キックボクシング
ニュース

【REBELS】老沼隆斗との王者対決に白幡裕星が覚悟のコメント「息を止めてでも勝ちに行く」

2020/02/28 18:02
2020年2月29日(土)東京・後楽園ホール『REBELS.64』の前日計量&記者会見が、28日(金)都内にて12:20より行われた。計量は全選手がパス。  セミファイナルの52.5kg契約3分3R・延長1R(REDルール=ヒジ打ちあり)で対戦する、REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者・老沼隆斗(STRUGGLE)は52.25kg、MuaythaiOpenスーパーフライ級王者・白幡裕星(橋本道場)は52.45kgでそれぞれ計量をパス。  その後の会見で白幡は「明日は予定通り開催してくださってありがとうございます。2カ月くらい師範や道場の皆さんにしっかり仕上げてもらったので、明日は3分3Rで9分、延長があっても12分、息を止めてでも勝ちに行きたいと思います」と、フルに攻撃を続けると宣言。  王者対決としてホームリングで迎え撃つ老沼も「明日は正直、試合が開催されるか分からなくてちょっと気持ち的にどうなるかと思いました。でも試合ができるので嬉しく思います。全選手頑張るのは当たり前だと思うので、自分らしさを試合に出して見せていきたい」と、試合がなくなる不安もあったが、今は自分らしさを見せたいとする。  お互いの印象聞かれると、白幡は「僕は相手の試合は1~2回しか見ないんです。老沼選手はREBELSで名前のある選手なので、どういう試合にするかは決めていませんが絶対に勝ちたい」と、あまり映像は見ていないという。  それに対して老沼は「映像を何回か見ているし、生でも試合は観たことがあります。動き回る、左ミドルが上手でタイミングもバッチリ、近付いて打ったり、気持ちが強くて打ち合ってくるのでタイプ的には似ていると思います。噛み合うとは思いますが、どういう試合展開になるかはやってみないと分からない。ファーストコンタクトでどういう試合展開にするか決めて、自分らしさを出していきたい」と、白幡の試合は何度も見て研究済みだと話した。  最後に白幡は「コロナを忘れさせるくらいの試合をしたいと思っています。13試合ありますが、この試合が凄かったと言われる試合をしたい」、老沼は「開催するにあたってリスクもあると思うので、見に来てくれる皆さんと関係者に感謝の気持ちを持って、その気持ちを試合で伝えていければと思います」と、この状況でも会場へ足を運んでくれるファンにいい試合を見せると誓った。 ◆次ページは各選手のコメント [nextpage] ▼第11試合 REBELS-RED 55.5kg級王座決定トーナメント1回戦 3分3R+延長1R REDルール KING強介(team fightbull/元REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王者)55.55→55.50kg ※その場で再計量「明日は関西で一緒に練習したこともあるタネ選手ですが、関係なく1Rからコロナの影響も吹っ飛ばすくらいの試合をして、最後に僕が勝って次に進みたいと思います。テクニックの差を見せたいと言っていますが、それもぶっ潰すくらい前に出て打ち合いたいと思います」 タネヨシホ(直心会)55.50kg「僕がデビューする前からプロで活躍していたKING強介選手と試合ができるのが楽しみ。胸を借りるつもりはなく1Rから倒しに行く。明日はタネヨシホが打ち合い以外にもアウトボクシングも出来るぞと、テクニック部分も見せたいと思います」 ▼第10試合 REBELS-RED 55.5kg級王座決定トーナメント1回戦 3分3R+延長1R REDルール 森岡悠樹(北流会君津ジム)55.30kg「突然のオファーでしたが、相手が小笠原選手、そして目標の55.5kgの王座決定トーナメントだったのでオファーを受けました。明日は小笠原選手を倒して自分が勝ち上がっていけば面白いトーナメントになります。自分は(小笠原を)何試合も見ているので、リーチがあってテクニックがある選手で、ペースを合わせると何もできなくなるので、リーチを潰して一発当てて勝ちたいと思います」 小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)55.25kg「結果を出していない選手に発言権はないので、発言権をこのトーナメントで取り戻したいと思います。あまり森岡選手の事は知りませんが、僕と一緒で身長が高く、僕がいつも有利な身長やリーチは通用しないかも。