MMA
ニュース

【ONE】51勝7敗を誇る中国トップキックボクサーのチュー・ジェンリャン、TUFチャイナ優勝で元UFCファイターのジャン・リーポンと契約

2021/06/22 14:06
 2021年6月21日(月)、『ONE Championship』は中国の3人のファイターと契約を交わしたことを発表した。  1人目はチュー・ジェンリャンで、中国の国家ムエタイチームの一員として活躍。2013年中国ムエタイ選手権-75kg級で金メダルを獲得し、同年にプロデビュー。2014年WLF-65㎏級インターコンチネンタル王者、2014年S-1“皇后杯”王者、2015年S-1“泰皇杯”王者、2016年WLF -67㎏級世界カンフー王者、2017年GOH世界フェザー級王者、2019年ISKAスーパーフェザー級世界王者などに就いている中国のトップキックボクサーだ。  日本にも2017年7月に『Krush』に来日し、小宮由紀博から判定勝ちを収めているほか、2018年1月には長島☆自演乙☆雄一郎にもTKO勝ちしている。 (写真)Krushの小宮戦で後ろ廻し蹴りを放つチュー ディラン・サルバドール、ケム・シッソーンピーノン、イリアス・ブライド、ジョムトーン・チュワタナ、モサブ・アムラーニ、サゲッダーオ・ペットパヤタイといった世界に名を知られる強豪たちからも勝利を収めており、2016年8月にモロッコにてフランス人選手に敗れ以降は17連勝。中国国内だけで試合をしているわけではなく、ポルトガルやブラジル、スイス、タイ、アメリカ、ニュージーランドなどにも遠征して勝利している。戦績は51勝(23KO)7敗。  イギリス・ロンドンにあるラフバラー大学にてスポーツマーケティングの博士課程を取得するため2019年12月の試合以来競技から離れていたが、このONEスーパーシリーズ参戦を機に、再びバンタム級世界最高ストライカーたちと戦い、格闘技キャリアを再開することなった。  チューは「世界最大級の格闘技団体、ONE Championshipへの参戦が決まったことを誇りに思います。次のレベルで、自分の格闘技キャリアを歩めることをとても楽しみにしています。現在のONEでは、ション・ジンナンが唯一の中国人世界王者ですが、僕がすぐに仲間入りします。男子初の中国人ONE世界王者として歴史に名を刻みたいと思います」と、王座獲りを宣言している。  2人目はバンマ・ドゥオジ。23歳のバンマは2019年の敗戦まで12勝を誇ったほか、2018年に放映された映画『Golden Belt』に出演するなど、中国で人気を持つ格闘家の1人。MMAストロー級に参戦する。  3人目のジャン・リーポンは2008年にキャリアをスタートしたベテラン総合格闘家で、2014年に中国で行われた『The Ultimate Fighter: China』(TUF)に出演。ウェルター級トーナメントで優勝してUFCとの正式契約を獲得し、同年8月の『UFC FIGHT NIGHT 48』にてUFCデビュー。その試合では勝利を収めたが、以後の2試合で敗れてリリース。  中国に戻ってからはRoad FCとクンルンファイトで活躍し、2015年10月から2019年9月まで24戦して21勝という好成績を残す。戦績は30勝11敗。ジャンもまた、2019年9月以降は試合を行っておらず、ONEで格闘技キャリアを再開。MMAライト級での参戦となる。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事