EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
レポート

【UFC】117秒、一本勝ちで初防衛に成功したフィゲイレードが史上最短21日間隔の12.12「UFC256」でブランドン・モレノ相手に連続防衛戦へ「フライ級がエキサイトな階級だと分からせる」

2020/11/23 15:11
 2020年11月21日(日本時間22日)米国ネバダ州ラスベガスの「UFC APEX」にて「UFC 255」が開催され、王者デイブソン・フィゲイレード(ブラジル)が、同級4位のアレックス・ペレス(米国)に、1R 1分57秒 ギロチンチョークで一本勝ち。初防衛に成功した。  試合後、フィゲイレードは、同大会でブランドン・ロイヴァルを1R TKO(ロヴァルが右肩脱臼)に下した同級1位のブランドン・モレノ(メキシコ ※写真下)との対戦をアピール。  12月12日の「UFC 256」で予定されていたバンタム級タイトルマッチの王者ピョートル・ヤン vs. 挑戦者アルジャメイン・スターリングが、ヤンの「個人的な理由」による欠場で延期となり、さらに、女子フェザー級王座戦のアマンダ・ヌネス vs. ミーガン・アンダーソンもヌネスの負傷欠場により中止となっているため、「フィゲイレードvs.モレノ」のフライ級タイトルマッチがメインカードになる可能性が高まっている。  インターバル21日で王者と挑戦者がタイトルマッチに臨むのはUFC史上最短となる。 ▼UFC世界フライ級選手権試合 5分5R◯デイブソン・フィゲイレード(ブラジル)王者[1R 1分57秒 ギロチンチョーク]×アレックス・ペレス(米国)4位/挑戦者※フィゲイレードが初防衛成功  MMA19勝1敗の王者フィゲイレードは、UFC8勝中、6勝を一本・KO勝利しているフィニッシャー。2017年にUFCに参戦し、2020年2月のフライ級王座決定戦でジョセフ・べナビデスを2R、右ストレートでTKOも、体重超過により王座獲得の権利を剥奪。その後、7月のダイレクトリマッチでベナビデスを1R リアネイキドチークで絞め落とし、晴れて王者となっている。今回が初防衛戦。  対する挑戦者のペレスはMMA24勝5敗でランキング4位。当初、元UFCバンタム級王者のコーディ・ガーブラントがフィゲイレードの王座に挑戦予定だったが、ガーブラントが怪我で欠場。代役としてペレスの出場が決定した。ペレスはタチパレスファイトで活躍後、RFA、KOTC、CFFCを経て、UFC人材発掘の「ダナ・ホワイト・コンテンダー・シリーズ(DWCTS)」から参戦。UFC戦績は6勝1敗。うち4勝は一本・KOをマークしている。  コールに雄叫びを挙げた“獣神”フィゲイレード。  1R、オーソドックス構えのペレスにサウスポー構えのフィゲイレード。開始早々、ペレスが右ハイで牽制。かわすフィゲイレードも左の前蹴り。バックステップでかわすペレス。オーソにスイッチするフィゲイレードだが、すぐにサウスポーに戻し左ミドルをヒット。手の位置は低い構え。  ワンツーで飛び込むペレスを左にかわすフィゲイレード。右前手で拳を触りながら、再び左ミドルをヒット! ノーガードで詰めるとオーソから左ボディで飛び込み。そこにペレスも左を合わせに行く。  サウスポー構えになるフィゲイレードに右ローから右ミドルのダブルはペレス! オーソから詰め直すフィゲイレードは右フック。その打ち終わりにペレスはニータップからシングルレッグで左足を肩口まで上げるが、足を刈られない片足立ちのフィゲイレードは、カニ挟みからペレスの右足をキャッチ。  足を抜いたペレスは上を奪いに行くが、正対したフィゲイレードがカウンターで左手でアームインギロチンへ! 首の対角に回ろうとするペレスをしっかりクローズドガードの中に入れるフィゲイレード。引き込まれなよう上半身を片ヒザ立ちまで立てたペレスだが、タップした。  