MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来戦からの再起戦となる萩原京平「明後日は僕の日になる。僕が主役の大きな祭りが始まる」とバチバチの打ち合いを予告

2021/11/26 13:11
 2021年11月28日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール『RIZIN TRIGGER 1st』の出場選手オンライン個別インタビューが26日(金)に行われた。  メインイベント(第14試合)の66.0kg契約5分3Rで、昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)と対戦する萩原京平(SMOKERGYM)は「もうしっかり準備もしてきたのでワクワクしているのと、早く戦いたいなって思っている感じです」と試合が待ち遠しいとする。  RIZIN初のケージマッチに関しては「特にケージやから違う作戦があるわけじゃないですが、ストライカーの僕からしても立ちやすいですし、シンプルにケージはカッコいいので個人的にテンションが上がっています。シンプルに見た目、シルエットがカッコいいじゃないですか。その理由だけでう(笑)。昔からそれが理由でケージでやりたいと思っていました」という。「勝った後のパフォーマンスも考えているので、楽しみにしておいて欲しいですね」とも。  対戦する昇侍の印象は「男らしいというか、キャリアも長くて実績も残してきているし、この前の試合も相手がキックボクサーでも組みに行かず、殴り合う男気がある選手。ファイトスタイルが噛み合うと思うのでお客さんが望んでいる試合を見せられると思っていますね」と、噛み合う相手だとした。  そのうえで「相手の穴というか狙えるところも把握済みやし、昇侍選手と僕では距離も懐の深さも全く違ってくるので、そういう所を意識しながら相手のディフェンスが疎かなところを突いていく感じでやって行こうと思いますね」と、攻略に自信を見せる。  大きな話題となった10月の『RIZIN LANDMARK vol.1』では、メインイベントで朝倉未来と対戦して判定負け。「この前は自分の得意なところ、出したかったところが全然出せなかったので鬱憤が溜まっているところがある。今度の試合で全部開放してやろうと思っています」と、鬱憤を晴らしたいとする。 「期待していてください。バッチバチの一番盛り上がる試合をしようと思っているので圧倒的に勝ちます」とニヤリと笑う。  組み技については「正直レスリングの練習を本格的にやり始めたのは朝倉未来戦が決まってすぐだったので、試合で出せる技術や実力はまだ付いていないと思いますが、朝倉戦で対策していたことが今回まるまる使えるところがあるので、それが出せればグラウンドの実力も出せると思いますね」と、組みの展開になっても問題ないという。 「組み技は楽しいですね。柔術の試合もコンスタントに出たいと思っているし、岩崎(正寛)さんがり理にかなった伝え方をしてくれるので。疑問があっても正論で返答をもらえるので、そういう技術が試合でも出てくるようになれば面白いですね」  ならば今後は一本勝ちも増えてくるのかと聞かれると、「一本で極められる力も付けたいですが、自分はどこまでいっても殴り合い、ストライカーとしての勝ち方がカッコいいと思っているので、自分からテイクダウンに行くんじゃなく相手が組みで来るなら付き合うぞ、みたいなスタイルを目指していますね」と、あくまでも打撃で勝負をつけたいとする。  セコンドには「今まで就いてもらっている松山誠代表と岩崎さんが就いてくれるので、最強陣営が出来たと思っています」と言い、朝倉戦での課題となったニータップでのテイクダウン、さらに下になった時の対応についても「やってきました。そこも試合が終わってすぐに対処方法を岩崎さんに教えてもらって、反復練習しているので対策には自信があります」と克服してきた。  打ち合いに関しては「昇侍選手の得意な距離に飛び込んで戦うつもりはないので、自分の距離で自分の打撃を当てて相手の距離に入らない戦い方を意識してやっていこうと思っています。もちろんインファイトの打ち合いも練習しているし、新しい技もあるのでいろいろ試したいですね」と、基本的には自分の距離で戦うことを意識する。  今回は神戸での試合ということで「応援団も来てくれるのでホーム感があって楽しみですね。明後日は僕の日になるので、僕が主役の大きな祭りが始まるって感じですね」と、今大会の主役は自分だと笑った。  大晦日を意識しているかとの質問には「もちろん今回しっかり勝って年末も出場したいと思っていますけれど、目の前の敵をぶっ飛ばすことに集中しています。そこから話が来ると思うので、意識はするけれどまずは目の前の敵に集中します」と答えた。  SNSでは「減量で神経が研ぎ澄まされている」といった書き込みもあり、「減量すると五感が鋭くなるというか。言葉で表現するのは難しいんですが、研ぎ澄まされるというか。神経がいろいろなところにいくよになるし、心が燃えてきている、心が戦闘モードに入ってきている、そんな感じがしています」と、身も心も戦闘態勢に入るという。ならば試合中はいわゆるゾーンに入るという状態なのかと聞かれると「あまりそういうのはないかもしれない。我を失うことも。昔はよくありましたが、最近は全然ないのでそういう経験もしたことがないですね。セコンドも含めて観客の声すらも聞こえていますよ」と、意外と落ち着いた心境で試合が出来ているとした。  TRIGGERが今後も継続して行われるならば、ケージのチャンピオンベルトも作って欲しいかとの質問には「そういう別の大会でチャンピオンを作れるなら作って欲しいですね。自分はケージの方が絶対に似合っていると思うので。でも、リングのもケージのもどっちも欲しいです。両方でなれるつもりでやっていきます」と、リングとケージの両方で頂点に立つことが目標だと話した。  また、今大会に初参戦する同門の藤原克也について「簡単に説明するとストライカーで、僕が地下格闘技を始めた頃からずっと一緒にやっていた先輩で。とにかく試合が面白い。どっちかが倒れるまで殴り合うので、相手がそれに付き合ってくれたら盛り上がる試合になると思いますね」と太鼓判を押した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事