キックボクシング
レポート

【REBELS】小笠原裕典と炎出丸が初参戦組に敗れる波乱の中、小笠原瑛作が3度ダウン奪う圧勝で牙城を守る

2021/01/11 20:01
【REBELS】小笠原裕典と炎出丸が初参戦組に敗れる波乱の中、小笠原瑛作が3度ダウン奪う圧勝で牙城を守る

ヒザ蹴りの連打で畳みかける小笠原(右)。KOは逃したが合計3度のダウンを奪う圧勝だった 撮影/安村発

『創世のタイガ』&『無法島』PRESENTS REBELS ~New Year Festival~
2021年1月11日(月・祝)東京・新宿FACE

▼第3試合 55.5kg契約 REDルール 3分3R延長1R 
○小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/ISKA K-1ルール世界バンタム級王者)
判定3-0 ※三者とも30-24
×松岡宏宜(闘神塾/前KOSスーパーフライ級王者)


 小笠原は2020年1月にタイのオトコー3スタジアム、2月にルンピニースタジアムで勝利を収め、9月から開幕した「REBELS-RED 55.5kg級王座決定トーナメント」1回戦では壱・センチャイジムを崩し技でマットに頭を打ち付けてダウンを奪い、最後は右フックでKO。11月の準決勝では難敵・宮元啓介に判定勝ちして全勝で2020年を終えた。


 今回対戦する松岡はREBELS初参戦で、12勝(7KO)6敗の戦績をもつ23歳の前KOSスーパーフライ級王者。


 1R、序盤から小笠原が左ミドル主体の速い攻めを見せて主導権を握る。松岡は回り込みながらパンチを出していくが、小笠原のローブローで試合中断。ダメージが大きくしばらく時間を取って再開。松岡のガードの上からでもガンガン蹴りを入れる小笠原は崩しも見せて松岡のペースを乱していく。


 2Rには、左ミドル連打の小笠原がバックブローからパンチ連打でダウンを奪う。鼻血を出しドクターチェックを受ける松岡だったが、一切気持ちを切らすことなく距離を取ってバックブローなどの攻撃を出してかく乱する。


 3R、手数の落ちない小笠原は左ミドル連打。さらに組んでからのヒザ蹴り連打で一気に追い込み立て続けに2度のダウンを奪う。それでも立ち上がる松岡を畳みかける小笠原だが、再びローブローを放ってしまい試合中断。パンチを被弾する松岡は鼻血も大量に出しドクターチェックも入るが、残り30秒あるため、本人が強く試合続行を希望。


 再開後も、小笠原が左ミドル、ヒジ、ヒザと一方的な攻めを見せる。タフな松岡を最後まで仕留めることはできなかったが、小笠原が大差を付けて判定勝ちした。


 マイクを握った小笠原は「こんな時期に無事に試合ができることが幸せです。今年は『REBELS』『KNOCK OUT』を背負って、大きいところに必ず持っていきます。皆さんも僕に付いて格闘技を盛り上げていきましょう」とアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事