キックボクシング
インタビュー

【RISE】最強の挑戦者迎える鈴木真彦、テーマは「覚悟と本物の強さ。倒すことしか考えてない 防衛戦ですけど攻めて攻めて防衛したい」

2023/12/06 22:12
 2023年12月10日(日)東京・後楽園ホール『RISE 174』にて、RISEバンタム級タイトルマッチ3分5R延長無制限Rで同級1位・大﨑孔稀(OISHI GYM)の挑戦を受け2度目の防衛戦に臨む王者・鈴木真彦(フリー)が試合前インタビューに答えた。 今まで味わった事のない攻撃を浴びせてやろうと思っている ――いよいよ決戦の日が近づいてきましたが、コンディションはいかがですか? 「コンディションは良い感じで仕上がってます」 ――急に冷え込みが激しくなりましたがその辺は大丈夫ですか? 「今まで暖かすぎたというか、やっと冬だなという感じがします。全然体調も崩さず調子良いです」 ――今日のミットを持ってくれた方がフェザー級チャンピオンの門口選手でしたが関西トップチームみたいで豪華ですね。 「今RISEのチャンピオンが関西に多いし、階級が上の門口選手と原口選手2人のチャンピオンと練習をして良い刺激を貰っています」 ――全体的に関西が活躍している事に秘訣はありますか? 「どうなんでしょう。全体のことはよく分からないけど2人と一緒に練習していると勉強させられるものがありますし、意気込みや志も高いのでトップにいる選手はやっぱり違うなと感じます」 ――今回3度目の王座防衛戦で最強のチャレンジャーを迎える事になりました。改めて大﨑孔稀選手の印象を聞かせてください。 「大﨑選手はステータスのバロメーターで言うと、全部がしっかりしているイメージです。だけど僕のパンチや蹴りで、今まで味わった事のない攻撃を浴びせてやろうと思っています。上手い選手だと思うけど全然問題ないです」 ――という事は大﨑選手を倒すイメージはできているという事ですね。 「倒すことしか考えてないし、防衛戦ですけど攻めて攻めて防衛したいです」 ――攻めるチャンピオンという事ですか。 「最近関西でも強い選手がいっぱいいて刺激をもらっているんですけど、やっぱりRISEのチャンピオンっていうのを見せたいので試合で体現してみせます」 ――他団体でも鈴木選手の名前を出す人が増えてきて、最近ではK-1の金子選手が対戦を熱望していましたがそこについては気になっていますか? 「金子選手は玖村選手とK-1の頂上決戦をやって勝ったわけじゃないですか。名前を出してもらうのは嬉しいけど、僕のけじめとしてはやられた相手にやり返して本当の1番を決める戦いで交わりたいなと思っています。だけど試合が組まれたら僕はいつでも戦います」 ――良い内容で王座を防衛して勝利のタスキを原口健飛選手に繋ぐという感じになりますか? 「原口健飛が勝つことはもう分かっているでしょ(笑)。だから僕が良い勝ち方をして気楽に試合を見れたらいいなって感じです」 ――原口選手と門口選手とは普段から練習されているんですか? 「最近は週1で練習しています。試合会場とかでも仲良くます」 ――それ以外どんな練習をされていますか? 「僕は今フリーなので、先輩の山口兄弟がいる道化倶楽部やケルベロスがいる心将塾など色々なところに行っています」 ――特にメインとなる様な場所は持たずにトレーニングしているんですか? 「そうですね。動き回っています」 ――ボクシングジムも行っていますか? 「ボクシングジムにも行っています」 ――フリーになってからの練習で、何か変化や進化した部分はありますか? 「進化を感じられているかは分からないですけど、結構楽しめているというか練習に対する姿勢は生まれ変わりました」 ――練習のスケジュールもご自身で立てなければいけない状況だと思うのですが、弱点や伸ばしたいポイントなども自分で考えて練習していますか? 「そこまで考えていないですけど、色んな人と練習をしてます」 ――今回の試合にテーマがあれば教えてください。 「覚悟と本物の強さです」 ――この試合に向けて重点的にトレーニングを積んだ部分はありますか? 「いつもとやる事は変わっていないですけど、チャンピオンとして覚悟や自覚を持って練習に挑んでいます」 ――練習内容を変えていないという事は、自分の戦い方をすれば勝てるという自信の表れでしょうか? 「僕は僕の戦い方で見せたいものがあるし、それが1番僕の強みなのでそこに自信を持ってやっています」 ――どんな展開で試合が終わるのかイメージはありますか? 「今回5ラウンドですけど、気づいたら相手が倒れているっていう感じです」 ――この試合に勝って来年はどの様な年にしていきたいですか? 「今回の試合に勝ってしっかり防衛して、もう1度RISEのベルトの価値を高めていくというのもあるし、自分自身が目指している本物の1番を目指して、倒したい相手もやり返したい相手もいるし、そういった意味で世界に羽ばたいていきたいです」 ――最後にファンの皆様にメッセージをお願いします。 「12月10日は2023年ラストの後楽園ホールなので、王者・鈴木真彦がしっかりと締めるので見ていてください」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント