MMA
インタビュー

【RIZIN】佐々木憂流迦に一本勝ちしたクレベル・コイケ「朝倉未来は順番待って」「ベルトを持つ牛久と戦いたい」=一問一答全文

2022/02/24 01:02
 2022年2月23日(水・祝)静岡・エコパアリーナで開催された『RIZIN TRIGGER 2nd』のメインイベントで、佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイトチーム)に2R 3分22秒、リアネイキドチョークで一本勝ちしたクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)が、試合後会見でインタビューに応じた。  試合は、1Rにサウスポー構えから前手の右ストレートでダウンを奪った佐々木だがクレベルを詰め切れず。2Rにクレベルがテイクダウンをトライし組んでスタンドバックを奪うと引き込み、最後はリアネイキドチョークを極めた。  試合後、クレベルは自身を追い込んだ佐々木を讃えながらも、「1回でもミスをしたら自分が勝つ時」と、今回もチャンスを逃さなかったと言い、今後について、「ベルトを持っている牛久(絢太郎)とタイトルマッチをやりたい」と王座挑戦をアピール。再戦を望まれている朝倉未来には「順番を待っていて」と語り、「牛久や斎藤や萩原はランカーだと思うけどまだ対戦していないから戦いたい」と、タイトルマッチを優先し、未対以外の選手と戦いたいとした。  なお、クレベルの要望を受けた、榊原CEOは「クレベルは『タイトルマッチ』と言っていましたが、当然のここまでの4連勝だと思いますし、近いタイミングで、ダイレクトでタイトルマッチになるかは“?(クエスチョン)”ですが、近いタイミングのタイトルマッチのナンバーワンの候補にこれで、なったんじゃないかなと思っています」と語っている。 相手はいつでもKO勝ちのチャンスがある。1回でもミスをしたら、それは自分が勝つ時 ──試合後の率直な感想をお聞かせください。 「良かったです。今日、メッチャ嬉しいです」 ──対戦後の佐々木憂流迦選手のイメージは変わりましたか。 「ああ、すごい変わったね。最初に私びっくりしたね、彼が最初すごいパワーが強くて私、『ヤバいなー』って(笑)。いまは憂流迦とは問題なくて、彼のことはメッチャ、リスペクトしていて、長い間、すごい仲良くて、前、負けてるけど特別すごく仲がいい。自分たちはいつもメッセージを送り合ってて、彼がUFCに出たときも、前に(彼が)RIZINに出た時も、私はいつも『憂流迦、頑張って』ってずっと(彼が)戦う時に応援していて。でも(そういう相手とも)試合をやるのは、しょうがないかな」 ──1Rに佐々木選手のパンチがヒットして、クレベル選手は一回ダウンしました。あの時は……。 「違う。あっちのケージが、ちょっと滑るから。滑っただけ(笑)。ほんとう危なかったね。でもそれはしょうがないな。試合で当たったらそれはしょうがない。ただ、自分の頭がフヤヤフヤで、身体もフヤフヤになっていても、心はまだ(折れてない)、つまり、たしかに時々パンチを受けて身体が崩れてしまうんですけど、自分の魂は相手に向いていて、頭のなかではしっかり準備ができている。それをやるために、全然いつ倒れても問題ない。立ち上がって戦い続ける。そして、いつも自分が言っていることなんですが、相手はいつでもKOで僕に勝つチャンスがあります。でも相手が1回でもミスをしたら、それは自分が勝つ時です。それは、自分が試合を終わらせる時なのです」 ──佐々木選手はリアネイキドチョークを一度、回避しました。もう一度行ったのは、そこで仕留められる自信があったからですか。 「それは私が信じているから、ポジションを取れると。1回逃げれられても“いいよ、大丈夫。もう1回出来る、出来るよ”って。最初ちょっとだけ間違えて、その時は彼はちょうどいいディフェンスが出来ていて、彼は良かった。彼は馬鹿じゃないですから。彼は寝技が上手です。みんなには信じていない、見えていないかもしれないけど、彼はオフェンスだけ上手なんじゃない。ディフェンスも上手い。グローブ掴まれて逃られたりするのは、まあ、しょうがないかな。それでも自分にはまだ自信がある。1回やって、2回目また試合をするチャンスがあるとしたら、また自分の一本勝ちです」 ──試合が終わったばかりですが、今後の展望を教えて下さい。 「まあ、私、誰でも。