MMA
ニュース

【RIZIN】5連続KOの“暴腕”KNOCK OUT王者・鈴木千裕がMMAルールで参戦、迎え撃つは昇侍「ぶん殴って1R目からKOする」(鈴木)×「激闘を見せたい」(昇侍)

2021/08/11 14:08
【RIZIN】5連続KOの“暴腕”KNOCK OUT王者・鈴木千裕がMMAルールで参戦、迎え撃つは昇侍「ぶん殴って1R目からKOする」(鈴木)×「激闘を見せたい」(昇侍)

KNOCK OUTでKOの山を築く鈴木(右)がMMAにカムバック、昇侍と激闘必至の対戦

 2021年9月19日(日)さいたまスーパーアリーナ『Yogibo presents RIZIN.30』の追加対戦カード発表記者会見が8月11日(水)、13時から行われ会見の模様は公式YouTubeでLIVE配信された。

 KNOCK OUTでKOの山を築くKNOCK OUT-BLACK スーパーライト級王者・鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)が初参戦、MMAルールで昇侍(トイカツ道場)との対戦が決まった。66.0kg契約5分3R。



 鈴木は元々MMAファイターとしてパンクラス・ネオブラッド・トーナメント2018フライ級(56.7kg)で水谷健人、猿飛流、RIZINにも出場した杉山廣平を下し優勝。5勝2敗の戦績を持つ。体重超過がきっかけでMMAを離れ、2019年8月の『REBELS』でキックボクシングデビューすると、圧倒的な破壊力を誇るパンチで3連続KO。2020年2月のトーナメント準決勝で西岡蓮太に初黒星を喫したが、その後も怒涛の4連続KOを果たしている。7月のKNOCK OUTで宮越慶二郎を1Rわずか43秒でマットに沈め、5連続KOを飾ると共に初代KNOCK OUT-BLACK スーパーライト級王座決定トーナメントを制して王者となった。「判定なんてクソくらえ」とKO至上主義を貫く。戦績は10勝(8KO)1敗。

 昇侍は少年時代から野球に熱中、高校卒業後は航空自衛隊に入隊したが、プロ格闘家を目指して除隊。2005年7月にプロデビューした。パンクラスで活躍し、2006年10月には開始直後の飛びヒザ蹴りで“3秒”KOというMMA史上最短記録を作った。2008年1月にはライト級王座を獲得。同年12月からはDEEPに主戦場を移し、タイトルマッチも行ったが2013年6月に一度引退。2017年8月に復帰し、2020年9月にRIZIN初参戦で朝倉海と対戦した(2分37秒、KO負け)。前戦はDEEPで元谷友貴に一本負けしている。


 RIZIN初参戦、そしてMMA復帰戦となる鈴木は「RIZINファンの皆様、こんにちは。KNOCK OUTから来ました鈴木千裕です。ぶん殴って1R目からKOします。以上」と堂々のKO宣言。

 迎え撃つ昇侍は「またRIZINという最高峰のリングに立たせていただけることを光栄に思っております。また、キックボクサーである鈴木選手と対戦させていただけることで総合格闘家、ストライカーとして激闘を見せたいと思います」と、打撃での激闘を予告した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事