初防衛に成功したフィゲイレードは、試合後、ジョー・ローガンのインタビューに、ヴァリッジ・イズマイウの通訳を通して、ブランドン・モレノとの対戦に名乗りを挙げた。 フィゲイレード「セフードは立派だった。でもこの階級のチャンピオンは俺だ」 ──すごいサブミッションでした。初防衛成功です。 「ウィザーズマスターって呼んでくれていいぜ。合宿中にもコーチたちと約束していたんだ。こうなるって伝えてきたし、思っていた通りになった。このためにトレーニングしてきたし、その通りのことが起きた」 ──サウスポー構えだったのは、カーフキックを警戒していたから? 「その通りだ。相手の蹴りをもらわず、自分の蹴りを当てるために。相手はこれまでの試合で俺の蹴りを一度も見ていなかったからスタンスを変えたんだ。キックを放っていけるとは思っていたけど、向こうはそれを映像で見たことがないからね」 ──今後、対戦したい相手は? 「ブランドン・モレノとやりたい。ダナ、かなえてくれよ。俺がやりたいのはその試合だ。俺はモレノをぶちのめす。あいつは俺のことを散々言ってるからな」 ──12月12日の「UFC256」だと21日後です。調整するのは大変では? 「調整が大変なのはモレノも同じだろ?」 ──今回はパワーだけじゃない。あなたの総合力を見せつけられました。あんなに綺麗なテイクダウンからサブミッションのトランジションを見たのは久しぶりです。 「あのポジションは俺にとっての基礎だ。あそこからトレーニングを始めたし、きっとあいつならあのポジションでチャレンジしてくると思っていた。それがあいつにとっては最大のミスさ。オクタゴンで犯しちゃいけない最大のミス。俺はそうなると分かっていたから、それでジ・エンド。ブラジルのみんなを愛している。パウンド・フォー・パウンドの一番は俺だ!」 ──今後の展望をお聞かせください。 「この階級で一本やKOを自分が見せていくことで、フライ級はエキサイトな階級だと、みんなに理解してもらうことが大事だ。フライ級で一本勝ちやKOが生まれるエキサイトさを伝えることにはカネに換えられない価値がある。俺は長期政権になることを約束するよ。いいかい、いまから言うことは必ず書いてくれ。セフードは立派だった。でもこの階級のチャンピオンは俺だ。チャンピオンは俺で、この階級を制圧する。世界にそれを証明する。おれの言った全ては現実となる。そのことを忘れるな!」 ▼フライ級 5分3R○ブランドン・モレノ(メキシコ)[1R 4分59秒 TKO] ※右肩脱臼×ブランドン・ロイヴァル(米国) ◆ブランドン・モレノ「俺こそが次のタイトル挑戦者」「今回の試合はかなり緊張していた。ブランドン・ロイバルはこの試合に挑むにあたって失うものがなかったからね。俺はこの試合にすべてをかけた。ランキングも、これまでの取り組みも、経験も、すべてだ。本当に緊張した。今はここにこうして勝者としていられることがうれしい。UFCが俺のポジションを尊重してくれて、これまでの仕事ぶりに敬意を払ってくれることを願っている。今回の試合は自分にとってスペシャルなものだったし、1Rで勝った。ブランドン・ロイバルを相手に1Rで勝負を決めたんだ。あいつは危険なやつだし、彼はこのスポーツの、このフライ級での将来がある。今日は俺の番だった。俺こそが次のタイトル挑戦者だと思っている。みんなにはとても感謝している。みんなのサポートに心から感謝している。これは始まりに過ぎない。まだまだここからがハードなパートだけど、すべてをかける覚悟はできている」 [nextpage] ▼UFC女子世界フライ級選手権試合 5分5R○ヴァレンティーナ・シェフチェンコ(キルギス/王者)[判定3-0] ※49-46×3×ジェニファー・マイア(ブラジル/3位/挑戦者)※ヴァレンティーナが4度目防衛 ◆ヴァレンティーナ・シェフチェンコ「姉も勝ったからダブルで嬉しい」 「毎回、勝利が本当にたくさんの幸せをもたらしてくれる。最高の気分よ。勝利後としては今まででベスト。今日は姉も勝ったし、私も勝ったから、ダブルで最高にうれしい。私たちにとっては大勝ね。誰とでも戦う覚悟よ。対戦相手を選んだことはない。誰がきてもやる。ジェシカ・アンドラージ対ローレン・マーフィー戦はもう一度やるべきだと思う。ローレン・マーフィーがとても素晴らしかったから。でも、もうひとつの疑問として、私が長く待ちたいかと聞かれれば、待ちたくない。やっと、ケガから復帰して、かなり長く待ったから。もう、そんなに長いこと待ちたくない」 ▼女子フライ級 5分3R○アントニーナ・シェフチェンコ(キルギス)[2R 4分33秒 TKO]×アリアネ・リプスキ(ブラジル) ◆アントニーナ・シェフチェンコ「毎日、お互いをサポートしてきた」 「本当に最高の気分よ。この勝利が必要だった。トレーニングキャンプの間はずっと勝利のことだけを考えてやってきたの。もちろん、今日は妹と一緒に戦っている。私たちは2人とも勝たなければいけないの。自分のパートは自分でやらないと、と思っていたし、もちろん、これまでの負けで疑念はあっただろうし、私も疑念はあった。自分自身に対して証明してみせる必要があった。成長するし、また戻ってきて勝利を挙げてみせる。  いい意味で違っていたわ。私はこういうのが好きよ。ムエタイで戦う前に、私とワレンチナが同じイベントに出たことがあるんだけど、一緒に試合に出てからもう何年も経っている。今回はかなり団結できていたわ。とにかく毎日、お互いをサポートして、誰も文句なんて考えもしなかったわ。文句でも言おうものなら、ワレンチナがどう思うかしら? ワレンチナが文句を言えば私がどう思うかという話よ。だから、すべて支え合ってきたし、トレーニングの雰囲気もすごく良くて、家でもいい感じだったわ。  この3カ月、私はダイエットに励んできた。すべて正しくやりたかったから、ダイエットもすべて、必死に取り組んできた。ケーキを食べることもなく、ソーダも飲まずにね。認められていないものは何ひとつ食べていないわ。ほぼ毎日、リストを作っていたの。終わったらやりたいことのリストよ。だから長くなっちゃったわ。今日からお祝いできるはずよ」 [nextpage] 【メインカード】 ▼キャッチウェイト 5分3R○ティム・ミーンズ(米国/171lbs/77.56kg)[判定3-0] ※30-27, 29-28×2×マイク・ペリー(米国/175.5lbs/79.61kg)* ※ペリーが体重超過 ◆ティム・ミーンズ「ゲームプランがうまくいった。減量もうまくできたしね。俺たちに軍配が上がるようにやってきたし、望んでいたよりも少しだけ遅いオファーだったけど、いい形で勝ててうれしい。コーチたちはかなり時間をかけてくれた。彼らのために勝利できて満足しているし、勝利街道に乗ったまま家に帰れるのはうれしいね。向こうはきつい減量だったみたいだから、ごまかそうとしていたけど、昨日、ステージに立ったときにごちゃごちゃ言っていて、試合ができるところまでの減量をすればよかったとか。あいつが決意を持って強い気持ちで挑んできたのは分かっていたから、嵐を巻き起こして、ラウンドの終盤に襲いかかってやるつもりだった。強くて忍耐もある。確実なショットを打ち込んでも、向こうは下がらない。気持ちが入ったやつはとても強いんだ」 ▼女子フライ級 5分3R○ケイトリン・チョケイジアン(米国/125.75lbs/57.04kg)[判定3-0] 30-27×3×シンシア・カルビーヨ(米国/124.5lbs/56.47kg) ◆ケイトリン・チョケイジアン「これぞ典型的なケイトリンの試合ね。スティック、ジャブ、動作、キック、完璧だったわ。ジムでのスパーリングに比べたら簡単よ。だから、文句はないわ。とても気に入っているの。彼女のスタイルは単にワンツー、ワンツーで前に出るだけだし、テイクダウンを取ろうと打ってくるだけ。前に出てくるとジャブを食らうから、難しいのよ。私はスパーリングやトレーニングで対応してきた。私の試合は大半が、相手が私にプレッシャーをかけてくるだけで、前進あるのみだから、私はフットワークと距離感を生かして動き回る。今回は3週間のキャンプだったけど、これがベストなのかもしれないと思うから、この試合に向けた準備は特に問題なかったわ。負ければすぐにでも試合に戻りたいと思うし、特にケガがなくてボディショットだったとしたら最悪ね。できるだけ早く戻りたかったの。早く試合してまた勝ちたかった。だから満足している。  今はワレンチナが門番をしているようなものだけど、彼女とやるなら私を倒していかないといけないはずなのに、私との試合を受けずに彼女とやりたがる子が多いのはおもしろいわ。だから、シンシアとやれて本当にうれしい。彼女は私との試合を受けてくれた。受ける必要はなかったのにね。もっと楽な試合だってできたはずだから。少し待って、ローレン・マーフィーと闘って勝てば、タイトル挑戦の話だって出てきたはず。でも、彼女は私との試合を受けてくれた。リスクだってことは分かっていただろうし、これでタイトル戦線からは脱落した」 ▼ライトヘビー級 5分3R○ポール・クレイグ(スコットランド/205.5lbs/93.21kg)[2R 3分36秒 TKO]×マウリシオ・“ショーグン”フア(ブラジル/205.5lbs/93.21kg) ◆ポール・クレイグ「自分のパフォーマンスはかなり良かったと思う。ストライキングの能力を示せたし、レスリング力も見せられた。危険なポジションでもやれること、ショーグン・フアみたいなレジェンドを相手にしても勝てるってことも示した。ショーグンは年を取ったけど、それでも、俺たちがずっと見てきたショーグンのままだ。最初のラウンドは俺たちが取ったと思っている。ストライキングを生かし、気持ちだって出せていけたし、押し込んでもいけた。そこからは、第1ラウンドでやっていたことを3ラウンドとも再現していけばよかったし、それを目指していた。フィットネスやコンディショニング、パッドワークも改善しているし、彼以上にたくさんのことに取り組んできたから、強さも増していれば、アグレッシブさも負けていない。今日はそれを示せたと思う。  ショーグンを相手に、今日は自分の若さと精力的な活動性を発揮できた。彼の経験は俺の若さによって影が薄くなったんだと思うよ。トップ15に入るまで4年かかった。今の目標はタイトルを取ること。それを2021年が終わる前にやりたい。2021年末までにそれをかなえたい。タイトルをかけて戦いたいし、誰の手にあろうとも奪ってみせる。タイトルは手の届くところにあると思うし、もしかしたら、あと2試合か3試合、ジョニー・ウォーカーやサークノフみたいにトップ10にいるヤツとできれば、トップ5に入れるはずだ。5ラウンダーだと、グローバー・テイシェイラとか、いろんなやつがいる」 [nextpage] 【プレリム】 ▼ミドル級 5分3R○ホアキン・バックリー(米国/182.5lbs/82.78kg)[2R 0分18秒 TKO]×ジョーダン・ライト(米国/185lbs/83.91kg) ◆ホアキン・バックリー「幸運だと思う。ノックアウトできてとにかくうれしい。忍耐強くいって、チャンスを待った。相手が崩れたタイミングで襲いかかろうとしたんだけど、ハーブ・ディーンがすでに止めに入っていた。第2ラウンド以降は情けをかけるつもりはなかったけどね。常に攻撃性をコントロールしていた。いつも前進するんだけど、同時に考えてもいる。とにかく攻撃性をコントロールすること。それだけだ。いい気分だよ。これで数字が上がるな。宿題をやってきたら、ちゃんと研究してきたら、難しくはないってことを誰でも知っていると思う。向こうは誰のことか分かっているだろうし、1月23日で構わないなら、やろうぜ」 ▼ウェルター級 5分3R○ニコラス・ダルビー(デンマーク/170lbs/77.11kg)[判定3-0] ※30-27, 29-28×2×ダニエル・ロドリゲス(米国/170.5lbs/77.34kg) ◆ニコラス・ダルビー「今回の試合はほぼ予想していた通りにいったと思う。