K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】鈴木勇人、再戦では「左ミドルキックを全部当てたい。当日をお楽しみに」

2020/02/13 00:02
【Krush】鈴木勇人、再戦では「左ミドルキックを全部当てたい。当日をお楽しみに」

得意の左ミドルキックをミットに蹴り込む鈴木。敗戦を経て、左ミドルだけでは勝てないことに気づいた

2020年2月24日(月・祝)東京・後楽園ホール『Krush.111』で、佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の挑戦を受けてKrushスーパー・ライト級王座2度目の防衛戦に臨む鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)が公開練習を行った。

「追い込みをしたばかりで疲れています」と言った鈴木だが、ミット打ちでは得意の左ミドルキックを中心としたパワフルな打撃を披露した。


「今は追い込み終盤になってきて、前回負けてからいろいろ幅を広げた練習をしていてその成果が最近見えてきていい状態です」と、昨年11月のK-1で佐々木に判定負けを喫して以来、取り組んできた練習の成果が出てきているという。


 前回の佐々木との試合は「前回までは極端に言えば左ミドルしか練習していなかったんです。自分が得意なことだけ。それで勝ってこれたので。でも、これからはそれだけでは戦っていけないので 苦手な部分を克服したり、幅を広げているところです」と、今よりも上のステージへ行くためには武器が左ミドルキックだけでは厳しいと悟った。

「もちろん自分の良さを残して武器は変わらずですが、良さを残して自分の苦手なところをなくしていく。苦手なところでも戦えるようにしています。それが身に着いてきた。成果が見えている。そういう意味では次の試合は前回のようにはいかない」と、前回突かれた穴を埋める作業をしてきたようだ。


 研究も「動画をめっちゃ見ています。今までは見ていなかったんですが、前回の試合をめっちゃくちゃ見ています。今までは見ても分からなかったんですよね。どこが良くて悪いのか。それではダメだと思って細かいところまで見て、最近やっと動画を見て自分が戦っているような感覚に近い感覚で見られるようになり、こうするべきだと分かってきました。動画を見てめちゃくちゃ勉強になっています。他のサウスポーの強い選手も見て勉強しています。楽しいですね」と、動画での研究の仕方がようやく分かってきた。


 以前は左ミドルのお手本として“左ミドルの魔神”の異名をとったムエタイ戦士サムゴーの名をあげていたが、「左ミドルを外したら自分は戦っていくのは難しい。もちろんサムゴーのような圧倒的な左ミドルが欲しいですが、最近はペトロシアンをめちゃ見ていて、他の技術、細かいところ、そこも勉強しています。ゆくゆくはコンプリートファイター、職人的なところを目指していきたいと思うようになりました。ペトロシアンから学んだことは多い。


 佐々木選手とやってみて、佐々木選手の強さが分からないと言う人が多いと思いますが、自分は強さを肌で感じました。呼吸、距離感、絶妙なところが凄く上手くてやりづらかった。今までの選手と違うと思いました。そのステージまで自分も行ってやろうと思っていて、今は勉強しています。負けたけれど無駄ではなかったと思っています」と、ペトロシアンを研究している。

 そこで見えた敗因は「一番はナメていた部分があった。驕りです。もちろん佐々木選手は強いと思っていましたが、それ以上に自分が驕っていました。格闘技をナメていたことが一番の敗因です。だから根底から変えるために基本を大事にしつつ、さらに幅を広げるトレーニングをしています」と、考え方にあったと分析。


「左ミドルが当たらなかった。ではなぜ当たらないかと考えたら、左ミドルしかなかったんです。それでは勝てない。バリエーションを増やして当たる攻撃が増えれば左ミドルも当たる。幅を広げてさらに自分の武器を活かすことをやってきました」

 今回は「空振りしたくない。全部当てたい。そのためにはただ蹴るだけでは当たらない。そこをめちゃくちゃ考えてやっています。当日を楽しみにしていてください。これで当たらなかったら、自分が弱いだけですね。イカレたほどの左ミドルをばしばし当てていきたいですね」と百発百中の精度を見せたいとする。


 そして「際どく勝ってもあまり納得しないと思う。自分も見ている人も。前回の鈴木って何だったのか、風邪ひいていたんじゃないかって思われるくらい圧倒的に勝つことが理想です。燃えます。背水の陣です。ここで負けたらベルトもなくなってトップ戦線に食い込んでいくところで脱落してしまう。ここで勝つか負けるかで格闘技人生が変わってくる。自分はこういう局面で乗り越えてきているので、逆境であればあるほど力を発揮するタイプだと思っているので自分に期待です」と、背水の陣で臨むと語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事