AbemaTVAbemaTV
MMA
インタビュー

【UFC】高坂「ホロウェイを崩すには打ち合いしかない」「堀江は勝つことだけを考えてほしい」7.28『UFC240 in カナダ』の見どころをWOWOW解説陣“世界のTK”が語る

2019/07/25 22:07
【UFC】高坂「ホロウェイを崩すには打ち合いしかない」「堀江は勝つことだけを考えてほしい」7.28『UFC240 in カナダ』の見どころをWOWOW解説陣“世界のTK”が語る

(C)GettyImages

日本時間の7月28日(現地時間7月27日)、カナダ・アルバータ州エドモントのロジャーズ・プレイスにて『UFC230』が開催される。メインイベントは、フェザー級王者マックス・ホロウェイが元ライト級王者フランク・エドガーを迎え撃つUFC世界フェザー級タイトルマッチ。さらに日本の堀江圭功が、カナダのハキーム・ダオドゥ相手にUFCデビュー戦に臨む。この2試合の見どころを、WOWOW『究極格闘技-UFC-』解説者としても知られる“世界のTK”高阪剛に語ってもらった。

――「UFC230」のメインイベントは、フェザー級王者マックス・ホロウェイがフランク・エドガーを相手に3度目の王座防衛戦を行います。この一戦を高阪さんはどう見ていますか?

「これは正直言って、エドガーにとってかなり厳しい試合になると思いますね。お互いがやってきた試合を見れば見るほど、“これ、賭けにならないんじゃないか?”と思ったりするんですよ」

――そこまでですか! 確かに、エドガーが敗れたジョゼ・アルド、ブライアン・オルテガに、ホロウェイは完勝しています。

「それもそうですし、ホロウェイとエドガーとでは、かなりの体格差がありますよね。とくに身長差は12cmもありますから。エドガーがパンチを当てるには、距離を詰めて中に入っていくしかないんですよ。まあ、エドガーはいつも自分より大きな相手と対戦しているので、遠い間合いからステップを踏んで、一気に懐に飛び込んでパンチを打ち込むのは得意ですけど、当てたところで、ホロウェイは打たれ強いし、パンチをもらってからの方が強くなるようなタイプですから」

――打ち合い上等、ということですか。

「そのホロウェイをエドガーがパンチで倒しきるっていうのは、かなり大変だと思うんですよ。一発二発じゃ倒れてくれませんからね。結局、ホロウェイって、相手が前に出てこようが打ってこようが関係なく、打撃をもらいながら強いパンチを返していくので。それを承知の上で、エドガーが前に出られるかどうかが、まず大きなポイントだと思いますね」

――殴り合いになることは避けられないが、突破口もまたそこだと。

「そこしかないです。距離を取った状態のままだったら、何もチャンスはこないので。もちろんエドガーは相手が前に出てきたところにカウンターでタックルに入って、グラウンドでコントロールするのも得意なんですけど、ホロウェイはスタンドに戻すのもうまいですからね」

――そうなるとテイクダウンを奪ったエドガーの方が、スタミナ的に削られることにもなりかねないです。

「あとは倒してからのキープに固執しすぎると、ホロウェイは立ち上がり際の打撃もうまいので、そこをもらってしまいかねない。だから、エドガーは立たれそうになったら、その前に手を離して次の体勢に入ったほうがいい。そう考えると、グラウンドで立たれそうになったとき、手を離すことができるかどうかも、もう一つのポイントかもしれないですね」

――では、スタンドではリスクを負って前に出るしかないし、グラウンドに固執しすぎてもいけない。エドガーにとっては、どちらにしろ、ある程度はホロウェイの土俵で闘わざるをえないわけですね。

「だからこそ、厳しい展開は避けられないんじゃないかな、と思うんですよ。自分が考えるかぎり、エドガーは自分から距離を詰めて打撃を入れて、すぐにステップで離れる。またテイクダウンをしてポイントは取るけれども、立ってきたらすぐ手を離す。これを繰り返すしかないんじゃないかと思うんですよね」

――スタンドでもグラウンドでも深追いはせずに、ダメージを与え続けるしかないと。

「でも、エドガーサイドもそれを承知でこの試合を受けていると思うので、自分が考えている以上の戦略を立ててトレーニングを積んでいるとは思うんですよ。また、エドガーがここまで培ってきた技術、経験の蓄積と、試合中のひらめきで何が起こるかはわからないので。自分の想像を超えるようなホロウェイ攻略法を見せてほしいなって思いますね」

高阪「堀江はダオドゥのジャブが当たらないくらい、遠い距離の設定をしないといけない。そこから一気に入りこむことができるか」

――また今大会は、高阪さんのジム「アライアンス」に所属する堀江圭功選手がUFCデビューを果たします。高阪さんから見て、堀江選手の強みはどんなところですか?

「堀江は打撃が得意で、コンビネーションだとか当てる打撃のパターンをいくつか持っているんですけど、一番の強みはスピードですね。遠い間合いから踏み込むスピードと、パンチのハンドスピードは、UFCに出ているトップの選手にも引けを取らないものを持っていると思うので。だから、それをしっかり出せるタイミングとシチュエーションを作ることができるように、いまトレーニングしていますね」

――いかにして踏み込んで、打撃を入れられるかだと。

「もう倒すイメージはできているので、そこに結びつけるための動き方や試合の展開作りっていうのをやっている最中です。本人も試合のイメージがほぼ固まっているので、今さら新しいことをやるというより、確信を持って自分の武器を使えるようにするのが大事。堀江の場合、重要なのはタイミングですね。自分の拳に体重を乗せるタイミングと相手との距離感が合ったときは、KOで勝てると思います」

――対戦相手のハキーム・ダオドゥは、同じ打撃系ファイターでUFCでも連勝中。かなり強敵だと思いますけど、いかがですか?

「手強い相手だと思いますね。打撃の射程距離が長くて、ジャブとローキックが強いですよね。で、ジャブとローが強いということは、中に入らせないことができるっていうことなんですよ。また、ジャブを一発当ててからの打撃の畳み掛けも強い。それが向こうのやりたいことだと思うので、堀江はダオドゥのジャブが当たらないくらい、遠い距離の設定をしないといけない。そこから一気に入りこむことができるか、ということですね」

――リーチが長くてジャブが得意な相手にいかに入り込むか。そこが勝負のポイントになると。

「だから堀江は、ファイトスタイル的には堀口恭司選手に近いかもしれないですね」

――堀口選手も先日、自分より身長とリーチがはるかに長い選手に勝利してベラトールのベルトを奪取しましたが、そういう闘いができるかどうかだと。

「堀江は5月末から7月頭まで、アメリカのチーム・オオヤマの道場でトレーニングを積んできたんです。その時にフェザー級でダオドゥと同じような体格の選手が練習相手になってくれて、試合のイメージ練習がかなりできたらしいんですよ。だから、そのままの形を試合に持っていこうと、今やっているところなんです」

――堀江選手はここ2試合、連続で1ラウンドTKO勝利を挙げているので、UFCでもそういう闘いを期待します。

「UFCの1試合目なので、ここでしっかり勝ち星を挙げて、次につなげてほしいですね。あとはまだ24歳なので、何も考えずに自分の攻撃をすることと、勝つことだけを考えてやってくれればいいなと思います」(取材/文・堀江ガンツ)

◆WOWOW『UFC-究極格闘技-』放送スケジュール
『生中継! UFC‐究極格闘技‐ UFC240 in カナダ
フェザー級タイトルマッチ!
フェザー級王者と元ライト級王者の新旧頂上決戦!』

7月28日(日)午前11:00[WOWOWライブ]生中継
WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

7月29日(月)よる11:00[WOWOWライブ]リピート
(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

【主な対戦カード】

▼フェザー級タイトルマッチ
マックス・ホロウェイ vs
フランク・エドガー

▼女子フェザー級
クリス・サイボーグ vs
フェリシア・スペンサー

▼フェザー級
ハキーム・ダオドゥ vs
堀江圭功

【出演】
解説:高阪 剛、堀江ガンツ 実況:高柳謙一 進行:渋佐和佳奈

■詳しくはWOWOW番組オフシャルサイトにて

【関連記事】
UFCデビュー・堀江圭功「相手は間違いなく強い。でも、そのほうがうれしい」
ヒデ三好&板橋寛が語る7.28「UFC 240: Holloway vs. Edgar」

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事