K-1K-1
K-1
コラム

【1995年5月の格闘技】ジェロム・レ・バンナの左が火を噴き、佐竹雅昭がKOで準々決勝敗退

2020/05/08 04:05
 1986年10月に創刊され、30年以上の歴史を誇る格闘技雑誌『ゴング格闘技』が、秘蔵写真と共に過去5月にあった歴史的な試合や様々な出来事を振り返る。15回目は1995年5月4日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された『K-1 GRAND PRIX~20万ドル争奪格闘技世界最強トーナメント~』より、トーナメント準々決勝で初対戦した佐竹雅昭(正道会館)vsジェロム・レ・バンナ(フランス)。  佐竹にとって3度目の『K-1 GRAND PRIX』。前年の第2回大会では初の決勝進出を果たし、優勝したピーター・アーツを相手にベストバウトと言える奮闘を見せ、敗れたりとはいえ可能性を見出した。  3月3日の開幕戦では『UFC 3』でホイス・グレイシーを苦しめ、一躍その名を世界に轟かせた怪人キモと対戦し、TKO勝ちで決勝トーナメントへ駒を進めた。  準々決勝で対戦するのはジェロム・レ・バンナ(フランス)。3月の開幕戦で初来日を果たし、ムエタイ戦士ノックウィー・デイビー(タイ)に大苦戦を強いられながらも判定勝ちを収め、K-1初参戦にして決勝トーナメントへ進出した相手だ。  キャリアに優る佐竹が有利かと思われていたが、1R、右のストレートのようなジャブから左ロー、ワンツーと速いコンビネーションで前へ出るのはバンナ。佐竹は単発の右ミドル、ローを返していく。  2Rも左右ローとストレートで前進するのはバンナ。基本的な攻めだが、速くて正確だ。佐竹は左ローを2発クリーンヒットさせるが後が続かない。  3R、左ローとバンナの右ローに対する左フックで攻めに転じる佐竹。だが、バンナの右ジャブに返した左ストレートをバンナは肩越しにかわして左フックのカウンター。倒れまいとこらえた佐竹だったが、2、3歩後ずさりすると耐えきれずしゃがむように倒れた。  3R2分32秒、佐竹のK-1GP制覇の夢はまたも潰えた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事