ONEONE
MMA
ニュース

【RIZIN】“キングカズ”次男・三浦孝太、大晦日にMMAデビューへ。父カズ、母りさ子さんも「息子の想いにGOを出した」(榊原CEO)

2021/09/19 21:09
 2021年9月19日、さいたまスーパーアリーナにて「Yogibo presents RIZIN.30」が開催された。  第7試合前に、榊原信行CEOがリングイン。「RIZIN開設時に3つのテーマを掲げたひとつが『将来』でした。19歳でデビューさせたい人がいます。キングカズの息子、三浦孝太です」と紹介。  キングカズこと元サッカー日本代表の三浦知良の次男・三浦孝太が大みそかに格闘家デビューすると発表した。  リング上でマイクを握った三浦は、「初めまして。三浦孝太です。誰もが憧れるこの舞台で、大みそかデビューさせていただけることに嬉しく思います」とあいさつ。  続けて「しっかり準備して、皆さんに素晴らしい試合を届けるので、よろしくお願いします」と意気込みを語った。  榊原CEOによると、三浦は数年前から格闘技に取り組み始め、現在はシドニー五輪フリースタイル63kg級日本代表の宮田和幸が代表を務めるBRAVEジムにて、総合格闘技の練習を積んでおり、「この1年くらいでプロデビューしたいと決意し、宮田代表もそろそろ準備が出来たので行かせたいと、言い、お父さんもお母さん(三浦りさ子)も息子の想いにGOを出した」と、説明。  そして孝太の印象を「お父さんに負けないくらい腹が据わっている。親の七光りであっても使えるものを使って這い上がるという野心を強く持っている。であれば、デビュー戦からRIZINでいい。どこかの団体でキャリアを積んで、そこで何勝かしてRIZINに上がってくるより19歳の若さの彼にチャンスを与えたい」と語った。  MMAデビュー戦の試合は、「RIZINのトップ選手に比べれれば、まだまだレベルは下なので、3分2Rとかの試合になる」(榊原CEO)とアマチュアルールに近い試合になる模様。榊原CEOは「ポテンシャル、DNAは最高です。孝太の覚悟を見届けてください」と期待を寄せた。  対戦相手、ルール詳細などは検討中で、後日発表される。 ◆三浦孝太(みうら こうた)生年月日: 2002年5月28日出身地: 兵庫県神戸市身長: 175cm体重: 69kg所属: BRAVEKINGカズこと、三浦知良の次男。明星学園高等学校を卒業後、プロ格闘家を目指す為に進学はせず、宮田和幸のBRAVEに入門し、2021年大晦日のRIZINでのプロデビュー目指して猛練習に励んでいる。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事