MMA
インタビュー

【DEEP JEWELS】ストロー級暫定王者決定戦は再戦の連勝対決! 松田亜莉紗「落ち着いてやれればいける」×万智「一本勝ちする」=11月23日

2023/11/23 11:11
 2023年11月23日(木・祝)12時30分から東京・ニューピアホールにて『DEEP JEWELS 43』が開催される(U-NEXT、サムライ TV 、DEEP/DEEP JEWELS メンバーシップ配信)。  メインイベントは「DEEP JEWELS ストロー級(52.2kg)暫定王者決定戦」(5分3R)として、 元女子プロ野球選手からMMAに転向し、プロ3連勝中の松田亜莉紗(BLOWS)と、10月のRIZINで日本女子MMA史に残る熱闘で、渡辺彩華をスプリット判定で下し、4連勝をマークした万智(スポーツジム 67's)が対戦する。 ▼DEEP JEWELS ストロー級(52.2kg)暫定王者決定戦 5分3R松田亜莉紗(BLOWS)万智(スポーツジム 67's)  松田は、元女子プロ野球選手。小学4年生でリトルリーグに入団、中学はリトルシニア、高校で硬式野球を始め、2013年に女子プロ野球の京都フローラに入団。2013~2014年に女子プロ野球リーグのベストナインに選出され、2014年には外野手としてジャパンカップ個人賞を受賞。そして2015年に京都フローラがリーグの年間女王に輝き、大会MVPに輝いた。  2017年に格闘技転向のため野球を引退。ハワイHMCで学んだ後、中蔵隆志代表率いるBLOWSに所属。2021年にアマチュアMMAに参戦し、2022年8月の和田千聖戦でプロ昇格し、1R TKO勝ち。11月の2戦目で長野美香を判定で下す金星をあげている。2023年4月の前戦では、純玲を判定3-0で下し、3連勝中。  計量後に松田に話しを聞くと、「これまで通り、BLOWSでMMAを練習し、関西の女子ファイターとも練習してきました」と、同大会に出場する栗山葵や須田萌里とも組んできたという。  対戦相手の万智については、「昔からそうですが、凄く動きが速いですし、圧力も凄いのでガンガン攻めてくる相手。アマチュア時代から変わって確実さも加わり、あのときとは全然、別の選手になっていると思います」と警戒も、「でも私もしっかり練習してきているので、切ったとしてもどんどん組んでくる粘り強い組みにも、集中を切らさず対応できます。私がしっかりステップすれば、相手のタックルも見れると思うので、落ち着いてやれればいけるかなと思います」と自信を見せた。  前回はヘッドギアありのアマチュアルール。今回はプロでヘッドギアは無い。 「上になれば強いパウンドを打てる。でもそれをさせないのが万智選手で、隙を狙って一本と取りにくると思うので、そのへんはしっかり警戒して自分のやるべきことをやりたいと思います」と、得意の際のパウンドについても万全の構え。  万智が先にRIZINデビューを果たしていることについても、「全然、何も。私は私の段階があって向かっているので。目指すところは世界。RIZINでも海外でも試合が出来るように」と戴冠に向けて意気込んだ。 [nextpage] 万智「端貴代さんと練習していることが大きい」  対する万智は、柔道ベース。DEEP JEWELSアマチュアでMMA経験を積み、2022年11月のプロデビュー戦でARAMIに判定勝ち。2023年2月大会では大島沙緒里に判定勝ちの実績もあるHIMEと対戦し、奇襲の組みでペースを掴み、リアネイキドチョークで一本勝ち。2023年5月に韓国のキム・ユジョンを1R アメリカーナで極めると、10月1日の前戦では、現修斗女子スーパーアトム級(-50.0kg)王者の渡辺彩華と52.5kg契約で対戦。スプリット判定で勝利し、4連勝中。  松田と万智は、2021年12月にDEEP JEWELSアマチュアルール55kg契約で対戦しており、先に万智がテイクダウンを奪い、Vクロスを狙うも、スクランブルからバックを奪う松田が判定2-1(20-17, 18-19, 19-18)で熱戦を勝利している。  プロでの再戦に向け、「ずっと待っていました。もっと早くやるかなと思っていましたけど、こうしてタイトルマッチで出来ることが嬉しい。アマチュアでの試合から結構時間が経っているし、松田選手もどれくらい強くなっているのか気になるところです」という万智。  現在も宇都宮のスポーツジム67'sをはじめ、関東の強豪ジムを渡り歩いて練習している。トイカツグラップリング東中野では、試合形式の練習が自信を高めている。 「端貴代さんと練習していることが大きいです。3Rから5R、セコンドつきで試合形式で練習しています。PANCRASEフライ級(56.7kg)の王者で1階級上の端さんを相手にどれだけ組みに行けるかがいい練習になります」  対戦相手の松田については、「松田選手もちゃんとしたMMAをやっているので、もしかしたら組み合ったら壁、ケージレスリンもお互いやると思う。自分の組み際を狙っていたり、手足が長いので打撃にも注意はしています。そしてパウンド。組んだときに止まるとパウンドを打たれるので、そうならないようにテイクダウンしたいと思います。この前よりは自分もほかの攻防もできます」と、MMAとしての強さを警戒しながらも、対応を強化してきたことを語る。  RIZINでは、渡辺彩華と日本女子MMA史上に残る熱闘をスプリット判定で制した。 「反省点は集中力が持たなかったところ。良かったのはそれでも3R攻め続けられたところは自信になりました」という万智は、DEEP JEWELSでのタイトルマッチに向け、「一本勝ちします」と宣言した。  伊澤星花が王座に君臨する同級で、キャリア4戦目の松田と、5戦目の万智が暫定のベルトを争う今回の再戦は、どちらがベルトを巻くか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント