「そうですね……生中継。本当になんか、こういう機会というか、たくさんの人にみてもらう機会って、なかなかないと思うので、本当に格闘技が素晴らしいと思ってもらえる試合を一人でも多くの人に届けたいという思いはありますね」 ──対戦相手の朝倉未来選手の印象を聞かせてください。 「最近は色々技のバリエーションが増えている印象はあります。フィジカルトレーニング、自分でも言っていると思いますが、力を入れてやっているということでパワーもついているという気がしますね」 ──どんな展開になりそうでしょうか。 「こればっかりはやってみないと分かりませんが、いろんな試合展開を想定しています。打撃だけ・寝技だけではないと思いますね」 ──現時点で減量は? 「全く問題ないです。たぶんもう3キロ切っていると思うので、夜からちょっとずつ落としていきたいなと思いますね」 ──互いに罠をかけ、「先に動いたら負け」とも言われている神経戦になる可能性もあります。勝機のために自分からアプローチする考えは変わりませんか。 「はい。変わらないです。どの試合も一緒です。いろいろ駆け引きだったり、今の段階だと出方が分からないので、向かい合ってどうかというのはありますが、自分からアプローチは変わらないですね」 ──CAVEで練習を見ている石渡伸太郎塾長は「やれることが増えたとしても、MMAは足し算で強くなっていけるほど簡単じゃない」と言っていました。「MMAは足し算ではない」とすると、なんだと思いますか。「混ぜる」ことが難しい? 「難しいですね(笑)。やはり、総合格闘技、MMAという競技なので、単純に打撃が強くなったら全体的なバランスをみて上がっているか、というとそうではない。打撃強化、寝技強化と、パートパートで必要ではありますが、それを自分のMMAのスタイルにアジャストして試合に出せるかが大事で、それには試合経験も大事で、同じような相手と続けて戦うわけでもないので、自分の中で昇華してスタイルを完成させるのは大変です。経験はすごく大事だと思いますね」 ──その経験のなかで、CAVEではONE Championshipのタイトルにも挑戦した、レスリングも強い松嶋こよみ選手とも練習していました。それはどんな力になりましたか。 「スパーリングをやらせていただいて、松嶋選手が朝倉選手に近いところがあるんですね。だから、1回やっておきたかったというか。細かいことは言えませんが、収穫があったのでよかったなと思いますね」 ──朝倉選手は「自分が挑戦者」と言っていました。斎藤選手はどんな姿勢で臨みますか。 「再戦というかたちになるのですが、あんまりそういうのは、そこまで意識していないというか、朝倉選手も色々考えて作戦を立ててくると思うので、前回やったことはデータとして経験値としては残っていますが、それ以外のこともやってくると思うので、アドバンテージとしては見ていないです。変わらず、試合として緊張感を持って臨みたいと思います」 ──いつも落ち着きがあるように見えます。いつ通りというメンタルをどうやって作っていますか。 「試合によって浮き沈みしているようではいろいろよくないかなと思うところではあるのですが、全部。この先も、過去の試合もすべて勝ち負けで、選手の人生は左右されてしまいます。勝敗が出るまで、甘く見たりせず、どの試合でも変わらず、この試合が特別ではなく、全部が真剣にやっているので、変わらずということですね」──この試合を越えて目標は? 「正直そこまで明確には立てていないですね。勝ち負けで変わってくることも色々あるでしょうし、ファンの皆さん、応援してくださる方は、またチャンピオンになってほしいとも言ってくれていますが、今回勝って、そういうストーリーに繋げていけたら良いと思います」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント