K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】山本直樹がタイトル再挑戦への第一歩、立ちはだかる中島千博は「アグレッシブさでは負けない」

2020/07/29 22:07
2020年9月26日(土)東京・後楽園ホール『Krush.117』の記者会見が、7月29日(水)都内にて行われ対戦カード第一弾が発表された。スーパー・フェザー級3分3R・延長1Rで山本直樹(優弥道場)と中島千博(POWER OF DREAM)が対戦する。  山本はK-1 WORLD MAXで活躍した山本優弥の弟で、2015年4月にプロデビュー。兄と同じくパンチ&ミドルキックのスタイルで戦績は10勝(3KO)7敗1分。2019年12月、レオナ・ペタスが保持するKrushスーパー・フェザー級王座に挑戦したが2R2分8秒、KOで敗れ王座獲得ならず。2020年3月の再起戦では佐野天馬を延長戦の末に降した。  中島は極真空手で2017年第34回全日本ウェイト制軽重量級優勝、2017年オールアメリカン大会無差別級3位、2018年USウェイト制軽重量級優勝などの実績を引っ提げてキックボクシングに転向。2019年5月にプロデビューし、2勝(2KO)を飾ったが2020年2月の試合で横山朋哉に敗れプロ初黒星。今回が再起戦となる。  会見に出席した中島は「前回2月に横山選手と対戦して判定で負けてしまい、最後もダウンのようなパンチをもらってしまったので、まずパンチをもらわない練習をしてきました。山本選手は戦績も多いので、戦績は僕は少ないですが、自信をもって勝ちに行きたいと思います」と、前回の反省点を踏まえて格上の山本に勝ちに行くとコメント。  山本も「こんな大変な時期に試合を組んでくでさってありがとうございます。前回の試合は延長までいってしまってグダグダだったので今回は3Rまでに決着をつけてしっかり勝ちたいと思います」と、前回のようにはならないとコメントした。  前回の試合に関して中島は「よかった点は特に思い浮かばないです(苦笑)。でも昔からグローブ空手をやっていて顔面の経験がたくさんある選手と戦って、僕自身もっとやっていかないといけないことがあるというのが分かったのがよかったです。悪かったのは自分の動きが出せなかったので、それはなぜかと考えて練習してきました」とする。  山本は「良かった点は最低でも勝てたこと。悪かったのはいっぱいありますが、効いていないパンチでもアゴが上がって印象が悪かったこと」をあげた。その経験から「僕は最初からもらわずに自分だけ当てて勝つというのを目標にやってきたんですけれど、やっぱり打ち合いの場面もあるし、そこで負けないように今はしっかり練習しています」と、打ち合いになっても負けないように強化した。  中島は山本の印象を「キャリアが多くて、パンチも蹴りもできてよけるのも上手い。僕は蹴りが得意なのですが、この間はパンチしか出なかったので蹴りも出しつつ戦っていきたい」、山本は中島の印象を「まだ3戦しかしていないのに強いのが分かる。身体も大きいし、パンチも蹴りもいろいろな技が出せるいい選手だと思います」とそれぞれ評する。  強気な発言がない中島に、これだけは負けないものはあるかと聞くと「顔のカッコよさも負けていますし、言葉がスラスラ出るのも負けている(苦笑)。試合でのアグレッシブさでは負けないようにしたいと思います」と答えた。  そして、下半期の展望・目標を聞くと中島は「コロナがあって試合がだいぶ延期になってしまったので、下半期はこうして試合をさせてもらうことも光栄ですが、しっかり勝って11月か12月にもう1試合出られたらいいなと思っています」と謙虚。山本は「自分はやはりベルトを獲ることを目標にずっとやっているので、この試合はしっかり勝って次もまた呼びたいと思ってもらえるような試合をして結果を出したいと思います」と、もう一度タイトルマッチへたどり着きたいとした。  最後に中島は「しっかり勝って、POWER OF DREAMは(武居)由樹君や江川優生君、中野滉太君、佐々木洵樹さん、シナ(・カリミアン)さんだけじゃないところを見せたいです」と存在感を発揮したいと言い、山本は「勝つのは当たり前で、こういう時期なので見てもらえる皆さんに少しでも元気を与えられるような試合をしたいと思います」と語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事