ONEONE
MMA
インタビュー

【RIZIN】朝倉海の「凶暴な試合になる」に、ヤマニハ「私も同じ、モチベーションになる」=前日計量は両者パス

2021/09/18 12:09
 2021年9月19日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「Yogibo presents RIZIN.30」メインイベントのバンタム級(61kg)トーナメント2回戦(5分3R)で、朝倉海(トライフォース赤坂)と対戦するアラン“ヒロ”ヤマニハ(ボンサイ柔術)が9月17日、試合前インタビューに応じた。 【写真】18日午前の前日計量では、朝倉は60.90kg。ヤマニハは60.75kgでパスした。  6月の1回戦では、レスラー倉本一真とのタフな削り合いを制し、判定勝利したヤマニハ。同じく1回戦で渡部修斗を1R パウンドアウトした朝倉海との対戦に向け、開口一番「早く戦いたい、試合がしたい」と臨戦態勢であることを語った。  ヤマニハは海について「有名、強い選手。気も強い」と評価も、「でも、同じ人間ね。みんな一緒」と臆することなく語り、「両方アグレッシブ。だからいい試合になる」と、激闘を予告した。  来日当初は、ホベルト・サトシ・ソウザやクレベル・コイケと同じように、日系ブラジル人の“デカセギ”としてスズキの工場で働いた。日本に来てクレベルに誘われて柔術を知り、白帯から青帯までボンサイ柔術に所属。その後、仕事でいったん浜松を離れ、三重で東海ブラジリアン柔術、エクストリーム・バルボーザを経て、茶帯で再びブルテリア・ボンサイ所属となった。  現在は名古屋で務めていたセキュリティの仕事はいったん止めて、バンタム級ジャパンGP優勝に向けて集中しているという。 【写真】BELL WOOD GYMでの出稽古にて。鈴木博昭代表とボンサイ柔術勢(C)Hiroaki Suzuki  豊橋では元SB世界スーパーライト級王者の鈴木博昭代表が主宰するBELL WOOD GYMで、サトシ&クレベルらと出稽古も積んできた。鈴木はヤマニハの打撃について、本誌の取材に「獣のよう」と語る。 「ヒロは自分と体型が似ているから、その長所を活かす動きも授けやすい。ヒロや向かい合った時に、ちょっと獣のような打ち方をしてくるんです。サトシやクレベルと比べてもシンプルにパワーが強くて分かりやすい強さを一番持っている。ボンサイ勢ではありますけど、僕はむしろストライカーだと思っていました。『へえ、柔術黒帯なんだ』と後から知ったぐらい(笑)。以前はTSジムというけっこう荒々しい打撃のジムにいたこともあって、ボンサイ勢では一番ストライカーらしいストライカーだと思います」(鈴木)  ヤマニハも鈴木代表の指導を受け、「相手のスピードがちょうど当たるポイントのタイミングを教えてもらいました」と朝倉対策に自信を見せる。  今回の会見では、セコンドとして帯同したサトシ、クレベルがヤマニハをサポート。サトシは通訳も務めた。6月にクレベルが朝倉未来を三角絞めで極め、失神させての一本勝ちを決めたことから、このマッチアップは、「ボンサイチーム」vs.「朝倉兄弟」のライバル関係を背景に組まれたことが見てとれる。  サトシは、ヤマニハについて、「ちょっとパンチが違う。私はたくさんのライト級の選手とスパーリングをやっているけど、それと比べても彼のパンチは重い。試合のときは一回のミスから、ヒロのパンチが当たれば、KOのチャンスができる」と、その強打を持ってすれば元王者をKO出来る、と“ボンサイ柔術第4の男”の背中を押した。  メインイベントに向け、朝倉海は「RIZINでしか出来ない試合、凶暴な試合が出来たら」と語った。  その言葉を聞いた“小さな野獣”は、目を輝かせながら、しかし落ち着いた口調で、「それはモチベーションになる。私も同じです。ファンが面白いと思う試合になります」と、バイオレントな試合を望むところとした。  勝敗決めるポイントは何か? 「私にとってはいろいろなポイントがあります。パンチでもキックでも投げでも極めでも。だけど私の気持ちは極めです。極めで絶対に勝てます」。 [nextpage] Yogibo presents RIZIN.30 計量結果 2021年9月19日(日)さいたまスーパーアリーナ12:30開場 / 14:00開始 ※選手名から公開練習インタビュー、会見コメントへ※計量結果は配信中のもの ▼第10試合 バンタム級(61kg)トーナメント2回戦 5分3R朝倉 海(トライフォース赤坂)60.90kgアラン“ヒロ”ヤマニハ(ボンサイ柔術)60.75kg ▼第9試合 バンタム級(61kg)トーナメント2回戦 5分3R井上直樹(セラ・ロンゴ&ワイドマンMMA)60.85kg金太郎(パンクラス大阪稲垣組)60.75kg ▼第8試合 バンタム級(61kg)トーナメント2回戦 5分3R扇久保博正(パラエストラ松戸)60.85kg大塚隆史(T-Grip Tokyo) ▼第7試合 バンタム級(61kg)トーナメント2回戦 5分3R元谷友貴(フリー)瀧澤謙太(リバーサルジム東京スタンドアウト)60.95kg ※第6試合後(休憩前)に「石渡伸太郎引退セレモニー」 ▼第6試合 女子スーパーアトム級(49kg)5分3R浜崎朱加(AACC)48.80kg藤野恵実(FIGHT FARM)48.95kg ▼第5試合 ライト級(71kg)5分3R武田光司(BRAVE)矢地祐介(フリー)71.00kg ▼第4試合 フェザー級(66kg)5分3R佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイト・チーム)65.85kg堀江圭功(ALLIANCE)65.95kg ▼第3試合 フェザー級(66kg)5分3R太田 忍(パラエストラ柏)久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE/初代K-1 WORLD GPウェルター級王者) ▼第2試合 フェザー級(66kg)5分3R昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)65.85kg鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺/KNOCK OUT-BLACK スーパーライト級王者) ▼第1試合 RIZINキックルール(※ヒジ無し・掴み攻撃は1回)46.5kg契約 3分3Rぱんちゃん璃奈(STRUGGLE/KNOCK OUT-BLACK女子アトム級王者)46.45kg百花(魁塾/元ミネルヴァ・アトム級王者、RISE QUEENアトム級3位)45.85kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事