K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】壬生狼一輝が今回は井脇ノブ子氏になりきりパフォーマンス「日本の教育会に風穴を開ける!」対する峯大樹「もらい事故です」と苦笑

2022/06/29 23:06
 2022年8月11日(木・祝)福岡国際センター『ECO信頼サービス株式会社PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』の記者会見が6月29日(水)都内にて行われ、追加対戦カードが発表された。  バンタム級3分3R延長1Rで、壬生狼一輝(力道場静岡)が峯大樹(若獅子会館)と対戦する。  壬生狼は幼稚園から日本拳法を学び、のちにキックボクシングに転向。地元・福岡と九州の大会でキャリアを積み、高校在学中にプロデビュー。九州のキックボクシングイベント「大和」のバンタム級王座も獲得した。高校卒業時に福岡を離れ、力道場静岡に入門。ジムの2階で寝泊まりしながら練習漬けの日々を過ごす。2020年8月にKrush-EXで勝利を収めると、同年11月のK-1福岡大会で元Krushバンタム級王者・晃貴を、2021年1月のKrushでは松本日向を撃破。3月には吉岡ビギンをも破り第7代Krushバンタム級王座を獲得した。しかし、2021年5月の「K-1バンタム級日本最強決定トーナメント」では決勝へ進出するも黒田斗真にKO負けで初黒星。12月の黒田との再戦では延長戦で判定負け、2022年3月の初防衛戦では池田幸司に判定負けと連敗中。戦績は12勝(2KO)3敗。  峯は2019年10月にRKSバンタム級王座を奪取すると、同年12月よりKrushに参戦。藤田和希、高橋享祐に勝利するも萩原秀斗、池田幸司、松谷桐に敗れている。前戦は2022年4月に大村修輝から延長戦の末に判定勝ち。戦績は8勝(3KO)5敗。  今回、壬生狼はピンクのスーツにメガネ、カツラ、さらにメイクを施し、政治活動家の井脇ノブ子氏を彷彿とさせる姿で登場。「原点回帰! やる気、元気、一輝! 壬生狼一輝です。今日の服装は井脇ノブ子先生寄りの壬生狼一輝です。今日は日本の教育会に風穴を開ける! よろしくお願いします」と挨拶した。  そのコンセプトを聞かれると「私の先生がね、国際海洋高校出身だからですね。それもつながっていてですね。また井脇ノブ子先生の出身が大分ということで、一緒の九州(壬生狼は福岡出身)ということで、このネタを使わずにはいられないと思って、ちょっとお借りさせていただきました」と説明。  最近は大仁田厚ネタが多かったが、今回はなぜ使わないのかと問われると「何を言うとる! 私は邪道魂を持ちつつ、これをやっとるから。そこは後々やりたいと思います。一つだけじゃちょっとねえ…ファンの人も飽きてくるから。だから七色の顔を持つ男に、私はなります」とレパートリーを増やしていきたいとし、大仁田も九州出身なのでやらないとまずいのではとの突っ込みを受けると「そこは気にするな! 気合いでなんとかなる」と気合いで押し切った。  一緒に会見に登壇した峯は「初めてのK-1本戦なのでめっちゃ楽しみなんですけれど、さっき(大沢)文也くんに『会見、余裕でKO負けやん』って言われたので、試合でKO勝ちしようと思います」と、会見では壬生狼のパフォーマンスに勝てないとしながらも、試合ではKOすると宣言。壬生狼を見ての感想を求められると「凄いなと思いますよね。こんなん、恥ずかしくてできないので。ホンマに凄いなって思います」と、壬生狼のハートの強さに脱帽だ。  壬生狼の印象を「スピードもあってコンビネーションも上手いし、タフやなあと思います」と峯が言うと、壬生狼は「峯選手、元気がないようじゃから、ちょっとワシがここで気合いを入れてやろうと思う。峯選手、一緒にご唱和ください。はい、ガッツ! 根性! やる気!」と峯に無理やり復唱させると、同席した中村拓己K-1プロデューサーにも強要。壬生狼は「どうですか、気合い入りましたか」とご満悦だったが、峯は「もらい事故です」と苦笑した。  最後に、今大会からK-1バンタム級戦線に参入してくる石井一成について聞かれると「そうじゃのう…今回、福岡参戦ということで。まあ、一成くんに限らず、九州全員で団結して全勝目指して頑張りたいと思います」と、今回は九州出身者(石井も福岡出身)全員で頑張りたいと宣言した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント