K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】緊急出場で王者に勝利した朝久泰央がレオナ・ペタスに牙を剥く「理由をつけて逃げてばかりいる」

2020/03/23 22:03
2020年3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~』の一夜明け会見が、23日(月)都内にて行われた。  第15試合のライト級スーパーファイトで、K-1 WORLD GPライト級王者・林健太(FLYSKY GYM)からダウンを奪って番狂わせの勝利を収めた朝久泰央(朝久道場)が会見に出席。前夜の試合を振り返った。 「急遽の参戦でしたが参戦するにあたって、動いてくださったK-1スタッフの皆さんやファンやアンチ、皆さんにありがとうと伝えたいです。試合はとても楽しかったです」と、試合4日前のオファーだったにも関わらず勝利を収めたことを喜ぶ。  林については「今まで戦ってきた選手とは桁違いのパンチ力で、背負っているものを感じました。王者は強いなって。林選手だからこその驚異的な強さだったと思います」と称え、自分に関しては「動きとしては問題ありませんでしたが、林チャンピオンは強かった、それだけですね」と急遽の出場でも問題なかったとした。  朝久は通常ひとつ下のスーパー・フェザー級で試合を行っているが、現王者に勝ったことで次はタイトル挑戦も考えられる。そのことを聞かれると「僕はまだライト級でキャリアを積んでいるわけでもないですし、すぐに再戦というのも林チャンピオンの状況もあると思います。レオナ選手がさっきKrushでは相手がいないと言っていましたが、公でああいうふうに言って実際は裏ではいろいろ理由をつけて逃げてばかりいると思うのでどうかなと思う。60kgはK-1では武尊選手が頑張っていますが、それ以外はハッキリ言って60kgで相手になる選手はいないので、階級については道場の館長と話をしていこうと思います」と、Krushスーパー・フェザー級王者レオナ・ペタスを挑発。  レオナには2敗しているが、「僕はずっと成長していると思っていて、過去の勝利に縛られていつまでも引きずっているのかなって感じです。60kgの他の選手も朝久とやってもいいとかやりたいと言っていながら、試合直前になると無しになったり。そんなふうばかりなので、本当に強いヤツを決める戦いになっていないというのが自分の考えですね」と、以前の自分とは違うと言い放つ。  林を破った実績でレオナに対戦を突き付けるつもりは、と聞かれると「レオナ選手にそこまでこだわっているというか…純粋に林選手と戦うために僕は今回のオファーを受けました。(レオナは)石の拳と言われているけれど自分の(腫れている)目を見て分かるように林選手の拳は隕石のような感じで。隕石に打たれたことがないから分からないけれど(笑)。それくらい強くてとてもたくさん学ばせていただきましたね」と、林戦は関係ないと言いつつ、レオナへの挑発を続ける。  レオナはこの朝久の会見を途中まで後ろで見ていたが、途中で会場を出ていったとのこと。  7月26日(日)には朝久の地元である福岡で初の新生K-1開催が決まっているが、「応援してくれる人がたくさんいますが、地元だからどうこうよりも強い相手とならいつでもどこでもやりたい。明日したいと言ってもこの怪我なのでできないですけれど(笑)。強い相手と戦いたいですね」と、福岡に限らず強い相手と試合がしたいと話した。  また、朝久と言えば毎回、中村拓己プロデューサーにお土産を渡すパフォーマンスで笑いを取っているが、「今回はオロナミンCを持ってきたんですが、隣にいなかったのであとで機会があれば渡しておきます」と笑った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事