次の試合がまだ誰とやるのか分からないですね。牛久(絢太郎)か、もしかしたら朝倉(未来)選手とやるかもしれない。でも、私は牛久と試合をやりたいです。朝倉はもう戦っているから違う人とやりたいですし、(王者の)牛久選手はベルトを持っているから。彼とタイトルマッチやりたいですね。  ただ、それは私では決められないことです。決めるのは榊原(信行CEO)さんです。自分ははずっと待っています。チャンスさえあれば私は、RIZINのチャンピオンになるよ。それは、間違いないです」 [nextpage] 地元でやるのはすごいプレッシャーだった ──8カ月ぶりの試合で間隔が開いたことの影響はありましたか。 「もちろん、私は長い間試合していなくてちょっと身体が緊張して、長く試合していないとちょっと大変でした。でもね、一番大変だったのは、ここは静岡だということです。地元でやるのはすごいプレッシャーだった」 ──右フックをもらって、ボディにミドルキックももらいました。腹は効いてなかったですか? 「ああ、ミドルはなんともないですね、大丈夫です。パンチはちょっと当たったけど、しょうがない。試合ではいつも当たってしまうから、しょうがないです」 ──最後、チョークを何度か極められなかったですね。パームトゥパームでも極まらず、最後は手首を引っ張ってクラッチを変えたのでしょうか。 「そう、彼がディフェンスして顎とか、いろいろちょうど手が入らなかったのです。でも、自分がいいポジションに(腕を)入れられてなくても、待っていればミスが生まれるから、彼が間違えたらちょっとずつだんだん私が直して、あとで極められる。最初に彼のディフェンスは良かったけれども、ちょっとずつ私が修正していった」 ──あのクラッチは、いつもやるフィニッシュの形でもあるのですか。 「もちろんいつものジムで練習しているポジションですね。私がバックにいったら間違い無いよ、絶対に逃げられない。今日もラスト2分半くらい、あれは絶対に彼は無理です。私の一本勝ち」 ──つまり、佐々木選手のミスは背中を見せたことだったと。 「そう。多分、彼はそれを間違えている。彼が自信があるのはオフェンスで、ディフェンスにあまり自信がなさそうですね。でも私は両方自信があるから」 ──王者の牛久選手と戦う順番を、榊原CEOは以前、斎藤裕選手にあると言っていました。また、今日の試合を受けて朝倉未来選手が対戦を望むことと思いますが、対戦を望まれていることをどう思っていますか。 「未來でも問題はないです。全然怖くない。大丈夫です。絶対私がまた一本勝ちできるよ。……1個さ、言っておきたいな! 朝倉は自分の戦いをやりたいんですよ。最近の2試合、堀江(萩原?)と斎藤。堀江(萩原?)はまったく朝倉のレベルじゃない。でも朝倉は判定で勝った。分かりますかね? 私は今日、佐々木とは同じレベルじゃないから一本勝ちした、それはみんな分かっていますよね。朝倉は、もっと練習頑張ってほしい。彼と私はレベルが同じじゃない。前に対戦して私は朝倉にリスペクト滅茶苦茶あるから戦いたいとも思う。そして、次が誰でも戦う。牛久でも斎藤でも誰でもいい。朝倉に(言いたいの)は『順番待っててください』。1個ずつやってるから。リスペクトはしているけど、まだ(これから)牛久がいるし、斎藤がいる。萩原もやりたいです」 ──順番待ちをしていてください、と? 「そうそう」 ──試合前に佐々木選手のランキングを「10番目くらい」と言っていましたが、試合を終えて、いま何番目くらいだと思っていますか。 「うーん。まだ、同じ『10』です。私も彼をリスペクトしていて、大好き憂流迦。でも、フェザーでまだ勝っていません。バンタムで何回か勝っていますが、でも、10かなあ。順番まだいっぱいいますから、ごめんなさい、憂流迦。でもリスペクトはしています」 ──クレベル選手は、萩原京平選手をなぜそんなに評価しているのですか。 「いま萩原は、フェザー級でいっぱい試合をやっていて、ランキングに入ってる。多分、私と彼が戦うの面白いから。前回、(打撃コーチの)鈴木博昭先生に勝っているから、彼とやりたいかな。思うに、フェザー級のランキングがあったとして、彼はそこに入っていますよね。だから戦いたいんです。萩原とか牛久や斎藤はランカーだと思うけどまだ対戦していなから、私は戦いたいです」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事