K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】延長戦で競り勝った山本直樹、兄の山本優弥の檄で「背中を思い切り殴られて痕ができた」

2020/03/30 05:03
2020年3月28日(土)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.112』の一夜明け会見が、29日(日)都内にて行われた。  第5試合のスーパー・フェザー級戦で、佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に延長戦の末、判定3-0(10-9×3)で競り勝った山本直樹(優弥道場)が会見に出席。前夜の試合を振り返った。 「内容は勝ったけれど反省点ばかりです」といきなりの反省コメントに続き、「初の無観客大会ということでお客さんもいなくて、のびのび戦えると思っていたけれどリングに立つとアツくなっちゃったりして練習してきたことが出せなくて。まだまだ練習しないといけないと思いました」と、自分の未熟さを口にする。  延長戦になる前は「本戦で勝ったとは思っていなかったので。この試合で負けるわけには行かない、倒しに行こうと思って前へ出て結果が付きました。本戦でしっかり勝ったと思える試合内容にしないといけないですね」と、本戦で差をつける試合をしないといけないと言い、「セコンドの兄(K-1 WORLD MAXで活躍した山本優弥)からも『前へ出て倒しに行け』と言われました。背中を思い切り殴られて痕ができているので(苦笑)。次は殴られないようにしっかり自分の実力で勝ちたいと思います」とのエピソードも披露。  昨年12月にはKrushスーパー・フェザー級タイトルに挑戦するも、王者レオナ・ペタスに2RでKO負け。再びタイトル挑戦を目指すためには「やはり、誰が見てもこの選手はタイトルにふさわしいと思ってもらえるように思わせるためにはKOで勝ち続けていくことだと思うので、しっかり倒していけるようにやっていきたい」と、KOできる選手になりたいと語った。  また、今回は新型コロナウイルスの影響で無観客大会となったが「次は生で見てもらえるようにしっかり練習してもっと強くなります」と、ファンへメッセージを送った。◆3月28日(土)東京・後楽園ホール『Krush.112』の全試合結果はこちら
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事