GLORIOUSGLORIOUS
MMA
ニュース

【Bellator】2冠王者ライアン・ベイダーが元RIZINのワジム・ネムコフを相手にライトヘビー級王座防衛戦

2020/01/28 11:01
Bellatorは2020年5月9日に米国カリフォルニア州サンノゼのSAPセンターで開催される「Bellator San Jose: Bader vs. Nemkov」にて、ライアン・ベイダー(米国)vs.ワジム・ネムコフ(ロシア)のライトヘビー級タイトルマッチを行うことを発表した。 ベイダーはBellator史上初の二階級同時王者(ヘビー級&ライトヘビー級)。2019年1月に265ポンド(120kg)のヘビー級戦でエメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)と対戦し、1R 35秒、左フックでKO勝ち後、2019年9月にシーク・コンゴ(フランス)を相手にヘビー級王座防衛戦に臨むも1Rにアイポークによるノーコンテストとなっていた。 UFC時代にはライトヘビー級戦線で、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン、ラシャド・エヴァンス、オヴィンス・サンプルー、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラらから勝利を上げているベイダーは、2017年6月に当時Bellaotrライトヘビー級王者だったフィル・デイヴィスに挑戦し、スプリット判定を制して王座奪取に成功。 ライトヘビー級での王座防衛戦は、2017年11月のリントン・ヴァッセル戦以来。テイクダウンからパウンドアウトしたベイダーが2R TKO勝ちし、初防衛に成功している。 王者にとって2年半ぶりのライトヘビー級王座防衛戦の相手は、ロシアのワジム・ネムコフ。ロシアのローカル大会で経験を積んだネムコフは、2015年年末のRIZINヘビー級世界トーナメントに出場し、29日にゴラン・レジッチを1R KOに下すも、2日後の大晦日のイリー・プロハースカ戦で1R TKO負け。2016年4月にはカール・アルブレッソンにも判定2-1で敗れ連敗。 その後、地元EFNで復活を果たすと、RIZIN無差別級トーナメント・リザーブマッチでもアリソン・ヴィセンテに1R KO勝利。2017年8月には、Bellatorデビュー戦でフィリッピ・リンズを1R KOに下した。 2018年2月のBellator2戦目で元世界ライトヘビー級王者リアム・マギリーを3R・TKOで撃破。2018年11月には、前Bellator MMA世界ライトヘビー級王者フィル・デイヴィスも判定2-1で下し、王座射程圏内に。2019年10月の「Bellator 230」でハファエル・カルヴァーリョを2Rリアネイキドチョークで極めて6連勝(Bellator4連勝)を飾り、王座挑戦を決めた。 2014年世界サンボ選手権100kg級優勝。ロシア国内のサンボ選手権でも13年から3連覇しているネムコフは、ヒョードルの秘蔵っ子でもある。ベイダーを相手にボスの敵を討つことが出来るか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事