K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1 KRUSH】元王者にKO勝ちの加藤虎於奈、木村“フィリップ”ミノルへの挑戦は「最後にたどり着けたらいいなと」

2019/12/16 18:12
【K-1 KRUSH】元王者にKO勝ちの加藤虎於奈、木村“フィリップ”ミノルへの挑戦は「最後にたどり着けたらいいなと」

KOした勢いで王者・木村に挑戦表明した加藤だったが、もっと経験を積んでからと軌道修正

2019年12月15日(日)東京・後楽園ホールにて開催された『K-1 KRUSH FIGHT.109』の一夜明け会見が、16日(月)都内にて行われた。

 セミファイナル(第7試合)のK-1 KRUSH FIGHTウェルター級3分3R・延長1Rで、第3代K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者・牧平圭太(HALEO TOP TEAM)をKOした、加藤虎於奈(TEAM TOP ZEROS)が会見に出席。前夜の試合を振り返った。


「昨日は1Rにずっと警戒していた左ストレートをしっかりもらって倒れてしまったので、そこが反省点です。1Rにダウンもらって、いつもの俺なら気持ち的に終わっていたけれど、倒された時になぜかアドレナリンが出まくってめちゃくちゃ楽しくて。2R絶対ぶっ倒してやろうと思って勝てたって感じですね」

 加藤の言葉にあるように、試合は1Rに牧平が左ストレートでダウンを奪い、2Rに加藤が左フックでダウンを奪い返すと最後も左右フックの連打で加藤がKO勝ちという逆転劇に。

「初めてめっちゃくちゃ楽しいと思って。ダウンは一瞬だけバンッとなってしっかり効いたわけではないので、すぐに立ち上がって行けました。正直、1Rの時に飛ばしすぎてヤバいと思って。時計を見たらあと残り50秒くらいありました。今回も体力がなくなって終わるのかなと思ったんですが、そこから気持ちで持っていけたのでいい進化が見せられたと思います」と、前回の試合は体力不足で失速したが、今回は気力で持ったという。


 今まで兄弟揃って同じ大会に出た時は2人ともKO。今回も兄レオナ・ペタスがメインイベントでKO勝ちし、兄弟揃い踏みは3回連続KOとなった。

「結果的にはめちゃくちゃよかったんですが、僕が戦う相手も強くなっていくので…。兄は一番上にいるけれど自分は登っている途中なので、そこでKOできるかは不安ではあります。でも、4回目があればKOで終わらせたいと思っています」と、今後も兄弟揃ってのKO記録を更新していきたいとした。

 前日記者会見、そして入場まで常に笑顔で全く緊張感を感じさせなかった加藤。そのことについて聞かれると「今回は1ミリも緊張しなくて、楽しくなっちゃうんですよね。自分がそうなった理由は分かりませんが、リラックスしているのでいい部分もあるのかな、と」と自分でも理由は分からないという。「今までで一番緊張したのは試合前、一番緊張しなかったのも試合前です」と笑った。


 また、試合後には「次、元チャンピオンをKOしたってことで化け物ですが木村選手、タイトルマッチをお願いします」と、K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者・木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)に挑戦状を叩きつけた。

 そのことを聞かれると「試合を見直してまだ粗い部分があるし、このまま行ったら普通に倒される試合をしていたので、67.5kgの選手は他にもたくさんいるのでその選手と戦って、最後にたどり着けたらいいなと思います」と、今すぐにではなく段階を踏んでいずれ挑戦したいと軌道修正した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年3月号
2020年1月23日発売
3月22日(日) 「K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会主役の武尊ロングインタビュー。年間MVP候補の木村“フィリップ”ミノル。大晦日RIZINの2王者マネル・ケイプとトフィック・ムサエフ独占インタビュー、MVP、朝倉未来&海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事