MMA
レポート

【PANCRASE】西尾真輔が芳賀ビラルをKO! エリートレスラー藤波勇飛が判定勝ち、第28回ネオブラッド・トーナメント5階級&ワンマッチも

2022/05/22 13:05
PANCRASE 第28回ネオブラッド・トーナメント 2022年5月22日(日)品川インターシティホール ▼第21試合 フライ級 5分3R〇谷村泰嘉(パラエストラ八王子)[1R 0分35秒 ギロチンチョーク]×大塚智貴(CAVE/階級変更) [nextpage] 【バンタム級 ネオブラッドトーナメント2回戦】▼第20試合 5分3R×上野惇平(ハイブリッドレスリング八戸)[判定0-3] ※28-29×3〇持田哲兵(MMA RANGERS GYM) 1R、ともにオーソドックス構え。詰める上野に出入りで左ローは持田、ジャッジ3者10-9で持田。2R、常に詰める上野が右を突き左右ボディ、首相撲ヒザを当てるが、終盤に持田は左ストレートでダウンを奪い、3者10-9で持田のラウンドに。3R、詰める上野。ボディ、顔面と上下に打ち分け、右フックでダウンを奪いインサイドガードに。片足を抜きハーフにする上野。持田の上体を剥がし、パスガーマウント。アメリカーナから肩固めに移行し、再びサイドからマウント&両手パウンド連打もゴング。判定は3-0(29-28×3)で持田が勝利した。 [nextpage] 【バンタム級 ネオブラッドトーナメント2回戦】 ▼第19試合 5分3R×漆間將生(KRAZY BEE)[判定0-3] ※27-30×3〇鬼神光司(CAVE) 1R、右を打つ漆間に鬼神は組んでダブルレッグテイクダウン。金網で上体立てる漆間の足を両足で引き出し、右で差して左のパンチは鬼神。再三鬼神がダブルレッグで同じ展開を作る。3者10-9鬼神。 2R、漆間の最初の右ローを鬼神が掴んでテイクダウン。片ヒザ立て立ち上がる漆間を鬼神はダブルレッグ、シングルレッグでテイクダウン。なおも立つ漆間を追う鬼神。漆間は顔を剥がしてヒジ、細かいパンチは両者。いったん体が離れると左フックもそこに組む鬼神。3者10-9で鬼神。 3R、左ヒザ、フックの漆間に、スタンドでも左右を打ち返す鬼神。詰める鬼神に頭を押して立ち上がる漆間だが、最後の拍子木にダブルレッグテイクダウンは鬼神。パウンドを入れてゴング。判定3-0(30-27×3)で鬼神が勝ち残った。 [nextpage] ◆ワンマッチ ▼第18試合 フェザー級 5分3R×上田厚志(烏合會)[判定0-3] ※27-30×3〇加藤泰貴(RODEO STYLE) 1R、詰める加藤は前手の左、上田はジャンピングガードでギロチン狙うも加藤は首を抜く。3者加藤支持。2R、左打ち合いから組んだ上田。互いにスタンドでアームロック狙いも上田は下からヒザ十字、アンクル狙い。足を抜いた加藤が左右で前進。右ローを当てる。3者加藤。3R、見合う展開多いなか、前手の左フックを突く加藤。上田も右を返して詰めるがそこに加藤はダブルレッグテイクダウンでゴング。 [nextpage] ▼第17試合 フライ級 5分3R〇佐々木亮太(蒼天塾あざみの道場)[2R 3分18秒 アメリカーナ] ※袈裟固めからVクロス×今井健斗(マーシャルアーツクラブ中津川)※今井健斗: 1999年8月10日 168cm 岐阜県 1Rテイクダウンの佐々木に金網蹴ってリバーサルした今井がバック。スクランブルする佐々木は三角狙いもスラムする今井がバックからリアネイキドチョーク狙い。2R、先にバック奪う今井に、佐々木は正対からパス。袈裟固めからアームロックを極めた。 [nextpage] ▼第16試合 フライ級 5分3R〇赤崎清志朗(香取道場)[1R 3分23秒 TKO] ※ヒザ蹴り、右ストレート効かせてパウンド×中山陸斗(reliable) [nextpage] 【第28回ネオブラッドトーナメント 5階級・1回戦】 ◆ライト級 4人トーナメント ▼第15試合 5分3R〇木村裕斗(パンクラスイズム横浜)[2R 1分03秒 TKO] ※バックマウントからパウンド×春川広明(パラエストラ広島) [nextpage] ▼第14試合 5分3R×芳賀ビラル海(MASTER JAPAN TOKYO)1996年11月22日、愛知県出身。171cm MMA1敗[2R 3分20秒 KO] ※右フック〇西尾真輔(宇留野道場)1993年4月21日、岡山県出身。170cm MMA:2勝2敗1NC 1R、ともにオーソドックス構え。左右ローを前足に突く西尾。チェック芳賀は右の飛び込みを胸元に。西尾のテイクダウン狙いを切る。3者芳賀を支持。2R、ジャブで西尾のアゴを上げさせる芳賀。鼻血の西尾は左フックを当て片ヒザを落とさせると、打ち合いのな芳賀の打ち返しの左を浴びながらも詰めて左フックでKO! [nextpage] ◆フェザー級 6人トーナメント ▼第13試合 5分3R〇石田陸也(DOBUITA)1989年11月4日 神奈川県出身 181cm 2021年MWJ杯優勝 プロデビュー[1R 3分32秒 三角絞め]×大森 光(G-face)1996年9月15日 福岡県出身 174cm 2021年アマチュアパンクラス九州選手権ライト級優勝 プロデビュー [nextpage] ▼第12試合 5分3R〇糸川義人(TURNING POINT MMA)2002年8月6日 茨城県出身 170cm 2021年MWJ杯ライト級3位 プロデビュー[1R 終了時 TKO]×FUMA (プロレスリングBASARA) ボディロックテイクダウンを狙うFUMAに、際で上を取る糸川。鉄槌連打にFUMAは手首持ち下から腕十字狙いも、糸川はパウンド、ヒジでFUMAがカット。出血多くストップ。 [nextpage] ▼第11試合 5分3R〇藤波勇飛 (EXFIGHT)[判定3-0] ※30-27×3水杉泰誠(Pound/TEAM AGENT) 1R、水杉の飛び込みをいなす藤波。右オーバーハンドの水杉に対しニータップでテイクダウン! 背中見せて逃げる水杉にバックへ。正対したところに振りかぶってパウンドもそのスペースで立つ水杉はシングルへ。それを潰した藤波が上から削る。フルガードの水杉は金網で上体立てて立ち上がりも、そこにボディロックからけんけんでテイクダウンは藤波。3者10-9藤波のラウンド。 2R、左を振ってそのまま早々にテイクダウンは藤波。抑え込みに水杉はクローズドガードで背中を着けて立ち上がることできず。残り30秒で中腰パウンドの藤波。水杉は蹴り上げから立とうとするがついていく藤波が立たせず。3者10-9で藤波。 3R、最初の水杉の入りにカウンターのダブルレッグテイクダウンは藤波。腰を切る水杉を押さえ、鉄槌。片足抜き、パウンドでパス。サイドからヒザをボディに突き、上から肩パンチも落としてゴング。判定は3-0(30-27×3)で藤波が勝利。 [nextpage] ◆フライ級 6人トーナメント ▼第10試合 5分3R×渦巻DATE(Team DATE)[1R 3分39秒 TKO] ※パウンド〇濱田 巧(パラエストラ柏)1994年12月8日 千葉県出身 165cmキックボクシング 22戦13勝8敗1分、MMAデビュー戦 サイドキックの渦巻に対し、ボディロックテイクダウンは濱田。下の渦巻の仕掛け潰してパウンドアウト。 [nextpage] ▼第9試合 5分3R〇伊藤まこと(パラエストラ柏)2001年10月13日 千葉県出身 176cm2021年MWJ杯優勝 プロデビュー[判定3-0] ※30-27, 29-28×2×井上暉也(パラエストラ加古川) 1R、サウスポー構えの伊藤の蹴り、ストレートを2者支持、1者がテイクダウン&鉄槌の井上を支持。2R、オーソドックス構えから右ストレートでダウン奪う伊藤。井上は下から腕十字、三角絞め狙いも察知する伊藤が上。3者伊藤を10-9支持。3R、右で差して左ヒザ突く伊藤。崩して手を着かせてバックマウント。リアネイキドチョーク狙いのままゴング。 [nextpage] ▼第8試合 5分3R×愛翔(Kickboxing Academy Sapporo)[1R 1分22秒 リアネイキドチョーク]〇大野友哉(パラエストラ千葉)1995年2月14日 千葉県出身 169cm2021年MWJ杯優勝 プロデビュー [nextpage] ◆ストロー級 4人トーナメント ▼第7試合植松洋貴(NEVER QUIT)vs.孫悟空DATE(Team DATE)※孫悟空DATEの怪我欠場で植松洋貴が不戦勝。10月10日の決勝戦進出。 (4.29 実施)ストロー級 5分3R〇江崎 壽(ALMA FIGHT GYM BASE)1勝[判定3-0] ※29-28×3×大和田光太郎(パラエストラ八王子)1敗 [nextpage] ◆バンタム級 10人トーナメント ※バンタム級13時開始 ▼第6試合 5分3R×矢澤 諒(パンクラスイズム横浜)[2R 2分09秒 リアネイキドチョーク]〇上田祐起(reliable) 1R、スイッチから右で2度ダウン奪う矢澤。上田はスタンドバックから飛び乗り引き込みリアネイキドチョーク狙い。組み手防ぐ矢澤。2R、ダウン奪った上田がバック回り、リアネイキドチョーク。 [nextpage] ▼第5試合 5分3R〇田嶋 椋(OOTA DOJO)[2R 2分30秒 TKO] ※パウンド×水永将太(MMA RANGERS GYM) 1R、右ロー、ワンツーの右を当てた田嶋を2者が支持。ローキック、スーパーマンパンチの水永を1者支持。2R、田嶋がダブルレッグテイクダウンからまたいでニアマウントでパウンド連打しTKO勝ち。 [nextpage] ▼第4試合 5分3R×木本海人(CAVE)1999年6月27日 東京都出身 172cm2021年MWJ杯3位 プロデビュー[判定0-3] ※27-29〇持田哲兵(MMA RANGERS GYM)1992年8月10日 福岡県出身、171cm MMA2敗 1R、サウスポー構えから左を当てた木本がダウンを奪うも、グラウンド状態の持田に反則の頭部への蹴りで中断。イエローカード。再開。左ハイをかすめる木本に持田はダブルレッグからボディロックテイクダウン! バック奪うが、正対した木本が上でゴング。9-9イーブン。2R、ダブルレッグからシングルレッグの持田。テイクダウン奪う持田に木本はリバーサルも、際の打撃で下に。終盤蹴り上げで立つ木本が左ハイ、ストレートで前に。3者10-9持田。3R、持田のシングルレッグに三角絞めを合わせる木本。頭抜いた持田が上の木本に三角絞めを仕返し、パウンド。座って足をまたいで抜いた木本は左右振るが、持田がしつこくテイクダウン。立つ木本に持田はキムラで回すが上になる木本が打撃で飛び込みゴング。判定3-0で持田が勝利。 [nextpage] ▼第3試合 5分3R〇上野惇平 (ハイブリッドレスリング八戸) [判定3-0] ※29-28×2, 30-27×嶺 大基(KRAZY BEE)プロデビュー ※1Rオーソドックス構えの上野の右、ボディロックテイクダウンで3者10-9上野。2R、サウスポー構えの嶺は左ストレート、上野は右インロー、左ジャブで1者支持も2者が嶺支持。3R、ジャブ&ローの上野がボディロックテイクダウン。クローズドガードの嶺は背中着けさせられ腹にパンチ。いったん上体立てるも引き出され背中着く。 [nextpage] ▼第2試合 5分3R〇鬼神光司(CAVE)[3R 1分00秒 ギロチンチョーク]×谷 育磨 (ゼロ戦クラブ) [nextpage] ▼第1試合 5分3R〇漆間將生(KRAZY BEE)[判定2-1]×中村雄一 (ハイブリッドレスリング八戸)1993年12月16日 青森県出身 174cm2021年アマチュアパンクラス東北選手権フェザー級優勝
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア