キックボクシング
ニュース

【RIZIN】皇治の挑発で梅野源治の怒りに火が着いた「サクッとか…やれるもんならやってみろ。分からせてやるよ」

2021/05/05 22:05
 2021年5月30日(日)丸善インテックアリーナ大阪『RIZIN.29』で行われる61kg級のキックボクシングルール・ワンナイトトーナメント(3分3R・延長無し)。出場選手は皇治(TEAM ONE)、白鳥大珠(TEAM TEPPEN)、高橋亮(真門ジム)、梅野源治(PHOENIX)の4名で、準決勝の組み合わせは皇治vs梅野、白鳥vs高橋となった。  その梅野と皇治がSNS上での“前哨戦”で火花を散らしている。 (写真)抽選で当たりを引いた梅野が初戦の相手に皇治を指名。皇治は何も反応しなかった 梅野は記者会見の翌日、「5/30 その漢とリングで闘う」と、皇治を“漢”だと認め「拳をあわせていろいろと学ばせてもらおうか。そして、俺も教えてやるよ」と綴り、ハッシュタグの「拳で語ろう」との言葉通り拳で会話しようとした。そして自分は「積み上げてきた歴史の重さを」教えてやるとした。  すると皇治が5月4日には、その梅野の言葉へのアンサーと思われる投稿をした。皇治は「偉大なムエタイ王者」と書き出すも「今はただのひょっとこムエタイ」と、会見でも言ったように梅野はもうピークを過ぎているとする。さらに「かかってこい。こっちは優勝せなカッコつかんのやわ。おたくと語りあっとる暇ないんやわ。サクッと次に行かせてもらう」と、梅野の「拳で語ろう」との言葉に対して、そんな暇はないと短時間でのKO決着を予告した。  リスペクトの姿勢を見せる梅野に対して、明らかに挑発的な皇治。すると今度は梅野がこの皇治のツイートを引用し、「ほとんどの人は力量や器、自分のおかれた現実に折り合いをつけながらやっていく。でも、そんなの無視して限界を決めないで折り合いなんてつけないで突っ走ってきたんだろ」と、皇治が理想と現実に折り合いをつけずに突っ走ってきた、とその姿勢をまず評価するような言葉。  しかし、続けて「サクッとか………やれるもんならやってみろ。分からせてやるよ」と、俺が現実を教えてやると言わんばかりの強い言葉で締めくくった。梅野の怒りに火が着いたようなこの投稿。皇治が現実を突き付けられるのか、それとも梅野が皇治の言うように脇役にされてしまうのか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事