EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
シュートボクシング
ニュース

【シュートボクシング】7連勝の笠原弘希がKNOCK OUT-BLACKライト級王者バズーカ巧樹と王者対決、佐藤執斗はHIROYUKIを迎え撃つ

2022/05/26 21:05
 2022年6月26日(日)東京・後楽園ホール『SHOOT BOXING 2022 act.3』の第一弾対戦カードが発表された。  SB日本ライト級王者・笠原弘希(シーザージム)vsKNOCK OUT-BLACKライト級王者バズーカ巧樹(菅原道場)の王者対決が決定。  笠原はSB次期エース候補として期待され、2018年9月、SB日本フェザー級王座決定戦で元貴を下して王座を獲得。2019年6月大会では前SB日本スーパーバンタム級王者・ 内藤大樹との接戦を制し、9月のSB日本スーパーフェザー級タイトルマッチでは王者・深田一樹を2RKOで下して二階級制覇を達成した。2020年2月には前口太尊にTKO勝ち。2021年2月にはKNOCK OUTーREDスーパーライト級王者スアレックに2RでTKO勝ちし、周囲をあっと驚かせた。12月大会ではKNOCK OUT-REDライト級王者・重森陽太にジャーマンスープレックスを決めて“これぞシュートボクサー!”といえる勝ちっぷりを見せると、今年初戦の2月大会では「無法島GP 初代KNOCK OUT 64kgトーナメント」優勝者でもある西岡蓮太が保持するSB日本ライト級タイトルに挑戦し、必殺の左ボディブローで見事に2RKO勝ちでタイトル奪取。SB史上初の三階級制覇を達成した。戦績は26勝(11KO)4敗。  バズーカはMA日本キックボクシング連盟をホームリングに様々な団体で活躍。特にKrushやK-1では6勝(4KO)1敗という好成績を残した。2020年2月の無法島GPでは決勝戦で西岡蓮太に判定負けを喫するも大きなインパクトを残して“覚醒”。8月大会では丹羽圭介に判定勝ちしてKNOCK OUT-BLACKライト級王座を奪取。12月にノンタイトル戦で大谷翔司に判定負けを喫するも2021年5月の再戦ではリベンジを果たすと共に初防衛に成功した。7月のKNOCK OUTでは康弘に3RでKO勝ち。10月にはWMAF世界スーパーライト級王座決定戦で勝利し、二冠王となった。今年4月には『藤原祭』でマサ佐藤にTKO勝ちしている。  スアレック、重森などKNOCK OUT王者勢を次々と撃破し、現在7連勝中の笠原がバズーカも撃破するか。それともバズーカが現SB王者狩りを果たし、西岡へのリベンジにつなげるのか。  また、SB日本バンタム級王者・佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ)と元新日本二階級王者・HIROYUKI(RIKIX)の一戦も決定。  DEEP初代ストロー級王者カン・サトーを兄に持つ佐藤は、トリッキーな動きから繰り出す蹴り技を得意とし、SB中部地区の注目株。2021年3月の『KROSS×OVER11』では、ベテランの藤原あらしに判定勝ち。2週間後のRIZIN名古屋大会では國本正義と激闘を繰り広げ、7月にはMA日本バンタム級王者・KING剛も撃破。12月のSB日本バンタム級王座決定戦で伏見和之をKOして王座に就いた。今年2月のSB日本スーパーバンタム級王者・植山征紀との王者対決には判定で敗れたが、シーザー武志会長がSBを体現できる男として太鼓判を押す存在だ。戦績は12勝(6KO)16敗1分1無効試合。  HIROYUKIは目の良さと身体能力の高さを活かし、打たせずに打つ試合が持ち味。時折、派手な蹴り技も見せる。新日本キックボクシング協会の第6代日本フライ級王者&第12代日本バンタム級王者。様々な団体に参戦しており、2021年7月には『NO KICK NO LIFE』でムエタイ五冠王の鳩を鮮やかなハイキックでマットに沈め、9月のBOMでは二冠王の稔之晟に判定勝ち。今年1月には大ベテランの藤原あらしをTKOに降すと、4月にSB初参戦。内藤啓人と延長戦にもつれ込む接戦を制した。戦績は29勝(13KO)10敗4分。  SBのベルトも狙うHIROYUKIが王者とのノンタイトル戦で勝利してタイトルマッチへ漕ぎ着けるか、それとも佐藤が王者の意地を見せるか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア