AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
レポート

【RISE】竹内皇貴が金剛に逆転KO勝ち、チームドラゴン森もKO。津田鉄平がYUUとの延長死闘制す=「RISE EVOL.5」

2020/02/11 15:02
【RISE】竹内皇貴が金剛に逆転KO勝ち、チームドラゴン森もKO。津田鉄平がYUUとの延長死闘制す=「RISE EVOL.5」

2020年2月11日(火)東京・新宿FACEにて昼興行「RISE EVOL.5」が開催された。

メインとセミではRISEランカーでチームドラゴンの竹内皇貴と森香津眞が揃ってKO勝ち。ともにナンバーシリーズでの飛躍を誓った。
第5試合ではフェザー級9位の津田鉄平(新宿レフティージム)がYUU(リアルディール)と延長に及ぶ激闘を展開。スプリットに割れた判定をベテランの津田がモノにした。

▼メインイベント(第7試合)スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R
○竹内皇貴(チームドラゴン/同級7位)
[3R 1分40秒 KO]
×金剛 駿(FASCINATE FIGHT TEAM)

“不退王”の異名を持つ竹内はまるで足元に根が生えたかのようにその場に立ち止まっての打ち合いを繰り広げ、決して下がらないタフファイター。前戦は2019年11月にキム・ウスンに敗れた。

対する金剛は13日にRISEライト級王座に就いた原口健飛と同門で今回が初参戦。関西の大会を中心にキャリアを重ね、DEEP☆KICKではランキング入りも果たしている。2019年のRISEではユウジに1RKO勝利も、山畑雄摩、佐藤亮に判定負けしている。

1R、ともにオーソドックス構え。ジャブ&ローから入る金剛。右ローも、竹内も右ローを効かせ、オーソから左ミドルを当てる。

2R、右ロー、左ミドルで前に出る竹内に金剛は下がりながらも狙いすました右クロスでダウンを奪取! 立った竹内も右ヒザを効かせて反撃に転じる。

3R、ボディ打ちから左ヒザを効かせた竹内は一気に前に。右ヒザ、さらに左ヒザでダウンを奪うと、くの字に身体を折り曲げて立ち上がった金剛だが、竹内の左ヒザにダウン。レフェリーがKOを宣言した。

ベテランらしい腹を効かせた攻めで逆転勝利を決めた竹内は、リング上で、「冷や冷やさせてゴメンね。メイン任せていただき嬉しいです。メインで逆転で面白い試合できたと思います。前の試合は負けましたが、今年こそやってやろうと思っています。僕とチームドラゴンの応援をよろしくお願いします。もう新宿FACEには帰ってこれないように、ナンバーシリーズで頑張れるようにします!」とさらなる飛躍を誓った。

▼セミファイナル(第6試合)スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
○森 香津眞(チームドラゴン/同級4位、2018年RISING ROOKIES CUPスーパーライト級優勝)
[2R 2分19秒 KO]
×吉瀧 光(KING LEO)

森はRISEスーパーライト級4位。2018年RISING ROOKIES CUPスーパーライト級優勝を飾り、4戦4勝4KOと快進撃を続けていたが、2019年7月のスーパーライト級王座決定トーナメントで山口侑馬にKOで敗れ初黒星。同年11月にはプロデビュー戦の伊藤澄哉に敗れて連敗を喫した。

吉瀧は「THE OUTSIDER」「Wardog」にも出場した総合格闘技出身でアマMMAでは2戦2勝。キックでは北陸や関西の大会に出場。「DEEP☆KICK」ではKAZU(NJKF健心塾)を相手に判定1-1ドローとなっている。RISEには今回が初参戦。

1R、ともにオーソドックス構え。右ローを突く両者。右ローから右ストレートの強打で森が先にダウンを奪う。

2R、右ローをこつこつと効かせる森。吉瀧は右を狙うがロープに詰めた森が右ストレート、左フックでKO。

リング上で森は、「デビューしてからずっと勝ってたけど去年負けてしまって、もう負けません。このまま注目してもらえればベルトを獲るんで、応援よろしくお願いします。最後にチームドラゴンの皇貴君出るんで応援、よろしくお願いします」と、王座獲りとチームでの勝利をアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年3月号
2020年1月23日発売
3月22日(日) 「K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会主役の武尊ロングインタビュー。年間MVP候補の木村“フィリップ”ミノル。大晦日RIZINの2王者マネル・ケイプとトフィック・ムサエフ独占インタビュー、MVP、朝倉未来&海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事