どう戦うかは試合を見ながら決めます」 ▼第9試合 70kg級契約 3分3R+延長1R REDルール 喜多村誠(伊原道場新潟支部/元新日本キックミドル級王者)69.85kg「REBELSは初めてです。KNOCK OUTでみっともない試合をしてしまったので、明日は津崎選手をしっかり倒して、その後で王者の吉田選手も倒せるように頑張っていきます」 津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム)70.10kg→70.05→70.00kg※再計量のため会見は欠席 ▼第8試合 三浦翔引退試合 57.50kg契約 3分3R+延長なし REDルール 三浦 翔(クロスポイント大泉)57.30kg「引退試合になりますが今までで一番調子が良く仕上がっているので楽しみです。今出せる力を明日全部出します」 MAUA(ブラジル/HIDE GYM)57.15kg「明日は楽しい試合すると思います。絶対KOします」 ▼第7試合 REBELS-RED 53.5㎏級王座決定リーグ戦 3分3R+延長なし REDルール 安達浩平(team AKATSUKI/J-NETWORK バンタム級王者)53.50kg「明日は最高の試合をしてKOで勝ちます。1年通してのリーグ戦ですが目の前の試合に集中してベルトを獲りたいと思います」 前田伊織(北流会君津ジム)53.35kg「今回初の出場ということで、ありがとうございます。いい試合します」 ▼第6試合 REBELS-RED 53.5㎏級王座決定リーグ戦 3分3R+延長なし REDルール 工藤“red”玲央(TEPPEN GYM)53.35kg「明日は今コロナで世間が騒いでいますが、試合を開催していただけることに感謝しています。過去一コンディションがよくて減量も完璧で来たので、リーグ戦とか関係なく絶対KOで勝つので、会場のお客さんがコロナを忘れるくらいの勢いで盛り上げて、必ず自分が一番いい試合をします」 響波(Y's glow)53.15kg「リーグ戦の1試合目、しっかり勝って盛り上げたいと思います」 ▼第5試合 61kg契約 3分3R+延長なし BLACKルール 小磯哲史(テッサイジム)60.80kg「今が全盛期46歳の小磯です。半年ぶりに呼んでもらいました。去年はREBELSで連敗してしまいましたが、10月に他団体でベルトを獲って強くなって戻ってきたのでREBELSでまだ伸びている、成長しているところを証明したいと思います」 オノリュウ(クロスポイント吉祥寺/チームオノリュウ)60.85kg「REBELSには初めて呼んでいただきました。会場を沸かせられるようなしっかり魂を見せてアツい試合をしたい」 ▼第4試合 67kg契約 3分3R+延長なし REDルール CAZ JANJIRA(JANJIRA GYM)66.95kg「逆転のCAZです。今回67kgはUMA選手が欠場になってしまい、自分は前回システマと言っておきながら唯一の1RKO負けだったので今回は1RKOを狙っていきます」 助川秀之(Turning Point)66.95kg「今回も呼んでいただきありがとうございます。前回つまらない試合をしてしまったんですが今回はいい試合をして67kg戦線で名前を上げたい」 ▼第3試合 59kg契約 3分3R+延長なし REDルール NIIZUMAX!(クロスポイント吉祥寺)58.90kg「39歳です。力也君はいくつ? 17歳vs39歳でアツい試合をするように頑張ります」 力也(WSRフェアテックス湖北)58.35kg「今回初めて呼んでもらいましたが、また呼んでもらえるようにしっかり勝ちたいと思います」 ▼第2試合 K.O TRYOUT 57.5kg契約 3分3R+延長なし REDルール新田宗一朗(クロスポイント吉祥寺)57.20kg「自分もトライアウトで参戦させていただきます。何回か試合をしてあまりいい試合ができていなかったので今年は飛躍の年にしようとしているので精いっぱい頑張ります」 来(888GYM)57.40kg「KOトライアウトで良太郎さんに選んでもらって出場することになりました。面白い試合をするのでぜひ注目しておいてください」 ▼第1試合 K.O TRYOUT 61kg契約 3分3R+延長なし BLACKルール井樋大介(クロスポイント吉祥寺)60.75kg「明日は1試合目からかなり調子がいいので、戦績は少ないですが必ず激しい試合をしてお客さんに知ってもらえる勝ち方をするので注目してください」 金田拓也(ワイルドシーサー前橋)60.70kg「第1試合から激しい試合をして相手も素晴らしい選手だと思うので熱い試合をして盛り上げていきたい」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント