K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】全選手計量パス、サッタリとラテスクが超接近のガン睨みフェイスオフで緊張感走る

2022/12/02 14:12
 2022年12月3日(土)エディオンアリーナ大阪『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』の前日計量が、2日(金)大阪市内にて13:00より行われた。  計量は第18試合のキリルアン・チョー.ハーパヤックがわずかにオーバーしたものの、すぐに再計量でパス。全26試合の46選手全員がパスした。 (写真)今大会ではK-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメントが行われる 最も緊張感が走ったのは第16試合で対戦するマハムード・サッタリ(イラン/TEAM OTA/ICF)とステファン・ラテスク(ルーマニア/SCORPIONS IASI)だ。両者計量を終えての写真撮影で、サッタリに歩み寄ったラテスクが鼻と鼻がくっつくほど超接近してのフェイスオフ。両者は司会者の終了の声も無視して睨み合いを続け、スタッフが引き剥しても互いに視線を外さない。両者とも何か言葉を口走り、ステージから降りていった。  この後、14:30から前日記者会見がABEMAにて生中継される。 <計量結果> ▼第22試合 K-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメント決勝 3分3R延長1R準決勝(1)勝者準決勝(2)勝者 ▼第21試合 スーパーファイト K-1フェザー級 3分3R延長1R軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス/K-1 WORLD GPフェザー級王者)=57.45kgワン・ジュングァン(中国/天津阿福ファイトクラブ/CFP/元ENFUSION -57kg級世界王者)=57.25kg ▼第20試合 スーパーファイト K-1ヘビー級 3分3R延長1Rシナ・カリミアン(イラン/SINA ARMY/K-1 WORLD GPクルーザー級王者)=99.45kgカルロス・ブディオ(ブラジル/ブラジリアンタイ/KTK WORLDヘビー級王者)=97.5kg ▼第19試合 スーパーファイト K-1女子フライ級 3分3R延長1RKANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/K-1 WORLD GP女子フライ級王者)=51.95kgオロール・ドス・サントス(フランス/KERN’S GYM/元Enfusion女子ストロー級王者)=51.65kg ▼第18試合 スーパーファイト -56kg契約 3分3R延長1R金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者)=55.95kgキリルアン・チョー.ハーパヤック(タイ/Chor.Hapayak GYM)=56.1kg→56.05kg→56.0kg ▼第17試合 -56kg契約 3分3R延長1R玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス/第6代Krushスーパー・バンタム級王者)=56.0kgイスマイル・アル・カディ(キプロス/ALEXY MUAY THAI CYPRUS/KOKフライ級世界王者)=55.85kg ▼第16試合 K-1クルーザー級 3分3R延長1Rマハムード・サッタリ(イラン/TEAM OTA/ICF/K-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメント優勝)=87.1kgステファン・ラテスク(ルーマニア/SCORPIONS IASI/ISKA世界クルーザー級ジュニア王者)=89.0kg ▼第15試合 スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R延長1R江川優生(POWER OF DREAM/第3代K-1 WORLD GPフェザー級王者)=59.85kg島野浩太朗(菅原道場/第7代Krushスーパー・フェザー級王者)=59.95kg ▼第14試合 スーパーファイト K-1スーパー・ライト級 3分3R延長1R林 健太(FLYSKY GYM/第3代K-1 WORLD GPライト級王者)=64.95kg不可思(クロスポイント吉祥寺/KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王者)=64.95kg ▼第13試合 K-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメント準決勝(2)3分3R延長1R一回戦(3)勝者一回戦(4)勝者 ▼第12試合 K-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメント準決勝(1)3分3R延長1R1回戦(1)勝者1回戦(2)勝者 ▼第11試合 K-1スーパー・ウェルター級 3分3R延長1Rジョムトーン・ストライカージム(タイ/ストライカージム/ラジャダムナンスタジアム4階級制覇)=69.75kg森田奈男樹(エイワスポーツジム/第4回JFKO全日本選手権軽重量級優勝)=69.75kg ▼第10試合 K-1ライト級 3分3R延長1R与座優貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/極真会館2017年第6回世界ウェイト制軽量級優勝)=62.3kgエークピカート・モー.クルンテープトンブリー(タイ/志村道場/元ラジャダムナンスタジアム認定スーパー・ライト級王者)=62.15kg ▼第9試合 K-1ライト級 3分3R延長1R篠原悠人(DURGA/第6代Krushスーパー・ライト級王者)=62.35kg弘輝(WORLD TREE GYM)=62.2kg ▼第8試合 K-1クルーザー級 3分3R延長1R加藤久輝(West A/ALIVE/第2代HEAT総合ルールミドル級王者)=90.0kgAKIRA Jr(フィリピン/若獅子会館総本部/蹴拳スーパーミドル級王者)=88.75kg ▼第7試合 K-1フェザー級 3分3R延長1R玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス/Krushフェザー級王者)=57.45kg斗麗(WIZARDキックボクシングジム/2022年K-1フェザー級世界最強決定トーナメント準優勝)=57.4kg ▼第6試合 スーパー・ファイト K-1フェザー級 3分3R延長1R椿原龍矢(月心会チーム侍/第4代K-1 WORLD GPフェザー級王者)=57.25kg兼田将暉(RKS顕修塾/元RKSフェザー級王者)=57.45kg ▼第5試合 K-1フェザー級 3分3R延長1R新美貴士(名古屋JKファクトリー/第5代Krushフェザー級王者)=57.5kg國枝悠太(Never mind)=57.5kg ▼第4試合 K-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメント1回戦(4)3分3R延長1R壬生狼一輝(力道場静岡/第7代Krushバンタム級王者)=52.95kgサンベル・ババヤン(アルメニア/Black Bull/WKNバンタム級世界王者)=52.95kg ▼第3試合 K-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメント1回戦(3)3分3R延長1R黒田斗真(K-1ジム心斎橋チームレパード/2021年K-1バンタム級日本最強決定トーナメント優勝)=52.95kgヨーシラー・チョー.ハーパヤック(タイ/チョー.ハーパヤックジム/オムノーイスタジアム認定バンタム級王者)=52.7kg ▼第2試合 K-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメント1回戦(2)3分3R延長1R石井一成(ウォー・ワンチャイプロモーション/WBCムエタイ世界スーパーフライ級王者)=53.0kgオスカル・ボルケス(エクアドル/Team Promebox/WKAバンタム級世界王者)=53.1kg→53.0kg ▼第1試合 K-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメント1回戦(1)3分3R延長1R池田幸司(ReBORN経堂/Krushバンタム級王者)=53.0kgアンビ・エンスエ・アボモ(赤道ギニア/Pure Impact/FCKBMT -57kgカタルーニャ王者)=52.8kg ▼K-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメント・リザーブファイト 3分3R延長1R野田 蒼(月心会チーム侍)=52.9kg峯 大樹(若獅子会館)=52.95kg ▼プレリミナリーファイト第3試合 K-1フェザー級 3分3R石田龍大(POWER OF DREAM)=57.25kg田中 聡(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)=57.4kg ▼プレリミナリーファイト第2試合 K-1クルーザー級 3分3R山口翔大(TEAM3K)=89.05kg佐野勇海(拳之会)=89.85kg ▼プレリミナリーファイト第1試合 K-1ライト級 3分3R三宅祐弥(Hacker GYM)=62.45kg新太(K-1ジム心斎橋チームレパード)=62.4kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント