EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
インタビュー

【UFC】七人のサムライ(2)SASUKE「ファイターとして“戦って評価されてお金をもらうこと”が一番」

2022/06/03 17:06
 2022年6月9日(木)と6月10日(金)の2日間にわたりシンガポールで1回戦が開催される『ROAD TO UFC』。  ABEMAでの完全無料生中継も決定した同トーナメント(※1回戦が6月、準決勝は9月、年末に決勝戦。優勝者がUFCと契約)には、フライ級、バンタム級、フェザー級、ライト級の4階級に“七人の侍”が出場する。  本誌では、トーナメント出場7選手にインタビューを行った。前回の松嶋こよみに続く2人目は、現修斗世界フェザー級王者、米国ラスヴェガスでは朝倉海とも練習し、北米修行を終えてUFCに挑む、弘中邦佳の弟子・SASUKE=佐須啓祐だ。 UFCには何としてでも行ってやるぞと思っていた ――まずは今回の「ROAD TO UFC」のトーナメントへの出場が決まったときの率直な気持ちを教えてください。 「まあ、嬉しいというのが本当に一番最初に思ったことでしたね。やっと、こんなタイミングで来るんだなと思いました」 ――米国ラスベガスでも修行をされていました。「こんなタイミングで」というのは……。 「しばらく試合が無いというふうになって、期間が空いて、アメリカに格闘技修行に行ったんですけど、そのキャンプ中盤くらいにオファーが来て『6月に』ということだったので、日本に戻ったらすぐ試合という感じですかね」 ――昨秋に米国PFLの試合直前オファーもあったなかで、ラスベガス修行を決めた。今回の「ROAD TO UFC」の話が来ていると聞いたのはその米国修行中だったと。 「3月下旬くらいに『ROAD TO UFC』があるけど出場したいか、という話をマネジャーからもらって、そこで初めて知ったんですよ。『出たいです』と返事をして、プッシュする方向で話が進んでくれて、4月の下旬くらいに決まりました。最終決定はわりと最近でしたね。  この話が来たときに、僕の試合の映像をUFC側に送ってもらって返答を待っていたんですけど、その試合を見た上で取ってくれたということは、試合内容も少しは評価してもらえたのかなと思っています」 ――その正式決定から試合までの期間、1カ月半くらいでしょうか。調整期間としてはいかがですか。 「ラスベガスで練習してるときから、すごい追い込み練習みたいな感じになっていて、もう練習しかしてなかったんです。なので、日本に戻ってきてからももちろん練習を続けるつもりでいたんですけど、向こうで練習が出来ていたから、こっちでは特に焦る必要もないかなというくらいです」 ――UFCをどうイメージしていましたか。 「もちろんずっと行きたいと夢見てた舞台で、いつか何としてでも行ってやるぞというふうに思っていました。それが、現地でもUFCを見て、やっぱり、規模も観客も動くお金も、自分の想像以上で、すごく行きたいという思いが、よりいっそう強くなりましたね」 米国に柔道文化はあまり浸透していない分、テイクダウン出来る ――ラスベガスでの練習の手ごたえはいかがでしたか。 「いろいろ吸収できました。強いところはもちろん強いと思ったし、自分の持っている技術とか実力で通じるところもあるなという手応えも掴みました」 ――シンジケートMMAでは、UFCバンタム級のメラブ・ドヴァリシヴィリ選手との写真などは拝見しましたが、どんな選手と練習することが多かったでしょうか。 「メラブとは、けっこう毎日練習してましたね。僕が行ってたシンジケート所属のUFCファイターとはほとんどやったと思います。ライトヘビー級にカイル・ラウントリーとだけはサイズが違いすぎるのでやらなかったですけど、ナタン・レヴィとか、あとはブランドン・ジェンキンス、ジョーダン・ラヴィットですかね。軽くなってくると、オデー・オズボーン、ヴィンス・モラレス。あとはあそこは出稽古でいろいろな選手が来てて、MMAじゃないですけど、ドナルド・セラーニともグラップリングの練習をしました」 (C)Zuffa LLC ――UFC本戦で戦っている錚々たる面子ですね。イスラエル出身のナタンのような上地流空手&クンフーベースという特殊な武器も持つ選手とも練習して、SASUKE選手の中で手応えを得たというのはどんなことでしょうか。 「みんな凄く考えながら練習していました。彼らの練習の取り組み方も関係しているのかもしれないですけど、けっこうテイクダウンが取れるなとか、けっこうパンチが当たるなとか、今まで自分が培ってきた技術を組み合わせて戦うと勝負できるところもあるな、というのは正直感じました」 ――培ってきた技術のなかには柔道もあるかと思います。現地での朝倉海選手との練習動画の中で、足技が効いているシーンも拝見しました。 「足技は向こうの選手にもけっこうかかりましたね。それこそナタンみたいな、独特のファイターは、足払いとかもしてたりするんですけど、基本、米国はレスリング文化なので、コーチの教え方も、レスリングの長所だけをMMAに落とし込むみたいな感じで教えるのがすごく上手なんですが、柔道という文化は浸透していないので、ほぼテイクダウン&テイクダウンディフェンス、スクランブルの攻防はレスリングがベースになっていました。そのなかで柔道の足技などは、向こうの選手があまり持ってない技術なので、けっこう“これはなんだ”、みたいな感じになっていましたね。  僕なんかは柔道で全然成績残せなかった人間で、インターハイすら出てないし、高校3年間は続けましたけど、結果としてしんどすぎてそこで折れちゃった、途中でやめちゃった人間なんですが、ただ、やっぱり僕の長所というのもそこにあって、そこを上手くMMAにハメることができれば、全然通用すると思いますね」 ――逆に、ここがいま自分には足りていないと感じた部分は? 「柔道で培った足技とか、テイクダウンはけっこう取れたんです。なので、状況を作ればテイクダウンは出来るというのは分かりました。一方で、外国人特有の極めの強さとか、身体のバネとか、行くところで行く感覚というか、そこはもっと自分が養わなきゃいけないところなのかなと。試合を終わらせにいくところですね。多少雑なシチュエーションでも、強引にでも絞め上げるとか、最後何秒で打ち合いに行くとかっていう、やっぱりそういう場面で外国人は強いなと思いました。それは嗅覚というよりも、“そういうふうに作られるような練習をしているな”というのは向こうで感じた部分です」 ――なるほど、練習の時点で行くべきときに行けるように作っていると。それはフィニッシュして、より上のプロモーションに上がっていくように意識しているからでしょうか。 「どうでしょう。そもそも競技人口が多いので、圧倒的に勝ち上がらないとやっぱり注目してもらえないですよね。根底にはそういうところがあるのかもしれないです」 [nextpage] 松嶋選手とは「決勝で戦いましょう」と言っていたけど ――さて、今回の1回戦の対戦相手は中国のイー・ジャーになりました。中国国内での試合が多いですが、18勝3敗で打撃でも関節技でも15のフィニッシュを持っている。Kunlun Fight時代に現ONEのマーク・アベラルドに判定負けしています。実際に映像をご覧になってどういう印象を持っていますか。 「きっと何でも出来るんだろうなというイメージで、特に“組みたい”選手かなと。映像を探して見たら、けっこう“ガーッ”と組んできてバックを取ってという感じで、身体は強そうだなと思いました。打撃を見ると顔が逃げたりするときもあって、あとはそんなにスタミナに自信ないのかなって。だからああやって序盤から早く来るのかなとも思いました。自分としては、押さえるところを押さえて、潰すところを潰せば、十分勝つ可能性はあるかなと思います」 ――そこを勝ち上がっていけば、準決勝で松嶋こよみ選手との対戦の可能性も出てきます。8選手がいるなかで、準決勝で日本人対決もありうることについては、どう感じましたか。 「そうですね……実は、このあいだ修斗のときに松嶋選手と挨拶をさせてもらったんです。僕がケージに上がる直前に松嶋選手とばったり合って。もともと面識のある人だったので、『お互い頑張りましょう。2人で決勝で戦いましょう』という話をしたんです。そうしたら、その次の日に同じ山というか、同じサイドに入ってるのを知って“ああ、そうか”って。僕個人の思いでは、やっぱり僕ら2人が決勝で戦うことによって、UFCという市場を日本に少しでも広められると思っていたんです。だから、決勝でやるのが理想だったんですけど、同じ山に入っていて、何となくやるせない気持ちみはなりましたね」 ――フェザー級は中国人が3選手、韓国人と日本人がそれぞれ2選手、そしてインドネシア人が1選手のなか、非情な組み合わせと感じました。しかし、UFCとの契約を確実に勝ち取るためには、誰が相手でも「最後の1人」になるしかない。 「そうですね。全員人生を賭けて来ていると思うので、3回戦うので、3人の夢を踏みにじるというか、そういう気持ちでいないと勝てないので、ずっとそういう覚悟は持っています」 ――この間、修斗でフェザー級王座を争った工藤諒司選手が、PFLのリーグ戦初戦で昨年ベスト4の強豪ブレンダン・ラウネーンに3R 出血によるテクニカル判定で、タフな試合を戦いました。 「リアルタイムでは見れなかったですけど、後で見ました。刺激を受けましたね。工藤選手の力強さも見れましたし、結果に関しては残念でしたけど、やっぱり“そういうこともあるんだな”というのも感じました。だから、より明確に力を見せつけなきゃいけないのかなというのは、試合を見て感じました。  自分の試合も、もちろんここで勝てないようでは、絶対に本戦でも勝てないし、かといって、勝ち急ぎすぎて雑になってやられちゃったら、もうそれで全てが終わりになってしまうので、ちゃんとダナ・ホワイト代表にアピールできるような内容を意識ながらも、1試合1試合、集中して最後まで勝ち抜かなきゃいけないと思っています」 朝倉海選手と話して変わったこと、変わらない思い (C)KAI Channel ――あらためてワンマッチが3カ月間隔で連続する今回のトーナメントをどうとらえていますか。 「怪我なく勝ち上がるのが理想ですよね。一応聞いているプランでは、6月に1回戦、9月が準決勝、12月が決勝と半年間かけてやると聞いているので、そのどれもがキャンセルできず落とせないという意味でハードかもしれないですけど、逆に言えば、勝てば試合が保証されるから、いいペースで試合が出来ると思うんです。そのためにはまずは身体が一番大事ですし、怪我せず勝ち上がっていくこと。早い段階でフィニッシュするのが理想ですよね」 ――今回トーナメントが3階級あって、もしかするとUFCと契約する日本人選手が何人か出てくる可能性がある。日本の格闘技ファンにももっとUFCを知ってほしい、浸透してほしいという気持ちもありますか。 「正直、最初は無かったです。僕がUFCに行きたいと思っていて、僕が行ければいいと思っていました。もう他がそのことを知っていようが、いまいが、別に自分が良ければそれでいいと。でも、ラスベガスで朝倉海選手と話をして、ちょっと考え方が変わったというか……彼のYouTubeで話をしたときに、練習をして、アメリカはやっぱり進んでいるという話をしたときに、僕は『そうですね』くらいの感じだったんですけど、あの人は、やっぱり日本もそこに行かなきゃいけないから、日本を引っ張りたいと言ったんです。  それを聞いたときに、この人はすごいなと思って。日本人が頑張ってそこのレベルまで行けば、結果として市場開拓もできるだろうから、朝倉選手はUFC PI(パフォーマンス・インスティチュート)のようなものを日本に作りたいと言っていたんです。それがどこまで現実的か、現実的にどうしたらいいかまで考えていた。そういう話を聞いて、やっぱり今までは自分がUFCに行ければそれでいい──今もその気持ちはありますけど、少し考え方が柔軟になったというか、日本の人に知ってもらうのも大事なんだなと思いました」 ――一方で、RIZINという舞台だからほかの選手より注目を浴びるという現状もあったと思います。それを見返したいという思いは無かったですか。 「見返したいというか、僕はやっぱりUFCに行きたいという思いだけだったので、正直あまり気にしてはいなかったです。もしRIZINのほうから声をかけていただいて、例えば対戦相手が実績のある外国人選手で、その選手に勝てばUFCも視野に入ってくるんじゃないかという試合であれば、やっていたと思います」 ――米国修行も敢行し、強さを求めるなかで、今回のトーナメントが決まった。SASUKE選手がUFC契約を賭けた試合に臨むことの意味をどうご自身のなかで感じていますか。 「プロとして格闘技をやる上で、もちろんお金が欲しいです(笑)。ただ、僕の中での美学というか、哲学というと大げさかもしれないですけど、やっぱりファイターとして“戦ってお金をもらうこと”“戦って人に評価されること”がやっぱり僕の中で一番ベストだと思っています。  でも正直なところ、戦って得るお金だけで生活するのって、日本ではなかなか難しいのが現状じゃないですか。例えばその知名度が上がって、YouTubeをやったりとか、それで収入を得たりとか、もちろんそれもいいと思います。結局生活が成り立たないと、練習時間を確保して、格闘技を使ってお金を生み出すことも難しい。  ただ、ファイターとしては、戦ったことが評価されてお金が欲しい。そういう気持ちが強いんですよね。やっぱり僕は弘中邦佳マスタージャパン代表に、格闘技をゼロから教わってきて、弘中さんはそのUFCに出ていた。そこにすごく憧れたんですよね。そのときにどういう状況だったのかもたくさん聞いていて、それが今回の米国修行にもつながっています。だから、UFCで戦って評価されて、生活をする──それが今の僕の目標というか、やりたいことだと、そう思っています」 ――今回はマスタージャパンの大勝負でもありますね。 「そうですね。(野瀬)翔平も出ますからね。弘中さんも現地に来てくれます」 ――弘中代表も「ROAD TO UFC」に来る。世界最高峰の舞台で最強を目指す選手たちと戦って、飯を食っていく。浪漫を感じます。 「もちろん自分が目標を成し遂げること。同時にやっぱり弘中さんがつくったジムの勝負という見方もできると思うので、翔平にも頑張ってほしいですし、僕も勝って、弘中さんを喜ばせてあげたいという気持ちはすごくありますね」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント