キックボクシング
ニュース

【REBELS】敵地に乗り込み対抗戦に臨む新日本キック勢「新日本キックをナメんな」

2019/06/08 22:06
【REBELS】敵地に乗り込み対抗戦に臨む新日本キック勢「新日本キックをナメんな」

レベルスvs新日本キックの対抗戦第2弾が3対3で行われる

2019年6月9日(日)東京・後楽園ホール『REBELS.61』の前日計量&記者会見が、8日(土)都内にて14:30より行われた。

 4月に開戦した「レベルスvs新日本キックボクシング協会」の対抗戦第2弾が今大会で行われる。4月14日に新日本キック主催大会で行われた対抗戦第1弾は2勝2敗1分と全くの互角に終わっており、今回の3対3に注目が集まるところ。


先鋒戦の千羽(左)vs瀬川

 第7試合の先鋒戦フェザー級3分3Rで対戦する、千羽裕樹(スクランブル渋谷/REBELS)は57.05kg、瀬川琉(伊原道場稲城支部/新日本キック)は57.00kgでパス。第8試合の中堅戦ライト級3分3Rで対戦する、大谷翔司(スクランブル渋谷/REBELS)と高橋亨汰(伊原道場本部/新日本キック)はともに61.15kgジャストでクリアー。そして第9試合の大将戦スーパーフライ級3分3Rで対戦する、REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者・老沼隆斗(STRUGGLE/REBELS)と日本フライ級2位・空龍(=あろん/伊原道場新潟支部/REBELS)はともに51.95kgでそれぞれクリアーした。


中堅戦の大谷(左)vs高橋

 新日本キックチームの瀬川は「試合が決まった時はいい試合をしようとか対抗戦だからとかいろいろ考えましたが、明日は何も考えずに結果を出します。矛盾していますが、いい試合が出来たら8月10日(のREBELS.62で)フェザー級をもう1試合組んでいただきたいです」、高橋は「対抗戦第2弾に選んでいただきありがとうございます。前回ウチの先輩がKO負けしているので仇をとって、それと7月に新日本のライト級タイトルマッチが控えているので2連続KO出来るように頑張ります」、空龍は「今回は現王者の老沼選手と組んでいただき嬉しく思っています。明日はレベルスのファンの皆さんに覚えてもらえるように盛り上がる試合をするのでよろしくお願いします」と、それぞれ意気込み。


大将戦の老沼(左)vs空龍

 REBELSチームの千羽は「レベルスと新日本の対抗戦、それも先鋒に選んでいただいて光栄です。自分自身、不甲斐ない試合が続いているので明日はレベルスの選手の誇りをもって強い気持ちで戦いたい」、大谷は「第1回に続き対抗戦に選んでていただき光栄です。明日はしっかり勝って個人的には早くライト級のベルトを巻けるようにしたい。高橋選手はいい選手だと思うので次につなげたい」、老沼は「対抗戦で一番軽い体重なのに大将戦に選んでいただき嬉しく思います。相手は若くて勢いがあるのでガンガン来ると思うので、そこはレベルスのチャンピオンとして受け止めて最後はしっかり倒したい」と、こちらもやる気十分のコメント。

 自分のどんなところを見せたいかとの質問に、千羽は「最近情けない試合が続いていて、倒す試合が出来てないので明日は倒す試合を見せたい」、瀬川は「前にも言いましたが、僕はここにいる日菜太選手の大ファンで憧れているので、左ミドルをバンバン蹴って盛り上げたい。でもダウンとKOがいつも左ストレートなので明日も左で決まると思います」と、両者ともKO宣言。


 大谷は「全体的にレベルアップしていると思うんですが、それが試合で出し切れていないので、蹴りもパンチも両方できるところを明日は見せたい」、高橋は「僕も瀬川も、今回出る与座選手もそうですが、極真あがりなので空手の蹴り技が活かせるようにしたいので注目してほしい」と、それぞれ技術を見て欲しいという。

 老沼が「レベルアップもしているし強くなっているので、スピード・パワー・テクニック、全て見せられたら。レベルスのミスターパーフェクトになるため、明日は覚醒した自分を見せられると思います」と言えば、空龍も「相手は蹴りの強い選手なので僕も蹴り負けるつもりはない。あとスピードにも注目してください。僕も新日本のミスターパーフェクトになります」と、パーフェクトファイター対決をアピールした。

 そして、レベルスに乗り込む形となった新日本キック勢はそれぞれ次のように敵地での戦いの決意を語る。


 瀬川「新日本vsレベルスと言うと、勝次さんと宮越選手、日菜太選手と緑川さん。それに比べたら僕らは全然かもしれませんが、2試合とも負けている状態なので、一般的なファンからしたら新日本キックが強くないんじゃないかと思われているかもしれないので、僕らが3試合でしっかり勝って新日本キックをナメんな、というところを見せたいと思います」

 高橋「僕は今回で20戦目ですが、19戦全部新日本でやってきて、初めて敵地に乗り込みます。不安も緊張もありますし、勝つか負けるか分かりませんが、僕も他団体の王者とやって勝っているので今回も普通に勝つと思います」

 空龍「自分も初めて他団体のリングに上がりますが、新日本の強さを見せていきたい」

 最後に、両軍の大将に勝敗予想を聞くと、老沼は「もちろん3戦全勝3KOで」と力強く答え、空龍は「できれば3勝したいけれど、とりあえず僕は勝つと思っています」と自分だけは勝つと言って周囲を笑わせた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事