K-1K-1
K-1
コラム

【1995年5月の格闘技】若き日のマイク・ベルナルドとジェロム・レ・バンナが激突、バンナがKO勝ち

2020/05/08 21:05
 1986年10月に創刊され、30年以上の歴史を誇る格闘技雑誌『ゴング格闘技』が、秘蔵写真と共に過去5月にあった歴史的な試合や様々な出来事を振り返る。15回目は1995年5月4日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された『K-1 GRAND PRIX~20万ドル争奪格闘技世界最強トーナメント~』より、トーナメント準決勝で対戦したジェロム・レ・バンナ(フランス)vsマイク・ベルナルド。  準決勝に勝ち上がったのは、今回のトーナメントがK-1初参戦となる25歳のベルナルドと22歳のバンナだった。バンナは3月の開幕戦でムエタイ戦士ノックウィー・デイビー(タイ)に判定勝ち、今大会での準々決勝では佐竹雅昭にKO勝ち。ベルナルドは3月の開幕戦でアンディ・フグをKOし、今大会での準々決勝ではスタン・ザ・マンをKOしてそれぞれ勝ち上がっている。  準々決勝でのスタン・ザ・マン戦で、ローキックによって左足に大きなダメージを負っていたベルナルドは、精神的な余裕がないためかこれまでの試合とは違い大振りのフックを連発。何度もバンナをロープ際へ追い詰めるが、大振りのため簡単によけられてしまう。  この頃のベルナルドはまだスリムで、ジャンピングバックスピンキックまで繰り出してバンナに対抗するが、バンナはパンチから右ローへつないでいき、ベルナルドをグラつかせる。  そして2R残り数秒、バンナの飛び込みざまの右ローで足をくの字にされたベルナルドは、そのままバンナの足元に倒れ込み10カウントを聞いた。KOタイムは2R3分5秒。バンナが初出場でトーナメント決勝へ駒を進めた。  試合後、ベルナルドは「左足がちょっと痛い。スタンに何回かきついキックをもらってしまいました。ジェロムの最後のローを受けた時はダメージがひどすぎて、立ち上がりたかったんですけれどダメでした」と、スタン・ザ・マン戦のダメージが響いたと話し、バンナとノーダメージで戦いたいとした。  当時は無名で「誰もが予想できなかった準決勝」と言われたバンナとベルナルドだったが、その後もK-1で試合を重ねて両者ともK-1ヘビー級を代表する人気選手となっていった。  そして2001年3月、両者は大きな注目を浴びて再戦し、ラウンド終了のゴングが聞こえないほどの大歓声の中、ベルナルドがラウンド終了後に放った攻撃でバンナがダウンし、試合を棄権したためノーコンテストとなった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事