キックボクシング
インタビュー

【RIZIN】那須川天心が「茶番」との声に反論「僕はそうは思えない。今までの中で一番難しい試合になるんじゃないかな」

2021/06/11 19:06
 2021年6月13日(日)東京ドーム『Yogibo presents RIZIN.28』に出場する全選手のオンライン個別インタビューが、11日(金)に行われた。  セミファイナル(第9試合)で1vs3の変則マッチに挑む那須川天心(TARGET/Cygames)が、インタビューに答えた。  那須川は若手キックボクサーの大崎孔稀(OISHI GYM)、ベテランキックボクサーのHIROYA(TRY HARD GYM)、そして当日発表の「X」と1人1Rずつ、3R連続で戦う。ルールはボクシングに準じたルールだが、バックハンドブローとスーパーマンパンチは認められる。 ――現在の心境は? 「今までとは違う感じですね。試合前から。ルールが違ったり、相手が3人だったりするので、心境は今までと違う感じはしますね。どう違うかは分からないですけれど」 ――対戦する3人の印象は? 「体格だったり体重だったり、選手によってスタイルも全部違うので、みんなが思っているほど簡単にはいかない試合になるんじゃないかなと思っています」 ――どういう展開を予想していますか? 「これも分からないですね、正直。1試合目の選手は体格的には一緒なので、どういう戦い方をしてくるかも分からない。いきなりガーッと来るかもしれないし、様子を見てくるかもしれないですし。1Rしかないので必死で殴って来ると思うので、僕も体力温存というわけにはいかないのでしっかり倒しに行くしかないと思います。HIROYA選手は階級差もかなりあるので、真っ向勝負すると分が悪いなと思うからしっかり動いて距離をとって、自分のスタイルで戦えればと思います」 ――今回の髪色のテーマは? 「1vs3の変則マッチということで変則的にしました(笑)。6色です。金、オレンジ、ピンク、紫、青、グリーンです」 ――凄く派手なのは東京ドーム仕様ですか? 「変則マッチなので変則で行こうかなと思って(笑)」 ――大崎孔稀選手にはファイターとしてどのような印象が? 「元々僕のジムの選手がやるかもしれないというのがあったので、そこで多少見てたりはしていました。いま勢いのある選手ですよね。RISEの53kgが盛り上がっていますし、今後RISEの中でもトップの方に行く選手なので、勢いがありますよね。僕より年下ですし。早い段階で僕とやりたいと言ってきたので、非常に将来性がある未来のある選手だという印象です」 ――HIROYA選手は? 「僕がテレビで見ていた時にもう活躍していたじゃないですか。しかも“神童”みたいに言われていたので。昔からずっと見ていたというのがあります。体重は大分重いですけれど、時代を引っ張ってきた素晴らしいファイターだと思います。前回(大晦日)いきなり出たりしましたし、その前も急遽参戦しましたし、本当にファイターの鏡のような選手だと思います。僕の中でですけれど、格闘家はいつ何時、試合が組まれてもいいように用意しておくのが格闘家だと思っています。それを実行しているファイターかと思います」 ――HIROYA選手もジュニアで活躍してからプロになって、いわばその走りのような選手じゃないですか。 「そうですね。魔裟斗二世と言われていて。ジュニアの頃からずっとやっていたのもありますし、親近感ではないですけれど、そういったものはあります。年は上ですが、そこまで変わらないんじゃないですか?(HIROYAは29歳と聞いて)もっと上かと思っていました。あ、僕はまだ22歳か。けっこう差はありましたね(笑)」 (写真)パンチのみの試合は2019年6月の亀田興毅戦以来となる那須川――3人目に関してはどうですか? 「ここでこの選手が来たか、というのがありましたね。僕が昔から非常に好きな選手です。何をやってくるか分からないという所があるファイターなので、そこは注意したいと思いますね」 ――3試合全てでKOを狙っていくんですか? 「そのつもりで戦いますけれど、本当に分からないです。どういう状況でどういう試合になるか分からないです。全員フルで来られるので、みんなが思っているよりけっこうキツい試合になので。試合前からいろいろ賛否両論あって、こんなの茶番だろと言ってくる方もけっこういたんですけれど、僕はそうは思えないですね。けっこうハードと言うか、今までの中で一番難しい試合になるんじゃないかなと考えています」 ――朝倉未来選手がこの試合に関する質問をされて「天心君はちょっと危ないんじゃないかなと思っていますね」と答えていました。 「危ないですよね。誰がどう見ても危ないと思う。未来さんはやっぱりちゃんと分かってくれていますね」 ――言われているようなエキシビションだろ、茶番だろ、というような試合では全くないということですね。 「自分の中ではそうではないです。ハードマッチになったと思っています。誰も見たことがないからいろいろなことを言うのであって、ここでしっかりと見せたいなと思います」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事