MMA
インタビュー

【RIZIN】砂辺光久が前田吉朗へのアツい想いを明かす「18年、僕が追い続けてきた選手なので彼としか出来ない最高の試合をしたい」

2021/11/18 18:11
【RIZIN】砂辺光久が前田吉朗へのアツい想いを明かす「18年、僕が追い続けてきた選手なので彼としか出来ない最高の試合をしたい」

村元の欠場で、自ら前田を対戦相手に指名した砂辺。「18年かけて辿り着けた」

 2021年11月20日(土)沖縄アリーナ『Yogibo presents RIZIN.32』の出場選手オンライン個別インタビューが18日(木)に行われた。

 第11試合の58.5kg契約5分3Rで、前田吉朗(パンクラス大阪稲垣組/ENCOUNTER)と対戦する砂辺光久(reversal Gym OKINAWA CROSS×LINE)は、「心境はいよいよだなって感じですかね。会見で『今回僕は“査定”だと思っています』と言ったんですけれど、チケットもめちゃめちゃ売れているみたいですし、スポンサーさんも集まっていて、あとは選手がその場でいいパフォーマンスを見せるいい舞台が揃ったかと思います」と、あとはいい試合を見せるだけとした。


 コンディションを聞かれると「今回から階級を上げて、それに向けてKJ PERFORMANCE GYMで増量も含めてご面倒見てもらったのでばっちりです」と、ストロー級から上げての第1戦も問題ないとする。

 地元・沖縄での開催については「いろいろ見ていると、沖縄の選手はRIZINが沖縄に来たぞ、出られるぞってだけで喜んで終わってしまっている。自分は20年沖縄を背負ってプロとしてやってきたので、沖縄の大将としてしっかり試合内容、結果を見せつける。彼らとの差も見せつけないといけないと思っています」と、沖縄のMMAをけん引してきた者としてのプライドをうかがわせるコメント。

「別にマスコミをディスるわけじゃないですが、沖縄で格闘技をやっていて強い選手もいるんですがなかなか取り上げられなかったので、その選手たちが少しでも認知されたらと思います」と全体を想う。

 対戦相手が当初の村元友太郎から前田に変更となったことには「最高です。この短期間でオファーを受けてくれた前田選手、もう巡り合わないのかなと思っていた選手に18年かけて辿り着けたので、最高の舞台であり最高の相手です」と喜び、「彼はいつでもオラオラでアグレッシブ。本当に最高の相手です。アツい試合をしたいです。18年、僕が追い続けてきた選手なので、彼としか出来ない最高の試合をしたいですね」と意気込んだ。


 今回の試合は「自分もあまり言いたくないけれど42歳、彼も40歳でキャリア終盤を迎えて来て。このタイミングじゃないときっと彼と出来ないのかなと思ったので、自分の新しい物語を作りたいと思って彼にオファーをかけてもらいました」というように、砂辺が村元の代打として自ら前田を指名したもの。

 両者は2003年5月に対戦し、5分2R判定で前田が勝利。砂辺はプロ5戦目で初黒星を付けられ、プロ2戦目だった前田は12連勝とスター街道を驀進していった。

「あの時に俺が勝っていたらこうなっていたのかなっていうのをその後の彼が見せていたので、早く彼にたどり着きたいと思っていました。僕の中でパンクラス王は彼なんですよ。18年ぶりに彼に勝つことによって自分がパンクラス王になれると思っています」と、数年前から自身のテーマとして掲げている『パンクラス王に俺はなる』が、前田にリベンジすることで達成されるという。

「彼に負けて何度か、もしかしたらここで勝てば挑戦できるって試合が何度かあったんですがそこで僕が負けてしまって。『何やってんの?』って声を懸けてきてもらったことがあります。それは待っていてくれたと僕の中で思っていて。18年かかりましたが、お待たせしましたって気持ちで挑みたいです」

 58.5kgという契約体重に関しては「通常体重が64kgまで上がりました。これまでは61kgでした。フライ級に上げるために筋量だけで上げて来て。今回の試合は、彼が言った体重でいいと言っていたので、60kgでも何でもよかったんです。前田選手と出来るなら何kgでもいいなと思っていました」と、戦えるなら体重は関係なかったとした。

 前田には「ありがとう」の言葉を伝えたいとする。「この期間で試合を受けることってほぼないと思うんですよね。彼も自分のジムを出すタイミングで試合をすることは凄くリスキーじゃないですいか。でも自分だかてくれたと思っていて。ありがとうと言いたいだけです

 砂辺にとっては約2年ぶりの試合となるが、「本当は今年2試合やる予定だったんです。パンクラスで暫定王座決定戦、それと7月にパンクラス沖縄大会をやる予定だったので練習はしっかりやっていました」と言い、その間の前田の試合については「彼が負けている2戦も見たんですけれど、連敗している自分が言うのもなんですがもうそろそろ終わりが見えてきたのかなと思って、早めに試合しないと彼とやれることはないのかなと思って一択で彼を選びました」と、前田との再戦を急いだ。

 しかし、自身はまだまだいけると思っていて「小見川道大選手とグランドスラムで練習しました。自分、出出稽古に行くのがグランドスラムなんですが、そこでは先輩が多くて42歳にして先輩と練習するという(笑)。宇野薫さん、勝村周一朗さん、所英男さん……そういった先輩方の姿を見ているので、もう42歳だなって言っていられなくて、行くと常にケツを叩かれるような気がします」と、いまだ現役で頑張っているレジェンドたちに刺激を受けているという。

「ノビシロだらけなんですよ。例えばグランドスラム行くと、2~3戦の選手が技術を教えてくれたり、今は平良達郎(THEパラエストラ沖縄)に週1でパーソナルというか技術を教わっていたり。もちろん松根良太にも教わっています。パフォーマンスでいうとフィットネスジムで減量の仕方を教えてもらったり。20年にしてノビシロだらけだと痛感しています


 2年のブランクに関しては「ハードルにはなると思いますよ。でも、自分の身体だったりスタイルを見直すいい機会だったと思っているので結果でプラスにします。経験はずっとあるので、全然ウチで練習している選手だったり、それこそ平良達郎と一緒に練習していたので、自分の刀は腐れてないです」とプラスにしたいと話した。

 また、今回の沖縄大会を“格闘技バブル”にしたくないという思いがある。

「これを続けていかないと意味がない。1回だけだと忘れられてしまう。定期的にRIZINを出来ることが沖縄の選手たちのモチベーションにもなると思うし、沖縄の格闘技の熱がボクシングだけでなくキックボクシングや総合格闘技にも向いてもらえればと思います」と、大会を成功させて定期的に沖縄大会が開催されるようにしたいとする。

 砂辺は2016年から発達障がいの児童を対象とした「放課後等デイサービスCROSS×LINE」を運営したりと、子どもたちのための環境づくりにも力を入れており、「中学3年の時に僕も腎臓を悪くして運動を止められていた時期があり、それを乗り越えて自分が求めてきたものを追及できているので、彼らにも夢を持ち続けて実現できることを、自分の姿を見せて勇気を持ってもらえたらと思っています」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事