ダニエルは口達者な部分があって、それがベストな形で、自分の予想していた通りに展開した感じかな。ハードに追いかけてくるだろうと思っていたし、実際にそうなった。もちろん、フィニッシュしたかったけど、ケージの中で実感したのは80%の満足感。この階級ではガスタンクが大きい方だと思うから、試合を通して同じペースを維持できたと思うし、向こうが落ちてくるのは分かっていたから、実際にそれを感じたし、特に第3ラウンドはそうだった。でも、彼には脱帽だ。すごい試合だった。  自分には間違いなくトップ15やトップ10で競争していくツールがあると思っている。ケージの中で分かったと思うけど、この半年間の環境ではトレーニングやスパーリングのための移動なんかがちょっと難しかったから、いろいろと調整しないといけない。何人か良いスパーリングパートナーがいるんだけど、もう少しだけ俺をプッシュしてくれる人が必要だ。みんな最高だったけど、ステップアップが必要だ。ただ、それがこの環境では難しいってこと。しっかりやれれば、将来に向けてワクワクすることしかないよ」 【アーリープレリム】 ▼ウェルター級 5分3R○アラン・ジョバーン(米国/170.5lbs/77.34kg)[判定3-0] ※30-27×3×ジャレッド・グッデン(米国/171lbs/77.56kg) ▼ミドル級 5分3R○カイル・ドーカス(米国/185.5lbs/84.14kg)[判定3-0] ※30-27×2, 30-26×ダスティン・シュトルツフス(米国/184.5lbs/83.69kg) カイル・ドーカス「勝ちは勝ちだ。パフォーマンスはすごくなかったけど勝利した。それが一番大事なこと。相手がかなり足をロックしてくることは分かっていたし、これまでの試合を全て見てくれたら分かるように、自分はいろいろな種類のレッグロックを受けてきたように思う。レッグロックに備えた練習をしたけど、試合では一瞬の判断だ。相手が仕掛けてきて抑え込まれたけど、うまく逃げ切れたから良かった。試合がどのように進むかは、そこで決まった。来年早々に試合に出てもいい。戻ってきて、ケガをせず、常に上達したい。上達するには十分な時間が必要だ。飛び込みで直前の試合を引き受けたくない。いつでも8週間のキャンプを経て向上する。それが自分にとってはパーフェクトだ」 ▼ウェルター級 5分3R○サーシャ・パラトニコフ(香港/170.5lbs/77.34kg)[3R 2分27秒 TKO]ルイス・コシ(米国/170lbs/77.11kg) ◆サーシャ・パラトニコフ「最高の気分だよ。今の気持ちを表現するのは難しい。いろいろな感情が混ざりあっているけど、ここにいることができて嬉しいし、結果が出せて本当に満足している。世界中のファンのみんなが試合を楽しんでくれていたらいいな。自分はUFCの中でも、特にこの階級では最もテクニカルなファイターの1人だと思う。この試合は2週間前にオファーを受けて、コロナ(関連の対応)を終えたところだった。2週間ずっとトレーニングせずに隔離されていたんだけど、そうしたら、電話がかかってきたから“やろうぜ”と言ったんだ。  フルキャンプで練習できれば、トップに本気で挑めると思っている。みんなテクニックが大好きだし、自分はずっと格闘家として生きてきた。UFC以外、それを示すのに最適な場所は存在しない。これはあくまで自分のポテンシャルの一部にすぎない。自分の人生の中でずっと構想してきたプロジェクトなんだ。UFCの誰を相手にしてもやっていけると思っている。機会さえ与えてくれたら、MMAで一番のジムと言えるシンジケートMMAのオーナーで、自分のメンターでもあるジョン・ウッドをはじめ、コーチたちと一緒にがんばって、やっていけるはず。喜んで試合をするし、前進し続けたい」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア