AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【RIZIN×Bellator】「堀口恭司にはアメリカでタイトル防衛戦をやってもらいたい」(コーカーCEO)

2019/10/09 20:10
【RIZIN×Bellator】「堀口恭司にはアメリカでタイトル防衛戦をやってもらいたい」(コーカーCEO)

握手を交わすベラトールのコーカーCEO(左)とRIZINの榊原CEO

2019年10月9日(水)都内にて記者会見が行われ、12月29日(日)さいたまスーパーアリーナにて米国のMMAプロモーション『Bellator』(ベラトール)がRIZINと協力して日本で初開催することが発表された。

 榊原信行RIZIN CEOは「こういう形でスコット氏とずっと今日の発表まで企画してきたことをようやく皆様にお伝えできることにとても興奮しています。12月29日に日本初となるベラトールのスペシャルな大会、日本初進出の大会をRIZINと共に開催し、お手伝いできることを嬉しく思いますし光栄に思います。簡単なことではないです。ビッグプロモーションが海を渡って日本へ乗り込むのは大変なことですし、勇気がいるし、お金もかかること。そのチャレンジをベラトールがRIZINと共にチャレンジしようと踏み出してくれたことに敬意を表します。総合格闘技の歴史が変わる、そんな瞬間が29日に訪れます。ベラトールとRIZINが共にMMAの未来を感じてもらえる、可能性を感じてもらえる、新しいムーブメントを感じられるアクションを起こせればと思います」と挨拶。


 ベラトールのスコット・コーカーCEOは「ここにいることを光栄に思うと同時に、29日に素晴らしいビッグイベントを用意しています。ベラトールはハリウッドをベースにしたイベント会社で来年は30大会を開催、145カ国に放映されます。ベラトールはヨーロッパサーキットにも力を入れており、国際的な大会を行っています。来年はアムステルダムにも行く予定です。私は日本でずっと格闘技のビジネスにかかわり、格闘技をどのようにして見せていくのかをたくさん学んできました」と挨拶し、日本大会のメインイベントでエメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)vsクイントン・ランペイジ・ジャクソン(アメリカ)のヘビー級戦が決定したことを発表。


 加えて「RIZINの堀口恭司選手がベラトールでタイトルマッチに臨み、ベラトールの選手が負けてしまいました。そのリベンジを果たすということで対抗戦をやって、RIZINにチャレンジしたい。榊原さんは勝ち続けたいと思っているのでしょうが、RIZINを迎え撃って面白いことにしていきたいです」と、対抗戦を行うことも発表した。


 会見後の囲み取材では、ヒョードルvsジャクソンについて「自分の中でこの試合は日本でやらなければいけない試合だと思っていた。社内で議論した結果、私がこの試合を組むと貫き通した。組めたことに興奮しています」と、この試合をどうしても日本で実現させたかったと説明。

 大会はメインカードが、ヒョードルvsジャクソンがメインイベント、セミファイナル、そしてRIZINとの対抗戦が3試合、アンダーカードが5試合の合計8試合程度になる予定だという。


 今回の日本大会は「ベラトールがワールドワイドに成長するための第一歩目」だとし、2020年については「ベラトールは年間30大会予定している。ほとんどがヨーロッパとアメリカ。日本でも1回か2回、テレビとのスケジューリング次第。榊原さんとは年末に1大会やれればという話はしています」と、今後も開催していく予定。


 また、「RIZINがどのようなことを考えているのか明確ではないので分からないが、堀口にはアメリカでタイトルを防衛してもらいたいと思っている」と、堀口のベラトール世界バンタム級タイトルの初防衛戦はアメリカで行いたい意向であることも明らかにした。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事